BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

風営法改正案 クラブは店内の明るさで3つに分類

2014/11/1付
共有
保存
印刷
その他

日経アーキテクチュア

 政府は2014年10月24日、ダンス営業の規制を緩和する風俗営業法の改正案を閣議決定した。低照度で大音量の音楽を演奏し、客に飲食をさせる、いわゆる「クラブ」について、ダンスの有無ではなく、店内の明るさや営業時間に応じて規制する形に改める。ダンス教室は風営法の適用対象外にする。法案は臨時国会に提出。成立すれば、公布から1年以内に施行する。

 現行法では客に飲食を提供し、ダンスをさせる営業は風俗営業として規制されており、営業時間を原則午前0時までに制限している。政府の規制改革会議は2014年6月、「2020年東京五輪が決定しているなか、ダンス文化を活用した魅力ある街づくりを進め、海外観光客を呼び込む」などとして、ダンスに関する風営法の規制見直しを提言。これを受け、警察庁が設置した「風俗行政研究会」(座長:前田雅英・首都大学東京教授)が規制緩和に向けて議論を進め、9月に報告書をまとめていた。

■照度10ルクスが基準に

 改正案では上映前後の映画館の明るさに相当する10ルクスの照度を基準とし、クラブを3つに類型化。店内の明るさが照度10ルクス超のクラブは通常の飲食店として扱い、原則として24時間営業を認める。このうち、午前0~6時に酒類を提供する店は新設する「特定遊興飲食店営業」として許可制とし、営業時間や地域を条例で制限できるようにする。

ダンス規制の見直しのイメージ。クラブ(3号営業)を照度や営業時間に応じて3つに分類する。ダンス教室(4 号営業)は風営法の対象外にする(資料:警察庁の資料をもとに日経アーキテクチュアが作成)
画像の拡大

ダンス規制の見直しのイメージ。クラブ(3号営業)を照度や営業時間に応じて3つに分類する。ダンス教室(4 号営業)は風営法の対象外にする(資料:警察庁の資料をもとに日経アーキテクチュアが作成)

 一方、10ルクス以下のクラブは、風俗営業の「低照度飲食店」として規制する。営業時間は原則として午前0時までだが、条例で延長できるようにする。

 警察庁は法改正に併せて、構造・設備の基準などを定める風営法施行規則を改正する考えだ。照度の測定方法は今後詳細を詰めるが、照明による演出などを考慮し、ダンススペースを除く案を検討する。床面積基準については現行の3号営業では66平方メートル以上としているが、無許可営業の横行を抑止する観点を踏まえ、半分程度に見直す方針だ。

 改正案では飲食を伴わないダンス営業であるダンス教室などを風営法の規制対象から外すことも打ち出した。これに伴い、建築基準法の用途地域制限も改正する。

(日経アーキテクチュア 佐々木大輔)

[ケンプラッツ 2014年10月30日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

風営法クラブダンス営業

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネバダ州のネリス空軍基地に米サンパワーが建設したメガソーラー(出所: SunPower)

米空軍で最大28MWメガソーラー 基地内で全量消費 [有料会員限定]

 太陽光パネル大手の米サンパワー(SunPower)は2017年5月23日、カリフォルニア州ロンポックの西側にあるバンデンバーグ空軍基地で28MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設を開始したと…続き (5/27)

改正民法、瑕疵担保責任などシステム開発契約に影響大 [有料会員限定]

 物品の売買や契約のルールなど「債権」に関する民法の改正案が2017年5月26日、参議院本会議で可決・成立した。公布から3年以内に施行される。
 民法の改正はIT(情報技術)に関する契約に様々な影響をも…続き (5/27)

土木研究所の専門家チームによる現地調査の様子。5月24日に撮影(写真:大分県)

原因は地中の地滑り、大分の地割れで土木研が調査 [有料会員限定]

 大分県豊後大野市朝地町の綿田地区で多数の地割れが発生している問題で、現地を調査した土木研究所の専門家チームは、地中の深い所で起きたゆっくりとした地滑りの影響で、地表に地割れが現れたとの見解を示した。…続き (5/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト