Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

Apple Watchの強敵か ウエアラブル、MSの逆襲
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2015/1/19 7:00
保存
印刷
その他

ITpro

 米Microsoft(マイクロソフト)は2014年10月30日、自社開発のリストバンド「Microsoft Band」を発売し、ウエアラブル市場に本格参入した。Microsoft Bandは高機能センサーを多数搭載した健康管理用リストバンドで、心拍数、睡眠品質、歩行数など身体データを計測する。収集したデータは、健康管理用クラウドサービス「Microsoft Health」で管理・解析する。また生産性向上ツールとして、メール、カレンダー、タイマー、Microsoft版Siri(シリ)とも言えるパーソナルアシスタント「Cortana」などが搭載されている。ビッグデータ解析の手法で、健康管理に関する知見を得ることを目指す。

 これまで複数のウエアラブル端末を評価してきた筆者がMicrosoft Bandを使った感想を率直に言うと、完成度はかなり高く、現時点では業界トップの実力を誇る。

 スマートフォン(スマホ)事業などで苦戦模様のMicrosoftが、ウエアラブルでこれほどの製品を投入したのは、正直、驚きである。

■GPSや心拍センサー搭載で200ドル切る

 筆者は、搭載する高機能センサーとシンプルなデザインに引かれ、Microsoft Bandを購入した。オンラインストアでは売り切れ状態だったので、米スタンフォード大学近くのMicrosoft Storeで購入した。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 Microsoft StoreのショーウィンドウにはMicrosoft Bandのパネルが掲げられ、店内では特設コーナーに製品が展示されていた(上の写真)。店舗スタッフから説明を聞き、Microsoft Bandを腕にはめると、良好な着装感が得られた。

出典: VentureClef
画像の拡大

出典: VentureClef

 ディスプレーは横長で、必要最小限の情報のみが表示される(右の写真、ホーム画面を表示)。端末には、GPS(全地球測位システム)や心拍測定センサーなどが搭載されるが、価格は199ドルに抑えられている。この買い得感が決め手となった。サイズは腕の厚みに応じて、「Small」「Medium」「Large」の三種類がある。

■タイル上に情報表示

 Microsoft Bandは、スマホと連携して利用する。スマホに専用アプリ「Microsoft Health」をダウンロードし、Microsoft Bandと近距離無線通信規格のBluetooth(ブルートゥース)でペアリングする。

 Microsoft Bandで収集したデータをスマホに送信し、アプリで閲覧する。サポート対象のスマホは、Windows Phoneの他に、米Apple(アップル)のiPhoneとAndroid(アンドロイド)搭載スマホである。

 Microsoft Bandのディスプレーは横長の形状で、ここに様々な情報がカード状に表示される。これを「タイル(Tile)」と呼び、左右にスワイプして操作する。ホーム画面(Me Tileと呼ぶ)では、時計が表示される。これを左にスワイプすると、タイルが表示される。タイルはそれぞれが、アプリに対応している。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

マイクロソフトアップルウエアラブルiPhoneGoogleBluetooth

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コートに設置されたタブレットに表示される映像とデータ。映像は、レッスンで自分が打った直後に見られるよう遅延時間を設定できる(写真:ソニー)

ソニー、テニスセンサー「大量導入」に描く成功シナリオ

まったく新しいチャレンジ――。今から2年半以上も前、個人向けのスポーツセンサー事業に参入したソニー。かつて経験のない地道な普及活動を経て、この春、大きなステップを踏み出す。…続き (2/22)

クルマの頭脳にiPhoneで鍛えた技術 デンソーが検討 [有料会員限定]

 クルマを制御するECU(電子制御ユニット)の性能を左右するプロセッサーIC(集積回路)。そのパッケージ技術が大きく変わる兆しが出てきた。自動車業界で、米Apple(アップル)が2016年9月に発売し…続き (2/21)

南棟の減築工事の現場。7階の床スラブを撤去している様子。2016年6月に撮影した(写真:青森県)

「40年延命」目標 青森県庁舎、上層階減築で費用抑制 [有料会員限定]

 青森県が築55年の庁舎の一部を減築する工事を進めている。建物を“減量”して、耐震改修費を抑える手法を活用した。さらに40年の継続利用を見据えた改修を目指す。外断熱による省エネや全面ガラス張りによる清…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月22日付

2017年2月22日付

・米ザイリンクス 5G向け省エネ半導体 アナログ回路内蔵
・保険現地調査、眼鏡型端末で SOMPO
・DIC 屈折率低い光ファイバー向け樹脂材料
・長津製作所 フィリピンで樹脂部品工場
・糖尿病患者にネット面談 ベネフィット・ワン…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト