IoT

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

匠の技を技術で継承、「アグリテック」でもうかる農業
AI&IoTビジネス最前線(1)三輪泰史 日本総合研究所

(1/2ページ)
2017/6/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経ビッグデータ

 「もうかる農業」の切り札として、ICT(情報通信技術)/IoT(モノのインターネット)、ロボット技術を活用した「AgriTech(アグリテック)」が注目されている。農業従事者の減少による労働力不足を補うとともに、働き方自体を変えようとしている。農業用ドローンのほか、自動運転農機や農業ロボットの本格的な市販が迫っている。

 近年、情報通信分野の技術革新を農業に活用した、AgriTechが注目を集めている(スマート農業、農業IoTとも呼ばれる。AgriTechの主な効果として、ノウハウの共有と効率化の2点が挙げられる。

■匠の眼・頭脳・手を代替

 AgriTechは、「匠の眼」「匠の頭脳」「匠の手」の3つに分類される(図1)。

図1 アグリテックがサポートする「匠の眼・頭脳・手」
画像の拡大

図1 アグリテックがサポートする「匠の眼・頭脳・手」

 「匠の眼」は、センサーやカメラなどによるデータ取得である。ドローンや人工衛星による圃場(ほじょう)のリモートセンシングや、農業ロボット搭載の糖度センサーなどが代表例だ。

 「匠の頭脳」は人工知能(AI)やビッグデータ解析による、匠の農家の技術・ノウハウの共有化である。例えば、気象データや作業履歴から収穫時期や収穫量を予測する「収穫予測システム」が実用化されている。

 「匠の手」の例として、自動運転農機、農業ロボット、植物工場などが挙げられる。「匠の頭脳」からの指令を受け、自動もしくは半自動で農作業を行う機器・設備である。

 国内の農業就業人口は減少の一途をたどるが、見方を変えれば1人当たり農地の増加というチャンスになる。

 効率的に付加価値の高い農産物を生産できるAgriTechは、日本の農業のV字回復の切り札である。具体的には、次の先進事例がある。

(1)農業用ドローン

 農業分野では、圃場情報の収集や種子散布などにドローンを活用する動きが進んでいる。ヘリコプターと比べて小回りが利き、操縦性、安全性に秀でている。ただし、ドローンの耐荷重は数kgから数十kg程度で、大量の農薬や肥料など重量物の散布には適さない機種が多い。

(2)自動運転農機

 トラクターやコンバインなどの農機の自動走行の実用化が進んでいる。既にGPS(全地球測位システム)による運転支援農機が商品化され、北海道を中心に急速に導入が進む。加えて、無人での自動運転農機も実用化が目前に迫っている(図2)。

図2 北海道を中心に、スマート農機の普及が急速に進んでいる
画像の拡大

図2 北海道を中心に、スマート農機の普及が急速に進んでいる

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

IoT 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図3 農業の知を集積した農業データプラットフォーム(写真:内閣府戦略的イノベーション創造プログラム)

匠の技を技術で継承、「アグリテック」でもうかる農業

 「もうかる農業」の切り札として、ICT(情報通信技術)/IoT(モノのインターネット)、ロボット技術を活用した「AgriTech(アグリテック)」が注目されている。農業従事者の減少による労働力不足を…続き (6/13)

図4 従来の成型システム。作業者が部材の巻き付けの状態を確認しながら進めていく。両端の貼り合わせの位置や重ね具合の微妙な調整に高いスキルが求められる

生産性2倍 ブリヂストン、新タイヤ成型でIoT駆使 [有料会員限定]

 ブリヂストンが国内工場の競争力強化に向け、同社のフラッグシップ工場である彦根工場(滋賀県彦根市)の品質向上と生産効率改善を加速させている(図1)。2016年に始まった競争力強化の取り組みは、2020…続き (3/6)

写真2 赤ちゃん用ウエアラブルデバイス「Mimo」(出典:米Rest Devices)

赤ちゃんがエアコン制御 快眠・健康はIoTで

 最近、赤ちゃん用に開発されたIoT(モノのインターネット化)製品やロボット製品を目にして、舌を巻くことが多くなった。赤ちゃんの生活がテクノロジーによって改善されようとしていることに、感心せずにいられ…続き (1/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト