Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

強敵出現? 卓球ロボット、お手並み拝見

(1/3ページ)
2014/10/7 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ロボットが人と卓球ラリーをしたり、統率がとれたダンスを披露したりする――。オムロンや村田製作所がユニークなロボットを開発している。それを可能にしたのは、センサーによる計測技術とそれを使ってロボットを制御する技術だ。ロボットが我々の生活に溶け込む近未来の実現に向け、エレクトロニクス業界が一役買いそうだ。

 「こんにちは。ラリーを始めましょう」――。卓球台に近づくと、反対側で台をまたぐようにそびえる高さ2.7メートルのロボットが話しかけてきた。7日開幕する家電・IT(情報技術)の国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン」でオムロンが一般公開する「ラリー継続卓球ロボット」を会場で体験取材した。

■打ちやすいところに返球

 ラケットを構えてサーブを打ち込むと、3本のアームで操られたラケットが素早く動き、ボールを捉える。こちらが速い球を返すとさすがにボールを追い切れないこともあるが、ラケットに当たればだいたいコート内に返ってくる。しかも、こちらが打ちやすいようなコースに返してくる。こちらも自然とラリーを続けようという意識になり、相手が機械であることを一瞬忘れる。

 動作部には食品などを拾い上げる「パラレルリンクロボット」と呼ばれる一般的な産業ロボットを使っている。

 卓球ロボットの使命は「人とラリーを続けること」。相手の打ちやすい軌道を瞬時に判断し、返球する。「これからは人と機械が協調する技術が主流になる」と技術・知財本部技術開発センタの川上真司氏は話す。

 モニターの下に仕込まれたセンサーが相手の動きを捉える。卓球台のどこにいて、ラケットをどう構えているか。さらに、モニターの左右にある別のセンサーが球の軌道を毎秒約80コマの頻度で3次元で捉える。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

オムロンロボット村田製作所ユカイ工学

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1  工事終盤に差し掛かったブロックコモンズの様子。東側から見る。柱や床に木材を用いていることが分かる。2016年8月に撮影(写真:KKLaw、naturally:wood)

「高さ世界一」 日本の先行くカナダ18階高層木造

 カナダのバンクーバーに、木造を多用した高層ビルが完成した。混構造ではあるものの、柱や床といった主要構造材に木を用いた。単純な構造を採用して、横展開が容易なビルに仕上げている。

 主要構造に木材を多用し…続き (6/23)

選手は、背中の部分にGPSデバイスを入れるポケットが付いたブラジャー型装具を身に着ける(写真:Catapult)

GPSでケガ減らす デジタルブラジャー、サッカーで拡大

 サッカーのブンデスリーガ、ボルシア・ドルトムントの香川真司選手や、プレミアリーグ、レスター・シティFCの岡崎慎司選手らが、“ブラジャー”のようなものを身に着けて練習している風景を見たことがある読者も…続き (6/26)

映像に触って操作 ソニーが「投影型タブレット」 [有料会員限定]

 投影した映像に触って操作できる――。従来のプロジェクターとは一線を画す新製品をソニーが繰り出す。ソニーモバイルコミュニケーションズが2017年6月24日に発売する「Xperia Touch」である。…続き (6/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト