日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

“ヒトは空を飛べる” 東大・ソニー・電通が挑む夢

(1/2ページ)
2014/11/14付
共有
保存
印刷
その他

 「人間の能力をどこまで拡張できるのか。ドローンを使えば、人類の夢だった空だって飛べる」。2020年の東京五輪・パラリンピックとその後を見据え、東京大学・本郷キャンパスから新しい挑戦が始まった。けん引役は人間とコンピューターのインターフェース研究の第一人者、暦本純一東大教授。ドローンとの一体化による「仮想飛行」の実現を目指し、ソニー、電通とタッグを組む。

 「えっ。このボールは地面に落ちないぞ」。本郷キャンパス付近の実験室。暦本氏が率いる研究チームが開発した「ホバーボール」は重力とは無関係のようだ。暦本氏がホバーボールを受け手とは違う方向に投げても、ボール自らが曲がって受け手に収まる。

暦本教授らが開発したホバーボール
画像の拡大

暦本教授らが開発したホバーボール

■4枚の羽で自由自在

 その仕掛けはボールの中心部に搭載した4枚の羽を持つクアッドコプターで、実はドローンだ。例えば、ボールを投げる人が視線を送った相手に届けるという命令と、相手の位置を捕捉するシステムを組み込んでおけば、受け手が移動しても、ボールは地面に落ちずに受け手を追う仕組み。

 ボールを空中で静止させたり、空中で動くスピードをコントロールできたりする。暦本氏は「体力や運動能力の格差や障壁を取り除いて、幼い子供や高齢者、身体に障害を持つ人も楽しめるスポーツのインフラを作り出したい」と力を込める。

 スポーツをテーマとするだけに開発拠点は、東京五輪の旗振り役を務める電通傘下の電通国際情報サービス・オープンイノベーション研究所が8月に立ち上げた「スポーツ&ライフテクノロジーラボ実験スタジオ」。暦本氏はシニアリサーチフェローを務める。

 ホバーボールの中核となるクアッドコプターは暦本氏が副所長を務めるソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)が開発を担い、ボールや受け手の位置を認識する仕組みは東大の研究室が担当する。いわば、東大、ソニー、電通の合作だ。

 暦本氏の視線はさらに先。ドローンを活用して、人間が仮想的に空中を飛行する構想だ。最近、米国での展示会や会議で「テレプレゼンス・ロボット」を目にする機会が多い。視線の高さに大きなディスプレーとカメラがあり、車輪を備えて自ら移動可能なビデオ会議システムだ。

■ロボットが自分で判断

 ディスプレーには本人が登場して相手に話しかけ、カメラを通じて相手の表情や会話を受け取り会話する。展示会や会議に参加できない人がテレプレゼンス・ロボットを遠隔操作して出席する。その技術を応用することでドローンとの一体化を目指す。ロボットとの一体化はどう実現するのか。あるロボットと視野を共有し、自らの体のように遠隔操作することを「ジャックイン」というが、実は簡単ではない。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

暦本純一ホバーボールソニー電通ロボット

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大成プラスの技術はスマホの背面パネルに樹脂材を接合して電波の通り道を作るデザインに活用されている

素材にも破壊的イノベーション 金属より強い複合樹脂 [有料会員限定]

 新技術の登場が従来の産業構造を一変させる破壊的イノベーションが素材の世界でも起きつつある。金属や樹脂、繊維など様々な素材の潜在力を引き出し、組み合わせることで、常識破りの機能を獲得した新素材が次々と…続き (7/22)

5GではVR端末をつけてバスに乗り、月面旅行のような体験ができる

アイドルへ自在に接近 5Gが開く映像配信の新世界 [有料会員限定]

 2020年をメドに実用化される次世代通信規格「第5世代(5G)」の商用サービスをにらみ、通信大手やテレビ局などがコンテンツ開発に動き始めた。超高速・大容量通信が可能な5Gでは配信できる映像コンテンツ…続き (7/16)

ウエアラブル端末を首からぶら下げる

「幸福感」高まる働き方、AIが助言 日立 [有料会員限定]

 日立製作所は人工知能(AI)「H」と、名札型のウエアラブル端末を活用し、社員の仕事の労働生産性が高まる技術を開発した。グループの法人営業部門の約600人で実験したところ、AIによる分析に基づいて働き…続き (7/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト