ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

自動運転車との並走で見た「人間と共存」の課題
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2014/9/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は、シリコンバレーにあるお膝元のマウンテンビュー市で、自動運転車の走行試験を集中的に展開している。最近は、自動運転車を頻繁に見かけるだけでなく、一緒に道路を走行する機会が増えた。並走してみると、自動運転車は安全であるが、風変わりな運転スタイルであることに気が付く。万が一事故を起こした際は、誰が責任を負うのか。そもそも、自動運転車を”運転”するには免許証がいるのか。激変が予想される、米カリフォルニア州のクルマ社会を考察する。

 Googleは、2013年からマウンテンビュー市で自動運転車の走行試験を重ね、2014年夏までに市内全ての道路をカバーすると表明した。最近では自宅周辺で自動運転車の姿を見かけたり、自動運転車と並走する機会が増え、その特性も分かってきた。

(写真: 米VentureClef)
画像の拡大

(写真: 米VentureClef)

 左の写真はGoogle自動運転車(右側の車両)と並走している様子。ちなみに、メガネ型端末「Google Glass(グーグル・グラス)」を使うとウインクするだけでその様子を撮影でき、運転中ハンドルから手を離さないで安全に写真が撮れる。

 右の写真は、前を走る自動運転車を撮影したものだ。しばらく後ろから見ていたが、滑らかな走行で、「機械が運転しているとは思えない」というのが第一印象だ。この先、車線を変え、信号機のある交差点で左折レーンに入っていく。一連の運転は自然だ。

(写真: 米VentureClef)
画像の拡大

(写真: 米VentureClef)

 上の写真左は、信号が青になり左折しているところ。前の車と適切な車間距離を取り、安全に走行した。慎重過ぎる運転ではなく、流れに沿った自然な運転である。屋根の上に「LIDAR」と呼ばれるレーザー・センサーが搭載され、円柱が高速で回転している。一目でGoogle自動運転車と分かる。

 後部バンパーには会社ロゴと「self-driving car(自動運転車)」と表示されている。これは日本の若葉マーク (初心運転者標識) のように、後続車に注意を促す意味がある。

 上の写真右は、信号が赤になりブレーキを踏んでスピードを落としているところ。ここでも運転は滑らかで、安全に減速し停止した。急停止でもなく、慎重すぎる運転でもなく、流れに沿った自然な運転だ。

■でも、ちょっとタイミングが合わない

 しかし、異変を感じたのは、スタートの場面。信号が青になりスタートしようとしたが、自動運転車は一呼吸おいて発進した。交差する自動車が、ぎりぎりのタイミングで通過することもあり得るため、自動運転車は安全を期してプログラムされている。追突事故を起こす状況ではなかったが、ちょっと気になる運転スタイルだった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

Google自動運転車日産自動車シリコンバレー

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道豪雨では多くの畑が被害を受けた(2016年8月31日、北海道北見市)

北海道で「気候変動予測」加味した水防災対策 [有料会員限定]

 2016年8月に北海道を襲った一連の台風による「北海道豪雨」は、これまでにない新たな課題も浮かび上がらせた。氾濫流による農業被害である。四つの台風による被害面積は4万ヘクタール弱。農作物が浸水や流失…続き (4/21)

写真6 白花橋の近くに架かる川上橋。橋が周辺の土地よりも低い谷地形に架かっていたため、雨水が集まり、橋台背面土を洗い流した(写真:北見工業大学)

少雨地帯が先駆ける新・水防災対策、北海道豪雨の教訓 [有料会員限定]

 堤防や橋台背面の浸食、盛り土の崩壊、落橋――。2016年8月に北海道を襲った一連の台風による豪雨は、過去の水害と比べて人的被害がそれほど大きくなかったものの、今後の河川事業に重要な教訓が詰まっている…続き (4/20)

図3 離陸する飛行試験機2号機。2017年1月5日には、米国ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港を発着する飛行試験を開始した。現在、4機体制で飛行試験を実施している(写真:三菱航空機)

三菱重工、知見不足が招いたMRJ5度目の延期 [有料会員限定]

 ジェット旅客機「MRJ」の量産初号機の引き渡し時期は2020年半ばに変更――。三菱重工業と三菱航空機(愛知県豊山町)は5回目の納入時期変更を2017年1月23日に発表した(図1)。2015年12月時…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト