インタビュー

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

太田雄貴「東京五輪、国内みんなで大きなお祭りに」
招致決定から1年、立役者に聞く

(1/5ページ)
2014/9/7 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「9月7日」という日を生涯忘れられないアスリートがいる。フェンシングの太田雄貴(28)は1年前の今日、ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会でプレゼンターとして登壇し、2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致成功に貢献した。招致活動の舞台裏、太田の目に映ったこの1年の変化、そして6年後にやってくる祭典への思いなどを聞いた。

招致成功から1年。「あっという間ですね」と太田

招致成功から1年。「あっという間ですね」と太田

総会前はすごく不安、みんなイライラ

 太田はいま、今月19日に開幕が迫るアジア大会(韓国・仁川)に向けた最終調整の真っ最中。招致成功から約1カ月後、現役続行を宣言してフェンシング中心の生活に戻った。「あの日」は懐かしい記憶であり、色鮮やかによみがえる昨日の出来事でもある。

 「もう1年ですか。あっという間ですね。(東京五輪本番までの)残り6年もあっという間なんだろうなと思う。あの日のプレゼンは練習時間を1時間もらえたら、もう一回完璧にやれる自信がある。それくらい必死に練習したから」

 「ブエノスアイレスに入る直前から、福島第1原発の汚染水漏れを巡る報道が海外でも増えていた。マドリードが優位に立っている状況を何となく感じていたが、英BBCや米CNNを見ても(どこが最有力かという)はっきりしたことは報じていない。みんな、すごく不安でイライラしていた。試合前のような感覚。総会前日に本番会場で行った最終リハーサルも細かいミスが多くて出来が悪かった」

プレゼン、最高のチームで大きな財産

 「でも、本番はみんなあの通り。滝川(クリステル)さんはテレビの生放送をずっとやってきたプロだし、(パラリンピアンの佐藤)真海さんと僕は現役アスリート。終わってみれば、本番に強いチームだったなと」

 負けたら成田空港で卵をぶつけられても仕方がない、競技を続けることもできなくなるかもしれない、と思うくらい重圧と覚悟を背負ってブエノスアイレスに飛んだという。それだけに、IOCのジャック・ロゲ会長(当時)の「トーキョー」を聞いた瞬間、興奮と解放感のあまり号泣した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

IOC総会

東京五輪の計画概要

インタビュー 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アテネ五輪優勝の野口には、世界一練習をしたという自信があった

 日本のお家芸だったマラソンの低迷が続く。男子マラソンの日本記録はカネボウの高岡寿成監督が2002年につくった2時間6分16秒が14年以上も破られていない。その高岡監督に日本のマラソンの問題点とマラソ …続き (1/19)

指導者の男女差についての議論はナンセンスと語る山口准教授

 2016年はスポーツ界で女性の日本代表監督が次々と誕生する節目の年となった。「ガラスの天井」を破り、サッカーや卓球では初の女性指揮官が誕生。一方、柔道のように女性監督への待望論がありながらも先送りと …続き (1/4)

内村はプロになることで「体操の露出を増やし、体操をもっと知ってもらいたい」と強調する

 体操男子の内村航平(27)にとって、2016年は長いキャリアの中でも忘れられない年になった。8月のリオデジャネイロ五輪で念願の団体と個人総合の2冠達成、12月からはプロ選手として次の挑戦に踏み出した …続き (2016/12/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]