アジア最新ニュースの掲載を始めました

from Nikkei Asian Review

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インド「米中2極」阻止に動く モディ外交 再始動

(1/2ページ)
2017/6/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 インドのモディ首相の外交が5月、半年のブランクを経て、再び始動した。歴訪先は西欧3カ国とロシア。内向きな政策を掲げる米国のトランプ大統領が登場し、世界の不確実性が強まるなか、「グローバル化」の逆行と、米国と中国による「新2極体制」の出現を阻止するための方途を探る旅だった。

 モディ氏の歴訪中、トランプ氏は「厳格すぎる」「他国が米国から資金的なメリットを得るための枠組みになっている」としてパリ協定か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

from Nikkei Asian Review 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

カンボジアのアンコールワット遺跡

カンボジアとミャンマー「遺跡観光」で手を握る

 ミャンマーとカンボジアが互いの遺跡都市の観光開発で連携する。ミャンマー中部のバガン、カンボジア北西部のアンコールワットという2つの遺跡を「1つの目的地」として一体的にアピール。両遺跡をつなぐ航空便の…続き (8/17)

アウン・サン・スー・チー国家顧問(中)は少数民族武装勢力との和平でも成果を示せていない(5月、ネピドーで開いた「21世紀のパンロン会議」)

改革進まぬミャンマー、「ミスター特区」抜てき

 経済の伸び悩みに苦悩するミャンマー政府が、テイン・セイン前政権で「ミスター特区」と呼ばれた実力派を要職に起用し、注目を集めている。計画・財務副大臣に任命したセ・アウン中央銀行副総裁は、ティラワ経済特…続き (8/10)

10万ルピア札を手にするBRIの行員(ジャカルタ)=小川望撮影

インドネシア、デノミためらう「苦い過去」 [有料会員限定]

 インドネシアの財務省や中央銀行でデノミ(通貨単位の切り下げ)を巡る議論が再燃している。20カ国・地域(G20)の主要国通貨に比べて「桁違い」に数が多い通貨ルピアの額面を現在の1000分の1にする案が…続き (7/31)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]