日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「緩まない」ねじ革命 2000年の歴史、VBが変える

(1/2ページ)
2014/8/27付
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

 総勢10人の小さなベンチャー企業が2000年の歴史を持つねじに革命を起こそうとしている。らせん構造を持つ従来のねじは時間の経過とともに緩むリスクがあるが、特殊な構造を持つ「緩まないねじ」を開発した。大幅増資を実施し、量産に備える。ねじの革命児を訪ねた。

緩まないねじを開発したNejiLawの道脇裕社長
画像の拡大

緩まないねじを開発したNejiLawの道脇裕社長

■学校に行かず発明続ける

 「学歴なし」「就職歴なし」。こんな経歴を申請書類に記入しながら、経済産業省や東京都の開発資金を受け取っている男がいる。緩まないねじの開発を手掛ける「NejiLaw(ねじろう)」(東京・江東)の社長、道脇裕氏(37)だ。

 道脇氏は10歳ごろに「僕は今の教育システムに疑問を感じるので、自分の足で歩むことに決めました」と一方的に小学校に“休学宣言”した。以来、漁師、とび職など様々な仕事を経験しながら、常に自分の頭で考えて行動を決めてきた。

 携帯電話が広まる前から、無線機を使って双方向で同時通話できるシステムを作るなど、学校にいかなくても発明を続けた。米国に渡って学んだこともある。緩まないねじは道脇氏のひらめきとこだわりから生まれた。きっかけのひとつは19歳のころ、ねじが原因で自分の運転する車のタイヤが外れたことだった。

画像の拡大

 ねじの締める力を強くするには、ボルトとナットなど互いのらせん構造を精密に作り込み摩擦力を強くすることが研究者やねじ業界の常識だ。それは今も変わらない。

 従来も「緩まない」を標榜するねじはある。だが、道脇氏は既存の商品は締め付ける摩擦力に頼る「緩みにくい」ねじだったとみていた。そこで、らせん構造そのものにメスを入れ、摩擦に依存しない「緩まない」ねじを実現しようとした。

 NejiLawの主力品である「L/Rネジ」のボルトには、右回りで締めるナットと左回りのナット、両方に対応した山が作り込まれている。2つのナットは同じ動きはしない。互いがぶつかると、相手をロックすることで緩みを封じる。

 道脇氏はねじの山の形を変えることで、用途に応じた緩まないねじを次々と発案した。だが道のりは平たんではない。

■IHI、橋梁での利用見込む

 「こんな難しい構造は作れない」。製造を委託しようにも金属加工メーカーからは断られた。そこで自ら製造工具や光学的な品質検査手法を開発し、商品化に道をつけた。「L/Rネジ」のサンプル価格は長さ10センチに満たないボルトとナット2つのセットで10万円前後。通常のねじと同じように材料やサイズは自由に変えることができる。

 L/Rネジの開発途上だった4年ほど前、米航空宇宙規格(NAS)に準拠した試験をすると、合格ラインの17分間まったく緩まなかった。それどころか、3時間ほどたつと試験装置のねじが壊れた。緩まぬねじの評判はたちまち広まった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
印刷
リプリント
共有

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワード

道脇裕、NejiLaw、産業革新機構

【PR】

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

真空タンクは望遠鏡の主要部品だ(岐阜県飛騨市、東大宇宙線研究所の重力波観測研究施設)

重力波観測に真空タンク 東芝、超電導ノウハウ活用 [有料会員限定]

 東芝は、東京大学や国立天文台などが主体となって進める最新鋭の観測施設向けの真空タンクなどを開発した。ブラックホールの合体などで放出される「重力波」を観測するための望遠鏡「KAGRA(かぐら)」の主要…続き (5/29)

セルロースナノファイバーを製造する日本製紙の岩国工場(山口県岩国市)

変幻素材「ポスト炭素繊維」 1兆円市場の覇権争奪 [有料会員限定]

 あるときは書き味の良いボールペン、あるときは臭いを消す紙おむつ。変幻自在に姿を変え機能を発揮する木材由来の次世代素材、セルロースナノファイバー(CNF)の一大産業化へ競争の号砲が鳴っている。2015…続き (5/28)

産総研のヒト型実験ロボット「まほろ」。人では難しい試薬の調整などが可能になった

お蔵入り薬、効能の山「ドラッグリポジショニング」 [有料会員限定]

 投手でダメだったら打撃力を生かして野手に転向する。プロ野球ではよく聞く話だ。医薬品の世界でも似たような取り組みがある。既存の薬や開発中止になった新薬候補物質(化合物)を、別の疾患の薬として再開発する…続き (5/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2016年5月31日付

2016年5月31日付

・LED照明から情報配信 ルーチ、可視光通信を活用
・受精卵、負荷与えず観察 奈良先端大など
・曙ブレーキ、鉄道の脱線・衝突を発信する検知装置
・ダイベアの軸受け、自社ブランドで輸出
・フランスベッド、高齢者向け直営店倍増…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト