メジャーリポート

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日米球界、テレビ放映権料の明暗が招いた年俸格差
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2014/12/1 7:00
共有
保存
印刷
その他

 1971年の秋のこと。10月17日、米大リーグのオリオールズはワールドシリーズ第7戦でパイレーツに敗れたが、その6日後には日本での日米野球の第1戦に臨んだ。決まっていたこととはいえ、オリオールズの選手らにとっては慌ただしい日程となった。しかも、予定されていた試合数は18試合。日本全国を転戦し、滞在期間は1カ月近くに及んだ。

魅力的なボーナス、長旅をも歓迎

 今では、これほど長期な日程は実現困難だが、オリオールズの選手らはむしろ喜んでいたという。その年、20勝を挙げたジム・パーマーがこんな話をしていたそうだ。

 「日本にただで行けて、しかも、1万ドルももらえたんだぜ!」

 夫人同伴の場合、報酬は半額だったとのことだが、当時の彼の年俸は7万ドル。1万ドルはなかなかのボーナスだった。オフになると、選手らがアルバイトをして生活費を稼ぐことも珍しくなかった時代。選手らは長旅をも歓迎した。

 7年後、ジョニー・ベンチがレッズの一員として日米野球に参加した。その時点ですでに11年連続でオールスターに選ばれ、最優秀選手(MVP)に2度選ばれるなど、メジャー屈指のスーパースターだった。その彼にしても「日米野球に出場すると、こんなにお金がもらえるのかと思った」という。

 「ホームランを打つと、さらに賞金がもらえるんだ。もっと打ってやろうと思った(笑)」

 17試合で9本塁打を放ったベンチの年俸は40万ドル。同年、日本で最高だった巨人の王貞治(現ソフトバンク球団会長)の年俸は7680万円。年末の為替レート(1ドル=194円近辺)で換算すると約39万6000ドルで、その年俸はベンチとほぼ変わらなかった。

 こうして当時を振り返ると、日米野球の報酬に大リーグのスター選手らでさえ喜々とし、日本のプロ野球ビジネスは決してメジャーに劣っておらず、年俸でも遜色ないケースさえあったようだ。

選手の最高年俸に5倍以上の開き

 その後も、今ほど極端な差はついていなかった。

 99年、日本の最高年俸は推定でイチロー(オリックス)と佐々木主浩(横浜)の5億円だった。同じ年、メジャーの最高年俸はアルバート・ベルの1195万ドル。99年末の為替レートが1ドル=102円台前半だったので12億2000万円程度。その差は2.4倍ほどだ。

 ところが、今年の年俸で比べると、日本選手の推定最高額が阿部慎之助(巨人)の6億円なのに対し、メジャーでは、ザック・グリンキー(ドジャース)の2800万ドル(約33億円)。差は5倍以上に開いている。年俸が20億円、30億円というレベルは日本のプロ野球では想像しがたいが、メジャーの場合、20億円を超える選手は今年、29人を数えた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

大リーグコラム

メジャーリポート 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

巨漢ジャッジ(右)の活躍がチームの快走を支える=APAP

 米大リーグ、ヤンキースから新たなスター候補が登場し、ニューヨークを沸かせている。身長約2メートル、体重約104キロの大型外野手、アーロン・ジャッジが今季すでにメジャートップの13本塁打と大爆発。選手 …続き (5/8)

田中は19日のホワイトソックス戦で7回を1失点に抑えて2勝目を挙げた=APAP

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大が徐々に調子を上げている。今季開幕戦は三回途中で7失点とまさかの大乱調だったものの、以降は先発機会ごとに内容がよくなってきた。19日のホワイトソックス戦では7回を1失 …続き (4/24)

メジャー4年目を迎えた田中がチームを引っ張らなければならない=APAP

 米国にも球春到来――。米大リーグの2017年シーズンが全米各地で始まっている。今年はどこのチームが“世界一”に向かって突っ走るのか。今回は日本人選手が所属するチームを中心に、今季の見どころと行方を占 …続き (4/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]