日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

肥満症患者は2000万人、「国民薬」の開発急ぐ
塩野義、食欲と代謝調整 エーザイ、治験で6%減量

(1/2ページ)
2014/9/8付
共有
保存
印刷
その他

 肥満症はこれまで病気として意識されることが少なかった。ただ、最近は糖尿病や高脂血症だけでなく、がんとの因果関係も指摘され、昨年は米国の医師会が肥満症は治療が必要な病気との見方を公表した。日本でも医療機関や企業が予防や治療に本腰を入れ始めた。肥満症の最前線をリポートする。

大阪・豊中の医薬研究センターでは新規抗肥満薬の開発が進む
画像の拡大

大阪・豊中の医薬研究センターでは新規抗肥満薬の開発が進む

 塩野義製薬の最先端技術を集める「シオノギ医薬研究センター(SPRC)」(大阪府豊中市)。ここで世界が注目する薬の研究開発が進む。食欲の抑制とエネルギー消費の促進という2つの効能を併せ持つ抗肥満薬の開発だ。現在のところ世界でこのタイプの薬を開発した製薬会社はどこにもない。

■3回目の挑戦

 食欲と代謝を左右するのは「ニューロペプチドY」(NPY)と呼ばれる神経伝達物質だ。NPYは食欲を増進させるとともにエネルギー消費を阻害する。逆に言えばNPYの動きを制すれば肥満は止められる。塩野義はこのからくりに着目した。

 主導するのは花崎浩二・医薬研究本部長らの研究チームだ。ではこのNPYの動きをどう止めるか。

 花崎チームはNPYと結合するY5に照準を絞った。Y5はNPYの受容体で、NPYも脳内でこの受容体と結びつかないと働けない。花崎チームはY5がNPYと結びつくために持つポケットを塞ぐことで、NPYの動きを止める方法を発見した。

 塩野義は1997年以降、NPYの特性を逆手にとって肥満症を治療する2つの薬を手掛けたが、有効性が低かったうえ、副作用の恐れがあったため中断した。今回は3回目の挑戦となるが、今年3月に国内で安全性を確かめる第一相の臨床試験(治験)をスタート、早ければ来年以降に肥満の抑制効果を実際に確かめる第2段階に進む計画だという。

 この夏、エーザイが日本で抗肥満薬の開発を始めた。2010年に米アリーナ・ファーマシューティカルズが持つ抗肥満薬「ベルヴィーク」の独占商業化の権利を米国で取得し、日本でも昨年権利を得て今年7月に治験を始めた。

■脳に錯覚させる

 ベルヴィークの特徴は脳に錯覚を起こさせること。実際は空腹だが脳には「おなかいっぱい」だと信じ込ませてしまう。

 仕組みはこうだ。人は満腹になると神経伝達物質であるセロトニンを発生させる。このセロトニンがセロトニン2Cと呼ぶ受容体と結合し「食べた」と認識させる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東芝の半導体拠点の四日市工場は世界最先端の設備をもつ(三重県四日市市)

どうなる日本の半導体産業 東芝、優先交渉先決定 [有料会員限定]

 東芝は21日、半導体メモリー事業の売却交渉で産業革新機構を軸とした日米韓連合と優先的に交渉すると発表した。国内のウエハー出荷量の過半を担う四日市工場(三重県四日市市)は東芝の手から離れる。製造装置や…続き (6/24)

AI人材争奪 リクルートはグーグルの頭脳一本釣り [有料会員限定]

 人工知能(AI)による事業変革の能力を持とうとする企業はすべて、人材争奪戦に巻き込まれる。AI研究者は現在のテクノロジー界で最も希少だ。先端IT(情報技術)に携わる人材「ニューカラー」を確保できないなら、自ら育てるしかない。…続き (6/18)

ソニーの有機ELテレビが展示された都内の家電量販店

ソニー、7年ぶり有機ELテレビ 画像処理磨き敗者復活 [有料会員限定]

 ソニーが家庭用有機ELテレビのリベンジに挑む。2007年に世界で初めて発売したものの、販売が振るわずに10年に終了した。だが、その後も復活の可能性を探り続け、10日に7年ぶりに販売を再開した。国内テ…続き (6/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト