Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグル第二の研究機関「Y」 スマートシティーに照準
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2014/11/12 7:00
共有
保存
印刷
その他

 米Google(グーグル)は高度技術研究所「Google X」に続き、第二の研究機関「Google Y」の設立を計画している。Google Yは、効率的な空港やモデル都市の開発を手掛ける。

 一方、投資部門であるGoogle Venturesは「Urban Engines」という会社に投資し、データ解析によって交通渋滞を緩和する技術を開発している。Googleは、社会インフラ整備事業に乗り出そうとしているのだ。

■長期の大規模プロジェクトを対象

 Google CEO(最高経営責任者)のラリー・ペイジ(Larry Page)氏は約1年前、「Google 2.0」というプロジェクトをスタートした。このプロジェクトは、社会が直面している大きな課題を解決することを目指す。同時に、Googleの次の事業モデルを模索する、という意味もある。

 最初のテーマとして、空港や都市の整備が挙げられた。これらのテーマを推進するために創設が提案されたのが、Google Yだ。

(出典: 米VentureClef)
画像の拡大

(出典: 米VentureClef)

 上の写真は、2013年の同社の開発者会議「Google I/O」の基調講演で、ペイジ氏がGoogleの新たな挑戦について説明しているところだ。具体的なプロジェクトは示されなかったが、Google 2.0の構想を抱いていたと思われる。

 高度技術研究所のGoogle Xは共同創業者のセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏の指揮の下、自動運転車やメガネ型端末「Google Glass」などの将来技術を研究している。これに対してGoogle Yは、より長期レンジの大規模プロジェクトを対象としている点に特徴がある。採算性は、必ずしも重視していない。

 Googleはエネルギー分野では、風力発電や太陽熱発電など、既に大規模プロジェクトを展開している。シリコンバレーを含む北カリフォルニア地域は、Googleが開発した太陽熱発電所(Ivanpah Solar Power Facility)から電力を購入している。今度はGoogle Yで、スマートシティの研究開発に取り組むことになる。

■都市交通解析システムへ投資

 これに先行してGoogle Venturesは、Urban Enginesという米国のベンチャー企業に投資した。Urban Enginesはカリフォルニア州ロスアルトスに拠点を置き、都市交通解析システムを開発している。センサーやカメラなどのハードウエアを使わないで、データ解析の手法によって、電車やバスの運行状況をモニターするのが、同社の解析システムの特徴だ。

さらに、インセンティブプログラムを導入して人間心理に訴えて混雑を緩和する手法を開発。システムが生成するログデータを解析することで、都市交通を解析する。

■データ解析で運行状況をモニター

(出典: Urban Engines)
画像の拡大

(出典: Urban Engines)

 上図はその事例で、鉄道会社が電車運行状況をモニターしている様子である。ブラウザー上には、電車の位置や混雑状況が表示される。電車の位置は路線上の箱で、混雑度は箱が塗りつぶされた割合で示される。駅は丸印で、その隣のバーは、駅の混雑状況を示している。

 駅に収容人数を超える乗客がいる際は、警告メッセージを出す。画面左上で日時を指定し、再生ボタンを押すと、動画で時間ごとの変化を見ることができる。

 管理者は、センサーなどのハードウエアを導入しなくても、電車の運行を監視できる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

GoogleGoogle Y研究開発スマートシティーUrban Engines

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

テスラが年内に発売する「モデル3」。小型SUV「モデルY」はこのモデル3以上の売れ行きになると期待している=AP

AP

「Model 3以上に売れるEV」 テスラ、小型SUV投入へ [有料会員限定]

 「2019年に小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」を発売する」。2017年6月上旬、米Tesla(テスラ)の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米シリ…続き (8/22)

図4 米設計事務所クラウズ・アーキテクチュア・オフィスが構想する「アナレンマ・タワー」の下端部分。小惑星から高強度ケーブルで建物を吊り下げる。地上との往来は大型無人機による輸送や、電磁式エレベーターなどを活用する(資料: CloudsArchitectureOffice)

Clouds Architecture Office

「小惑星から吊るタワー」構想も登場、宇宙建築に熱 [有料会員限定]

 内閣府は2017年5月、「宇宙産業ビジョン2030」を発表。国内宇宙産業の市場規模を2倍に拡大する方針を示した。「宇宙エレベーター」や「小惑星から吊るタワー」など、新時代に備えた建築の構想が熱を帯び…続き (8/18)

図7 ガラス張りのブースで行う検査工程。LED照明を天井から床まで設置したガラス張りのブースで、ボディーの外観品質をチェックする

にらみを利かせる8人の「匠」 トヨタ、レクサス新工場 [有料会員限定]

 トヨタ自動車は2017年1月、愛知県豊田市にある元町工場に高級車の専用生産ラインを稼働させた(図1)。クーペモデルの「レクサスLC500」とハイブリッド車「同h」を造る。共に1300万円を超える高額…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 小学校の“先生”がプログラミングを体験―必修化に向けて横浜市
  • 家庭向けIoTの集大成!? “スマートホーム”を携帯キャリア各社が手掛ける意味とは
  • VRとロボットアームが、遠隔手術を可能にするかもしれない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト