ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

工作機械、モジュール化で納期半分 シチズンマシナリー

2017/6/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 中国の需要回復などを背景に、好調な受注環境が続いている工作機械業界。その受注量をこなすことと、多様化や短納期化が進む顧客の要望にどう応えていくかが各社の課題だ。自動旋盤が主力の大手、シチズンマシナリーはモジュール(複合部品)設計や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した問題の洗い出しなどで、これに応えようとしている。

■顧客の要望多様化に柔軟対応

 本社工場(長野県御代田町)は今、月に1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

積水化学工業の武蔵工場の発泡炉は縦型のため、薄く平滑なシートができる(埼玉県蓮田市)

スマホ守るフォーム材、極薄0.06ミリの技 積水化学 [有料会員限定]

 薄型化しながら高性能化が進むスマートフォン(スマホ)。衝撃やホコリなどからスマホを守るのが、積水化学工業が手がける樹脂フォーム「XLIM(エクスリム)」だ。厚さ0.06ミリメートルという極薄のシート…続き (8/21)

セダンは寄居完成車工場(埼玉県寄居町)で生産する

個性磨いた新シビックでグローバル車開発改革 ホンダ [有料会員限定]

 ホンダは9月、世界販売の主力車種「シビック」を日本で発売する。国内では販売が低迷し2011年にラインアップから外したが、6年ぶりに復活する。今回投入する10代目はデザインなどで主要市場の米国の嗜好を…続き (8/14)

同じ形の機械はマーカーを付けて区別。タブレットで認識させると点検記録や動画の操作マニュアルなどが呼び出せる(愛知県東浦町)

カリモク家具がAR活用して設備保守 若手も独り立ち [有料会員限定]

 家具メーカーのカリモク家具(愛知県東浦町)は工場の製造設備の保守作業に拡張現実(AR)技術を活用したシステムを導入した。タブレットを機械にかざし、表示されたボタンを押すと稼働状況や操作マニュアルをす…続き (8/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月24日(木)

  • スーパーカーとロボットの技術に、ホンダが目指す「自律走行の未来」を見た
  • FacebookのWatchは、放送事業者の利益を奪うのか?:「動画予算は流動的だ」
  • 大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月24日付

2017年8月24日付

・アルミ合金、耐食性・強度の向上両立 芝浦工大、水蒸気で膜形成
・関電、ダムにたまる竹 パレット原料に
・日本紙パルプ商事、インドで古紙回収・販売
・JX金属、伸銅品を値上げ、IoTで需要増
・創薬VBのアンビシオン、がんの免疫治療 来年から治験へ…続き

[PR]

関連媒体サイト