最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,702.63 -26.65
日経平均先物(円)
大取,17/09月
19,680 -50

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「スーパーサーズデー」をまとめると……

2017/6/9 12:33
共有
保存
印刷
その他

 欧州中央銀行(ECB)理事会とコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の証言、英国の総選挙が重なった8日。米大統領候補を選ぶ党員選挙が重なる「スーパーチューズデー」をもじり、木曜日だけにスーパーサーズデーと言われた。

 米ニューヨークで議論してきたファンドマネジャーたちと昨晩から今日にかけて、交流サイト(SNS)を通じてリアルタイムでフォローした。仲間内の率直なやりとりを紹介する。

 まず、ECB理事会について。「もう利上げなんて言わない。でも、経済が悪化すれば量的緩和の拡大はありうる」とのドラギ総裁からのメッセージだとの受け止めだった。

 コミ―氏の証言の発言要旨をまとめると「トランプ大統領が人払いして、良い仕事しているあなたにFBIは引き続き任せる。もろもろよろしく。私の気持ちは分かってるねと肩をたたかれた。違和感を覚え、会話記録メモを書き残すことにした。その後、唐突に私に仕事ぶりが良くないからクビとの発言を報道を通じ知った」ということ。結局は密室で言った言わないの水掛け論で、市場は「付き合っていられない」との反応だ。

 そして英国選挙。メイ首相は「解散」という余計なことをしたと悔いているのではないか。与党が議席を減らす可能性が強まっており、議席増による強固な支持基盤をテコに欧州連合(EU)からの離脱交渉に臨むとのもくろみは外れたようだ。

 「EUと離婚しても、お友達でいたい」との英国民の本音が透ける。市場の反応を見ても、保守党議席数減が決定的になった後、メイ首相がそれでも「辞任はしない」と語るや、ポンドがさらに急落したのだ。単一市場アクセスも絶つハードブレクジットを唱えるメイ首相が職に留まることに不安を感じていることが図らずも浮き彫りになった一幕であった。

 「昨年の国民投票でEUからの離脱に投票したが、早まった」と悔いている人たちが多かったことを感じさせる。残留派が盛り返した格好だが、時すでに遅し。市場は総じて冷ややかに受け止めており、懸念された悪い影響は軽微だ。ただ、今後に状況がこじれる可能性を残した。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版:日経BP社
価格:1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!