Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

強敵出現? 卓球ロボット、お手並み拝見

(1/3ページ)
2014/10/7 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ロボットが人と卓球ラリーをしたり、統率がとれたダンスを披露したりする――。オムロンや村田製作所がユニークなロボットを開発している。それを可能にしたのは、センサーによる計測技術とそれを使ってロボットを制御する技術だ。ロボットが我々の生活に溶け込む近未来の実現に向け、エレクトロニクス業界が一役買いそうだ。

 「こんにちは。ラリーを始めましょう」――。卓球台に近づくと、反対側で台をまたぐようにそびえる高さ2.7メートルのロボットが話しかけてきた。7日開幕する家電・IT(情報技術)の国際見本市「CEATEC(シーテック)ジャパン」でオムロンが一般公開する「ラリー継続卓球ロボット」を会場で体験取材した。

■打ちやすいところに返球

 ラケットを構えてサーブを打ち込むと、3本のアームで操られたラケットが素早く動き、ボールを捉える。こちらが速い球を返すとさすがにボールを追い切れないこともあるが、ラケットに当たればだいたいコート内に返ってくる。しかも、こちらが打ちやすいようなコースに返してくる。こちらも自然とラリーを続けようという意識になり、相手が機械であることを一瞬忘れる。

 動作部には食品などを拾い上げる「パラレルリンクロボット」と呼ばれる一般的な産業ロボットを使っている。

 卓球ロボットの使命は「人とラリーを続けること」。相手の打ちやすい軌道を瞬時に判断し、返球する。「これからは人と機械が協調する技術が主流になる」と技術・知財本部技術開発センタの川上真司氏は話す。

 モニターの下に仕込まれたセンサーが相手の動きを捉える。卓球台のどこにいて、ラケットをどう構えているか。さらに、モニターの左右にある別のセンサーが球の軌道を毎秒約80コマの頻度で3次元で捉える。

画像の拡大

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

オムロンロボット村田製作所ユカイ工学

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図3 サーボアンプの自動化ライン2号機。
似たような外観の製造モジュールが3台並んでいるのが分かる。基本構成は同じモジュールだが、制御プログラムを変えることでそれぞれ別の工程を担わせている。組み立ては自動化されており、作業者はワークや部材を投入するだけよい

自動化の実験場兼ショールーム、安川電機の工場戦略 [有料会員限定]

 安川電機の中核製品の1つであるサーボモーターとその制御機器であるサーボアンプ。生産設備などの駆動部に使われるそれら製品の生産のマザー工場として、生産性向上と変種変量生産を追求し続けているのが、同社入…続き (8/23)

テスラが年内に発売する「モデル3」。小型SUV「モデルY」はこのモデル3以上の売れ行きになると期待している=AP

AP

「Model 3以上に売れるEV」 テスラ、小型SUV投入へ [有料会員限定]

 「2019年に小型SUV(多目的スポーツ車)の電気自動車(EV)「Model Y」を発売する」。2017年6月上旬、米Tesla(テスラ)の最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は米シリ…続き (8/22)

図4 米設計事務所クラウズ・アーキテクチュア・オフィスが構想する「アナレンマ・タワー」の下端部分。小惑星から高強度ケーブルで建物を吊り下げる。地上との往来は大型無人機による輸送や、電磁式エレベーターなどを活用する(資料: CloudsArchitectureOffice)

Clouds Architecture Office

「小惑星から吊るタワー」構想も登場、宇宙建築に熱 [有料会員限定]

 内閣府は2017年5月、「宇宙産業ビジョン2030」を発表。国内宇宙産業の市場規模を2倍に拡大する方針を示した。「宇宙エレベーター」や「小惑星から吊るタワー」など、新時代に備えた建築の構想が熱を帯び…続き (8/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 「Microsoft Edge」でもっと快適にブラウジングするための10のヒント
  • 自動車セキュリティ専業ベンダー、IT知見もふまえ「現実解」を提供
  • 不老の秘密は「600人のエストニア人の血」で解き明かせるか―シリコンヴァレーのスタートアップの挑戦

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト