BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新国立で過労自殺、時間外200時間を会社「把握せず」

2017/7/24 23:00
共有
保存
印刷
その他

日経コンストラクション

 新国立競技場の地盤改良工事で施工管理をしていた23歳の新入社員の男性が2017年3月に過労自殺した問題で、男性が所属していた建設会社は17年7月21日、日経コンストラクションの取材に対して管理体制に不備があったことを認めた。男性が自殺する直前1カ月の時間外労働は200時間を超えていたが、会社は把握していなかった。

過労自殺した新入社員の男性が働いていた新国立競技場の現場。2016年12月に撮影。遺族側の発表によれば、男性は自殺する直前の1カ月、早朝に出勤するため午前4時半ごろ起床し、翌午前0時~1時に帰宅することが多かった(写真:大村 拓也)
画像の拡大

過労自殺した新入社員の男性が働いていた新国立競技場の現場。2016年12月に撮影。遺族側の発表によれば、男性は自殺する直前の1カ月、早朝に出勤するため午前4時半ごろ起床し、翌午前0時~1時に帰宅することが多かった(写真:大村 拓也)

 自殺した男性は、16年3月に大学を卒業し、地盤改良工事などを得意とする建設会社に入社。新人社員研修の後におよそ10件の現場で経験を積み、16年12月から東京五輪などに向けて建設中の新国立競技場の現場に配属となった。

 男性が担当していたのは、新国立競技場の敷地内における深層混合処理工法による地盤改良工事。新国立競技場の一連の建設工事は日本スポーツ振興センターが発注して、大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JVが受注。男性の所属する建設会社は、一次下請け会社として施工を担っていた。

 男性は17年3月、「今日は欠勤する」と会社に連絡した後、突然失踪。4月に長野県内で遺体が発見された。自殺とみられる。「突然このような形をとってしまい、もうしわけございません。身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」と記されたメモも見つかった。

 遺族の代理人である川人博弁護士によると、自殺が発覚した当初、会社は男性の時間外労働が80時間以内だったと説明していた。しかし、遺族側が再調査を要求したところ、男性の時間外労働は今年1月に116時間、2月に193時間まで達していたと訂正した。

 男性が使用していたパソコンの電源をオン・オフした記録などから遺族らが割り出した労働時間はこれをさらに上回る。深夜までの労働が常態化しており、17年2月中に3回の徹夜勤務があったことも明らかになった。

遺族らは、自殺した男性が新国立競技場の現場で働き始めてからの労働時間をパソコンのオン・オフ記録などから割り出した。2017年2月1日から3月2日までの総労働時間数は379時間を超えた(資料:川人法律事務所)
画像の拡大

遺族らは、自殺した男性が新国立競技場の現場で働き始めてからの労働時間をパソコンのオン・オフ記録などから割り出した。2017年2月1日から3月2日までの総労働時間数は379時間を超えた(資料:川人法律事務所)

 この建設会社の労使間で定めた「36(サブロク)協定」によると、1カ月当たりで認められた時間外労働は原則が45時間、特別な場合でも80時間だった。川人弁護士は「36協定の規定を大きく超える違法残業であったことは間違いない」と指摘。遺族は7月12日、過重労働によって精神障害を発病したとして、労働基準監督署に労災を申請した。

 深層混合処理工法は地盤改良の一般的な工法で、男性の会社でも実績があった。男性の業務内容は現場の写真撮影や品質・安全管理のほか、事務所での作業日誌作成や管理記録の記入など。会社は「新入社員が担当できる業務の範囲内だった」としている。

 とはいえ、新国立競技場の工事はデザインや建設費をめぐる混乱などで着工が遅れ、19年11月の竣工を目指して厳しい工程管理が求められている。男性の会社は「地盤改良工事自体の工期は17年6月30日で、10日遅れの7月10日に完工した」としている。

新国立競技場の2017年6月23日時点での全体工程表(資料:日本スポーツ振興センター)
画像の拡大

新国立競技場の2017年6月23日時点での全体工程表(資料:日本スポーツ振興センター)

日本スポーツ振興センターが2017年2月24日に公開した新国立競技場の工事進捗状況。この時点では4カ所で地盤改良工事が進んでいたのが分かる(資料:日本スポーツ振興センター)
画像の拡大

日本スポーツ振興センターが2017年2月24日に公開した新国立競技場の工事進捗状況。この時点では4カ所で地盤改良工事が進んでいたのが分かる(資料:日本スポーツ振興センター)

 男性が所属していた建設会社は、男性の残業時間が急増した17年2月に現場に導入する重機の台数が増え、工事が繁忙期を迎えていたと説明している。遺族の証言では、男性は1月終わりごろに「重機が予定通りそろわず、工事が遅れている」と話していたという。遺族らは、工程の遅れを取り戻すために2月が極端に忙しくなったとみている。

地盤改良工事や造成工事など、多数の工種が同時並行で進む新国立競技場の現場。地盤改良工事は建築工事の前段階にあり、厳しい工程に縛られていたとみられる。2016年12月に撮影(写真:大村 拓也)
画像の拡大

地盤改良工事や造成工事など、多数の工種が同時並行で進む新国立競技場の現場。地盤改良工事は建築工事の前段階にあり、厳しい工程に縛られていたとみられる。2016年12月に撮影(写真:大村 拓也)

 新入社員である男性の過剰な負荷に、周囲は気付くことができなかったのか。

 日経コンストラクションの取材によると、自殺した男性はこの会社にとって16年度に入社した唯一の新入社員だった。「新卒の採用活動が難航し、結果的に入社したのは彼1人になってしまった」と会社の担当者は説明する。

 この会社は新国立競技場の現場を計5人で担当していた。自殺した男性を含め、中堅の社員を筆頭とするチームだ。

 会社唯一の新入社員だった男性には、「同期」と呼べる存在がいなかったことを意味する。「相談や愚痴をこぼす相手がいなかったとすれば、本当にかわいそうなことをした」と会社の担当者は悔やむ。

 男性はOJT(職場内訓練)期間中だったが、特定の指導役はいなかった。チームに入社3年以内の年齢が近い先輩社員がいたものの、先輩社員自身も多忙で余裕がない状況だったとみられる。

 川人弁護士によると、男性は自殺する直前の2月、友人に「今の職場に3年はいたいが、もたない。辞めたい」と話していた。

 過酷な労働環境が若手技術者の将来を奪う例は少なくない。建設現場の労働時間は、全国平均で健康障害に直結する「過労死ライン」に近い水準にある。建設業に従事する労働者が精神障害を発症し、労災が認定された件数は16年度に過去最多を記録した。

建設会社、建設コンサルタント会社の1カ月当たりの残業時間。建設会社は11月単月、建設コンサルタント会社は10月単月の平均値。それぞれ日本建設産業職員労働組合協議会と全国建設関連産業労働組合連合会の2016年アンケート結果より引用。全産業は厚生労働省の資料に基づき日経コンストラクションが作成
画像の拡大

建設会社、建設コンサルタント会社の1カ月当たりの残業時間。建設会社は11月単月、建設コンサルタント会社は10月単月の平均値。それぞれ日本建設産業職員労働組合協議会と全国建設関連産業労働組合連合会の2016年アンケート結果より引用。全産業は厚生労働省の資料に基づき日経コンストラクションが作成

 36協定で定める時間外労働時間は、原則月45時間以内かつ年360時間以内とする上限規制がある。しかし、現状は建設業と運輸業は適用外となっている。業務の特性上、一定の長時間労働が避けられないと考えられてきたからだ。

 一方、川人弁護士は建設業が時間外労働の上限規制が適用外となっている状況を「極めて危険」と指摘する。政府は17年3月に「働き方改革実行計画」の中で、長時間労働を罰則付きで規制すると表明。建設業も時間外労働の上限規制を適用する方針だ。しかし、適用までには5年の猶予を設けており、その間にも東京五輪に向けて本格化する工事の現場などで、違法な長時間労働が横行する懸念がある。

建設業における時間外労働規制の見直しの方向性。政府の「働き方改革実現会議」の資料を基に日経コンストラクションが作成
画像の拡大

建設業における時間外労働規制の見直しの方向性。政府の「働き方改革実現会議」の資料を基に日経コンストラクションが作成

 男性の自殺を受け、再発防止に国も立ち上がる。塩崎恭久厚生労働相は7月21日、新国立競技場の建設現場の働き方の実態を調査する考えを示した。厚生労働省と国土交通省が連携し、労働時間の短縮に本腰を入れる見通しだ。 

※男性が所属していた建設会社名は、遺族の希望により伏せました。

(日経コンストラクション 長谷川瑤子)

[日経コンストラクションWeb版 2017年7月24日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

独ボッシュや三菱電機ら4社 GNSS測位サービスで合弁

 独Robert Bosch(ボッシュ)、独Geo++、三菱電機、スイスu-bloxの4社は、マスマーケット向け高精度GNSS(全地球航法衛星システム)測位サービスを行う合弁会社として、独Sapcor…続き (8/11)

小型衛星打ち上げで新会社 キヤノン電子ら4社

 キヤノン電子、IHIエアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行の4社は2017年8月9日、商業宇宙輸送サービスの事業化に向けて「新世代小型ロケット開発企画株式会社」を設立したと発表した。国内外で今後…続き (8/11)

肥後銀行とみちのく銀行 Linux勘定系を採用へ

 熊本県の肥後銀行と青森県のみちのく銀行が、Linuxで稼働するオープン勘定系システムの開発に着手していることが、日経コンピュータの取材で2017年8月10日までに分かった。開発ベンダーは日立製作所…続き (8/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない
  • 視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」―超音波で周囲を把握
  • タメ息ものの美しさ! 空撮カメラマンが撮ったフジロックの夜景ドローン写真

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト