ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

通信事業者への挑戦か グーグルの気球ネット網計画

(1/2ページ)
2014/10/16 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は2013年6月、「Project Loon(プロジェクト・ルーン)」という名称で、気球と無線ネットワークを活用したデータ通信を提供する実験を始めた。この実験はインターネットの利用が困難なへき地での、安価なデータ通信の提供を目的とし、無免許で利用が可能な電波を活用するといわれていた。しかし、2014年4月17日、米PC World誌はProject Loonのチームが、LTEで利用される周波数帯域を活用した実験を米ネバダ州で進めていると報じた。この件についてGoogleは正式なコメントを出さなかったため、多くの海外メディアから注目を集めることとなった。本稿では情報通信総合研究所 主任研究員の三本松憲生氏に、Project Loonが目指すものなどについて解説してもらう。

図1 Project LoonのWebサイトのトップページ(URLはwww.google.com/loon/)
画像の拡大

図1 Project LoonのWebサイトのトップページ(URLはwww.google.com/loon/)

 Project Loon は、飛行機の航路や天候に影響を受けない地表から約20kmの成層圏に、通信機器やGPS(全地球測位システム)、太陽電池などを搭載した気球を飛ばす、新しい取り組みだ(図1)。

 気球は地上の家屋の屋根に取り付けたアンテナと無線通信。気球同士がネットワークを構成し、インターネットに接続された地域の地上回線につなぐ。電力は、太陽電池の発電ですべて賄う。

 このプロジェクトの主たる目的は、浮かべた気球から免許不要の無線を利用することで、へき地に安価なインターネットサービスを提供することだ。ニュージーランドの一部エリアで実験していることを明らかにしている。

 この実験は現在も続けられており、2014年4月4日にはGoogle+上にあるProject Loonのページを通じて現時点の実験の内容を写真とともに報告した。そのページによれば、実験に用いられた気球は22日間をかけて地球を1週したという(図2)。

図2 実験で気球を飛ばす様子(Project LoonのWebサイト内の紹介動画の1シーン)
画像の拡大

図2 実験で気球を飛ばす様子(Project LoonのWebサイト内の紹介動画の1シーン)

 加えてこれまでの走行距離が50万キロメートルに達したとしており、現在は2周目の航行中であるという(図3)。そのほかにもProject Loonのページでは、実験開始からこれまでの間に取り組んだ改善策(搭載されたソーラーパネルの調整や風のデータを活用した効率的な運用)について簡単に述べている。

図3 Project Loonの気球が地球を周回した図
画像の拡大

図3 Project Loonの気球が地球を周回した図

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

アイフィックスイットが実際に公開しているiPhone 6の電池交換手順。企業が公開していない修理手順をアイフィックスイットが独自に作成して公開している

欧米発、「電子機器を自分で修理する権利」運動 [有料会員限定]

 「消費者が購入した電子機器。その所有権は消費者にあるはずだ。しかし、故障を修理しようとすると、なぜかそれがメーカーの所有物であるかのような扱いを受ける」――。こう語るのは、米国で様々な機器を分解し、…続き (7/14)

ZMPが開発を進める宅配ロボット「キャリロデリバリー」

自動配送ロボかAIか 「再配達問題」解決の切り札は [有料会員限定]

 ネット通販の急激な広がりと物流現場での人不足による宅配クライシスは、最大手ヤマト運輸の料金引き上げや時間指定の見直しを引き起こした。配送現場の負荷を高める大きな要因とみられているのは、宅配の約2割を…続き (7/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月20日(木)

  • アマゾン、食材キット宅配で商標登録
  • Amazonの「メディア価値」に気づいたエージェンシーたち:「Amazonはすでにメディアの巨人だ」
  • 英会話大手のイーオン、VRで現実感ある学習ができるアプリを公開

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト