日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

もう一つのブラジルW杯 ロボカップ、日本勢の優勝も

(1/3ページ)
2014/8/21付
共有
保存
印刷
その他

 サッカーの聖地ブラジルで7月下旬、もうひとつのW杯が開かれた。東部の町ジョアン・ペソアで開催された「ロボカップ」はロボットのサッカー世界大会だ。目標は「2050年、人間の世界王者に勝つ」こと。欧米のほか日本や中国など世界約40カ国・地域の研究機関が技術を競った。玩具の域を大きく逸脱したロボの一挙手一投足に企業も熱い視線を注ぐ。

■高度な機械要素の勝負に

ロボットがサッカーで熱戦。ブラジルで世界大会、高度な人工知能や機械の性能を披露

ロボットがサッカーで熱戦。ブラジルで世界大会、高度な人工知能や機械の性能を披露

 試合終了のホイッスル――。千葉工業大学の12人のメンバーは飛び上がり、拳を突き上げた。子供大のヒト型ロボで競う種目の決勝戦、英ハートフォードシャー大学を下し頂点を極めた。4日間にわたる戦いの日々は平たんではなかった。

 初日の予選2試合を終え、千葉工大の林原靖男教授が直面したのは無線通信の不具合だ。「日本では起きなかった不具合。『大会の魔物』としかいいようがない」――。千葉工大のロボットが採用した無線規格は、欧米に比べ弱い。他国の無線が飛び交うなか、ロボ同士が情報を交換し、攻撃や守備など最適な行動を選ぶ連携システムがまひしてしまっていたのだ。

 こうした不具合を抱えて同大が選んだのは、あえて高度なシステムを放棄する戦術。部分的に通信を切り、個々のロボに判断を委ねる。走力やボディーバランスで真っ向勝負する形だ。人間でいうなら、パス回しを重視するチームワーク型でなく、スター選手の個人プレーに任せる「パワープレー」といったところか。部品の性能や強度といった高度な機械要素の勝負だ。

画像の拡大

 なかでも「これを無くして成り立たない」と林原教授が断言するのが、双葉電子工業が生産するモーター「RS405CB」。小型ながら大きな力を出せ、精密な動作にも優れる。双葉電子は2011年から千葉工大と協力。割安に提供する一方で性能の評価や故障例といったリポートを受け取り、改善を重ねてきた。

 例えば軸の強度。転ぶことが当たり前のヒト型ロボットでは、モーターの出力軸へ不意に大きな力がかかる。千葉工大からの実地試験の情報をもとにねじれに強い形状に部材を変更した。「ロボット向け部品は研究機関から愛好家まで顧客の知識レベルが非常に高い。使用者が持つ情報を集めることが肝心」。電子機器事業部の鈴木康之主任技師は話す。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

ロボカップロボット

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

卵かけご飯の上にトッピング感覚でのせて食べることもできる

キッコーマン 食べる固形しょうゆ、ヒットの技 [有料会員限定]

 キッコーマン食品が2月に発売した「キッコーマン サクサクしょうゆ」は、液体しょうゆをフリーズドライした「食べられる」新形状のしょうゆだ。人口減や単身世帯の増加などで、国内のしょうゆ市場が縮小傾向にあ…続き (5/21)

レジに商品の入ったカゴを置くと、商品情報を読み取って袋詰めまでする。

袋詰めも自動 ローソン無人レジ実証実験の結果 [有料会員限定]

 ローソンがICタグを使った無人レジの導入に挑んでいる。コンビニエンスストアの商品の会計や袋詰めを自動化する。2月の実証実験では会計時間の短縮や来店客の増加といった効果を確認した。今秋以降に10店程度…続き (5/20)

1位でゴールするケニアのウィルソン・キプサング(26日午前、東京都千代田区)

酷暑の五輪マラソン 足元涼しく、東京の道を冷やす技 [有料会員限定]

 2020年夏の東京五輪・パラリンピックの注目競技の1つがマラソンだ。早朝のスタートとはいえ、選手たちは路面上でセ氏50度を超える灼熱(しゃくねつ)の暑さとの戦いを余儀なくされる可能性がある。選手たち…続き (5/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト