スパイクを脱ぐ前に

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

柳川・東大大学院教授「コマでなくプレーヤーであれ」
サッカー元日本代表・岩政大樹が聞く

(1/4ページ)
2017/7/6 6:30
共有
保存
印刷
その他

 サッカーの元日本代表CB、岩政大樹が各界の第一人者を訪ねて対談する連載の3回目。今回は高校に通わず、独学で経済学者になった東京大学大学院の柳川範之教授と「学び」について語り合った。

 柳川 私は中学卒業後、銀行員だった父親の転勤先のサンパウロで4年半、暮らしたのですが、それがちょうどジーコの全盛期でした。1982年のスペイン・ワールドカップのころです。ブラジル国民はみんな、ブラジルが優勝するものと信じていて、点が入るたびにマンションから紙吹雪が舞ったのを覚えています。優勝したら会社も学校も3日間、休みだという噂が流れていたのですが、準々決勝で負けてしまいました。W杯ではいつも日本とブラジルの両方を応援しています。

 岩政 それはうらやましい体験ですね。柳川さんは高校に進まず、独学をしたということですが、それはなぜですか。

自分で勉強すればいいじゃないか

柳川教授(左)と「学び」について語り合った

柳川教授(左)と「学び」について語り合った

 柳川 高校年代にブラジルに渡ったからです。日本人学校は中学までしかないし、現地の一般の高校には言葉の問題で入れませんでした。それなら自分で勉強すればいいじゃないかと考えました。

 岩政 ブラジルに渡る前から独学をすると決めていたのですか。

 柳川 そうです。だから高校の3年分の参考書と問題集を船便で送りました。当時はネットで本を買える時代ではなかったので、そうするしかありませんでした。1科目あたり複数の参考書と問題集を送ったので、何十冊にもなりました。

 岩政 当時から将来の職業を定めていましたか。

 柳川 これからは資格の時代だという親の勧めで、会計士を目標にしていました。だから簿記のテキストなどもブラジルに送って、高校の勉強の合間にやっていました。

 岩政 僕は両親が教師だったので、自分も自然に教師を目指しました。両親が教育論を戦わせているのに、憧れました。一般入試で東京学芸大学に入ったのは数学の教師になるためです。ところが大学サッカーでうまくいってしまったので、プロになり、日本代表に選ばれるまでになりました。プロになれるような選手でなかったのに、そこまでいけたのはなぜだろうと考えると、子どものころから自分で考えるクセがついていたからではないかという気がします。塾に行かず、自分で勉強の計画を立てて、独学に近いことをしていました。それが良かったのかなと思っています。柳川さんはどのように勉強の計画を立てていたのですか。

 柳川 定期的に試験があるわけではないので、この週はここまでやる、この月はここまでというきちっとしたスケジュールは決めていませんでした。緩い感じでやっていました。

 岩政 勉強の時間は決めていたのですか。

 柳川 何時から何時までは勉強とラフに決めましたが、あまり守りませんでした。独学のメリットはスケジュールを自分で決められることです。学校の授業とは違い、不得意なところに時間をかけて、得意なところはさっさと済ませてしまうことができます。そうやって自分に合わせてカスタマイズした方がいいと思います。あまりきちっと決めてしまうと、自分で自由にスケジュールを組み立てられる独学のメリットが失われます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

五輪関連コラム

サッカーコラム

スパイクを脱ぐ前に 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

村井チェアマン(右)の思想に迫る岩政

 サッカーの元日本代表、岩政大樹(35)が見聞を広めるために重ねている対談シリーズの4回目。人材ビジネスの世界からサッカー界に招かれたJリーグの村井満チェアマンの思想に迫った。 …続き (8/9)

柳川教授(左)と「学び」について語り合った

 サッカーの元日本代表CB、岩政大樹が各界の第一人者を訪ねて対談する連載の3回目。今回は高校に通わず、独学で経済学者になった東京大学大学院の柳川範之教授と「学び」について語り合った。 …続き (7/6)

為末氏(左)と対談し、岩政は「僕と考え方が似ている」と感じた

 J1鹿島アントラーズで数々のタイトル獲得に貢献した元日本代表CBの岩政大樹(35)が今季は関東社会人リーグ1部の東京ユナイテッドでプレーしている。と同時に引退後の道を定めるため、各界の第一人者のもと …続き (6/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]