日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

決済を握るのはだれか 米ネット金融革命前夜
アップルかウォルマートかVBか

(1/3ページ)
2014/12/11付
共有
保存
印刷
その他

 5億人のカード情報を抱える米アップルが決済サービスに参入した。「iPhone(アイフォーン)」は財布の機能まで持ち始めた。だが、それはこれから起こる技術革新の序章にすぎない。手数料や敷居の高さ、処理の遅さへの不満から、規制業種の金融産業を変えようとするベンチャーがシリコンバレーを中心に次々と現れ「革命前夜」の様相を呈してきた。

■「アップルペイお断り」 ウォルマートが対抗策

画像の拡大

 「アップルペイお断り」――。アップルが決済サービス「アップルペイ」を開始してから2カ月弱。北米では早くもこれと火花を散らすライバルが登場した。世界最大の小売りチェーン、ウォルマート・ストアーズだ。

 同社が他の小売連合と組んで始めようとする「カレントC」は実証実験が最終段階だ。アップルは指紋と近距離通信による認証で、スマホをカード以上に安全な決済手段と位置づけ、金融機関から0.15%程度の手数料を取ることに成功した。だが、カレントCは、クレジット会社自体を外そうという試みだ。スマホの画面に表示したQRコードで本人確認し、支払いをする。支払額は客の登録口座からそのまま引き落とされる仕組みだ。

 だが米銀大手ウェルズ・ファーゴ幹部はこうした動きにも冷静だ。「アップルペイはあくまで一つの選択肢。安全性の高いカードを作るための投資は続ける」。その裏には、米国でカードを使う習慣が強く根付いており、そう簡単に変わらないとの読みがある。実際、アップルペイの利用状況も順調とは言えない。

画像の拡大

 「多いときでもアップルペイを使うのは1割以下かな」(米薬局最大手ウォルグリーンのレジの店員)。調査会社インフォスカウトによれば、アップルペイを使える端末所有者のうち利用経験があるのは1割未満。年末商戦ピーク時の使用比率は5%弱にすぎない。

 初動のつまずきで、“カード派”ベンチャーが息を吹き返している。複数のクレジットカードの機能を一枚で代替できるカードを開発するコインだ。米ベンチャーファンド、トランスリンクキャピタルの支援を受け、端末の量産体制に入った。

 創業者のカニシク・パラシャー氏は「支払時に1回限りの暗号を導入するなど端末の安全性はさらに高められる。将来的には金融機関への技術供与も視野に入れている」と語る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NECの顔認証技術を使った出国審査システム

NEC、世界屈指の顔認証技術でAI人材1000人確保へ [有料会員限定]

 NECが人工知能(AI)関連の人材確保に力を入れている。AIビジネスが急速に広がり、世界的な人材獲得競争が繰り広げられる中、同社はグループのAI人材を2020年までに7割増の1000人規模にする。数…続き (8/13)

16日に発売されるiPhone7プラス(左)とiPhone7(右)

電子部品価格が上昇基調、iPhone特需で笑うサムスン [有料会員限定]

 7~9月の主な電子部品・材料の取引価格は、米アップルの新型「iPhone」関連の需要で上昇基調が続きそうだ。新たに搭載が見込まれる有機ELパネルや、不足が続く半導体メモリーの高値が見込まれる。iPh…続き (8/12)

システムの共同開発を発表した(左から)JAXA航空技術部門の町田茂氏、ボーイング・リサーチ&テクノロジーのチャーリー・スヴォボーダ氏、ボーイング社の実証プログラムのリーダーを務めるダグラス・クリステンセン氏(2日午後、東京都千代田区)

国内随一、JAXA航空部門 乱気流を検知し事故防ぐ [有料会員限定]

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)といえば宇宙開発の印象が強いが、航空機研究の国内随一の拠点でもある。母体のひとつ、航空技術研究所(NAL)のDNAを引き継ぎ、未来の航空機を見据えた研究を続けてきた。…続き (8/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • IDC、世界のAR/VR関連市場の予測を発表―2021年まで年率100%以上で成長
  • ソフトバンクが10億ドル超を投じる「製薬ヴェンチャー」の正体
  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト