Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

Apple Watchの強敵か ウエアラブル、MSの逆襲
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/1/19 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Microsoft(マイクロソフト)は2014年10月30日、自社開発のリストバンド「Microsoft Band」を発売し、ウエアラブル市場に本格参入した。Microsoft Bandは高機能センサーを多数搭載した健康管理用リストバンドで、心拍数、睡眠品質、歩行数など身体データを計測する。収集したデータは、健康管理用クラウドサービス「Microsoft Health」で管理・解析する。また生産性向上ツールとして、メール、カレンダー、タイマー、Microsoft版Siri(シリ)とも言えるパーソナルアシスタント「Cortana」などが搭載されている。ビッグデータ解析の手法で、健康管理に関する知見を得ることを目指す。

 これまで複数のウエアラブル端末を評価してきた筆者がMicrosoft Bandを使った感想を率直に言うと、完成度はかなり高く、現時点では業界トップの実力を誇る。

 スマートフォン(スマホ)事業などで苦戦模様のMicrosoftが、ウエアラブルでこれほどの製品を投入したのは、正直、驚きである。

■GPSや心拍センサー搭載で200ドル切る

 筆者は、搭載する高機能センサーとシンプルなデザインに引かれ、Microsoft Bandを購入した。オンラインストアでは売り切れ状態だったので、米スタンフォード大学近くのMicrosoft Storeで購入した。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 Microsoft StoreのショーウィンドウにはMicrosoft Bandのパネルが掲げられ、店内では特設コーナーに製品が展示されていた(上の写真)。店舗スタッフから説明を聞き、Microsoft Bandを腕にはめると、良好な着装感が得られた。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 ディスプレーは横長で、必要最小限の情報のみが表示される(右の写真、ホーム画面を表示)。端末には、GPS(全地球測位システム)や心拍測定センサーなどが搭載されるが、価格は199ドルに抑えられている。この買い得感が決め手となった。サイズは腕の厚みに応じて、「Small」「Medium」「Large」の三種類がある。

■タイル上に情報表示

 Microsoft Bandは、スマホと連携して利用する。スマホに専用アプリ「Microsoft Health」をダウンロードし、Microsoft Bandと近距離無線通信規格のBluetooth(ブルートゥース)でペアリングする。

 Microsoft Bandで収集したデータをスマホに送信し、アプリで閲覧する。サポート対象のスマホは、Windows Phoneの他に、米Apple(アップル)のiPhoneとAndroid(アンドロイド)搭載スマホである。

 Microsoft Bandのディスプレーは横長の形状で、ここに様々な情報がカード状に表示される。これを「タイル(Tile)」と呼び、左右にスワイプして操作する。ホーム画面(Me Tileと呼ぶ)では、時計が表示される。これを左にスワイプすると、タイルが表示される。タイルはそれぞれが、アプリに対応している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

マイクロソフトアップルウエアラブルiPhoneGoogleBluetooth

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

楽天がパ・リーグ首位を快走している(写真は銀次選手、Koboパーク宮城)=共同

共同

楽天が本格導入、プロ選手は「VR」に何を求めたか

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、…続き (5/26)

精度9割超 無造作に置かれた商品、ロボで認識 [有料会員限定]

 撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、人間の知性を備えたカメラ技術の開発が活発化している。けん引するのは、市場成長が著しい自動車やドローン、そして監視カメラや産業用ロボットといった非民生分野…続き (5/25)

人の知性超えるカメラ 車載や監視、FAがけん引 [有料会員限定]

 イメージセンサーや画像処理技術、画像認識技術といったカメラ技術は、これまで人間の眼(視覚)を超えることを目標に進化してきた。今後は、撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、知性を備えたカメラ技…続き (5/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト