科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ヘリウム不足を救う高温超電導 日本が大きな成果

2017/7/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 多くの病院に設置されている磁気共鳴画像装置(MRI)やリニアモーターカーなどに利用される超電導磁石で、冷却に欠かせないヘリウムの供給不足が懸念されている。ヘリウムをできるだけ使わずに超電導磁石を実現する技術の確立が重要な課題となっている。その目標を達成する高温超電導の実用化に向けた研究で日本が大きな成果を上げつつある。

 将来的にヘリウムを入手しにくくなると、どれほど困るか、一般に想像する以上に深…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

水素爆発で建物が損傷し気密性も失われた福島第1原発1号機(東京電力提供)

福島第1原発の廃炉作業 構造物の腐食が最大リスク
東北大教授に聞く
[有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所の廃炉には30~40年がかかる。地震と津波、水素爆発などで損傷した建物が廃炉作業の終了まで持ちこたえることができるのか。そんな不安を抱く人は多いだろう。東北大学・原子炉廃…続き (7/24)

ビスマス系高温超電導線材。幅4ミリメートルのテープ状(住友電工提供)

ヘリウム不足を救う高温超電導 日本が大きな成果 [有料会員限定]

 多くの病院に設置されている磁気共鳴画像装置(MRI)やリニアモーターカーなどに利用される超電導磁石で、冷却に欠かせないヘリウムの供給不足が懸念されている。ヘリウムをできるだけ使わずに超電導磁石を実現…続き (7/17)

原子力発電所の検査の様子(四国電力伊方発電所)=電気事業連合会提供

信頼回復の正念場 原発検査の大改革 [有料会員限定]

 原子力安全に関して目立たないが極めて重要な改革が進行中だ。原子力規制委員会は原子力発電所を対象にした検査制度を大きく改める。安全性向上に取り組む電力会社の自主性を尊重する一方、規制の監視の目が届く範…続き (7/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月28日(金)

  • 知らないと蚊帳の外に?正しい広告取引の実現に向けたブロックチェーン活用の意味
  • いま世界で、セキュリティとプライバシーの法制度が大きく変わろうとしている
  • 黒船Spotifyが日本の音楽文化を救う? 田中宗一郎インタビュー

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月28日付

2017年7月28日付

・OKI、光ファイバーセンサー発売へ
・タンクの液体、波打ち抑制 中大、地震や運搬向けの装置
・冷凍能力抑え、3割小型化 前川製作所の自然冷媒冷凍機
・ツガミ、自動旋盤の切削力4割向上
・マツダ、米販売店テコ入れ 半数の300店超を対象に…続き

[PR]

関連媒体サイト