日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新車を2日に1台売る男、ローンの説明が切り札

(1/2ページ)
2014/8/16 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
小サイズに変更
中サイズに変更
大サイズに変更
保存
リプリント
共有

 ホンダカーズ埼玉南の新車営業部副課長、鈴木和行氏(42)は2日に1台のペースで新車を販売する。売れる秘密は月々の負担が小さくなる「残価設定ローン」を勧めることと、断られても提案内容を変えながら、諦めず何度も提案する姿勢だ。税金やローン金利などを熟知し、新車を購入するなら「今でしょ!」と顧客を納得させている。

■複雑な仕組みを分かりやすく

 ホンダ狭山工場が近くにある埼玉県川越市。南北それぞれ2キロメ…

電子版トップビジネスリーダートップ

会員登録

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中 お申込みは5/16まで

今すぐ登録(無料・有料プランを選択) ログイン(会員の方はこちら)

【PR】

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

旧日立と三菱重工の主力製品を融合させる動きが顕著になってきた(MHPSが手掛ける中小型ガスタービン)

選択と融合 「三菱」を超えろ
 変わる巨人・三菱重工(上)
[有料会員限定]

 保守的な社風の「巨艦」三菱重工業が変貌しつつある。単独では勝ち残れそうにない事業は他社と統合してシナジー(相乗効果)を追求。主力事業でも分社化して現場に権限を移す。研究開発でも組織間の壁を破った。客…続き (4/29)

鋳造や溶射など蓄積した金属加工技術を3Dプリンターに持ち込むことで加工の付加価値を高める(写真は溶射テスト)

半世紀の構造「ぶち壊す」
 変わる巨人・三菱重工(中)
[有料会員限定]

 「作業が遅れているのは事実。今後改善策を打ち出していく」。25日の記者会見で三菱重工業の宮永俊一社長は語った。
 三菱重工は25日、2016年3月期の連結純利益が従来予想の900億円を下回り、660億…続き (4/29)

巨額損失、再発防げるか
 変わる巨人・三菱重工(下)
[有料会員限定]

 大型客船の建造の遅れで2016年3月期決算で1000億円を超える特別損失を計上する三菱重工業。国産ジェット旅客機「MRJ」事業も開発が難航し、黒字化が遠のく。大規模プロジェクトを管理する能力をどう高…続き (4/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

リーダーのネタ帳

[PR]