ソーシャルメディアの歩き方

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「もっと自由な経済紙」目指す ニューズピックスの誤算と勝算
ブロガー 藤代裕之

(1/3ページ)
2014/12/26 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ニュースキュレーションの多くはコンテンツを自前で作らない中、経済に特化した「ニューズピックス」(運営会社ユーザベース)は独自コンテンツを作る編集部を持ち、記事の有料化を目指す。だが、これまでの取り組みには誤算があった。「東洋経済オンラインの成功体験を引きずっていた」。東洋経済新報社から移籍したニューズピックスの佐々木紀彦編集長はこう反省する。コンテンツを量産してページビュー(PV)を稼ぐネットニュースのやり方が通用しなかったのだ。独自路線に挑むニューズピックスに勝算はあるのか。

■有料メディアには引き算が必要

ニューズピックスの佐々木紀彦編集長
画像の拡大

ニューズピックスの佐々木紀彦編集長

 2014年はニュースキュレーションが大きな注目を集めた。グノシー、スマートニュース、アンテナなどが激しく競い合い、アプリのダウンロード数が500万を超えるサービスも出ている。その中で、ニューズピックスは30万にとどまる。それは、ニューズピックスが独自の路線を歩むからだ。

 提携メディアからの記事をPick(選択)してコメントを書き込むピッカーとよばれるユーザーがコミュニティーを作り出し、独自コンテンツも充実させて月額1500円の有料化を進めている。

 佐々木編集長は、7月に東洋経済オンラインから移籍し、運営会社であるユーザベースの執行役員も務める。「最初の1、2ヵ月はぐちゃぐちゃで覚えていない。編集は自分だけで、企画、採用、ビジネスモデルなど土台作りで時間をとられた。メディアを更地から作るのは大変で、東洋経済オンラインの時はいかに恵まれていたか実感した」と語る。

 現在チームは20人。技術者が10人、編集とビジネスが10人。佐々木編集長はチーム作りを進める一方で、独自記事による連載や講談社や毎日新聞などと連携した記事を掲載するなどコンテンツの拡大を続けて来た。だが、無料メディアだった東洋経済のやり方は通用しなかった。

 「連載を増やしたら、多すぎて読みきれないという声が出た。無料メディアはたくさんのコンテンツを作ってPVをとるのが勝ちだったが、有料メディアは違った。ウェブ空間が無限にあるからといって、量を増やすという世界観は捨てなければいけなかった」。有料メディアには引き算が必要だった。

 ビジネスパーソンが多いユーザーがニューズピックスに求めているのは、効率的にニュースを読むことで、コンテンツに求めるものは量より質だった。佐々木編集長は目指すべきスタイルをエストネーションやビームスといったアパレル分野のセレクトショップになぞらえる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

ソーシャルメディアの歩き方 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キュレーションサイトの不正問題について記者会見で謝罪する(右から)ディー・エヌ・エーの南場智子会長、守安功社長(7日午後、東京都渋谷区)

プラットフォームを「隠れみの」 DeNA大炎上の本質

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する医療キュレーション(まとめ)サイト「WELQ」に端を発した騒動は、他社が運営するサイトにも波及し、次々と記事削除が行われる底なしの様相を見せている。7日にはD…続き (2016/12/8)

JALが展示したタラップ車

ニコニコ超会議15万人 参加企業に「リアル」の洗礼

 歌やダンス、大相撲、飛行機のタラップ、車のメリーゴーラウンド――。ニコニコ動画を運営するドワンゴは4月25日から2日間、「ニコニコ超会議2015」を幕張メッセ(千葉市)で開催した。押し寄せた来場者は…続き (2015/5/15)

トヨタが運営する「GAZOO(ガズー)」

宣伝か有益な情報か 評価「紙一重」の企業メディア

 IT(情報技術)業界では、せきを切ったように同種の製品やサービスが次々と登場することがある。そんな「バブル」状態となっている最近の注目トピックが「オウンドメディア」だ。企業が独自のメディアを作り、記…続き (2015/5/1)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト