Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

GPSでケガ減らす デジタルブラジャー、サッカーで拡大

(1/3ページ)
2017/6/26 6:30
共有
保存
印刷
その他

スポーツイノベーターズオンライン

 サッカーのブンデスリーガ、ボルシア・ドルトムントの香川真司選手や、プレミアリーグ、レスター・シティFCの岡崎慎司選手らが、“ブラジャー”のようなものを身に着けて練習している風景を見たことがある読者もいるだろう。

選手は、背中の部分にGPSデバイスを入れるポケットが付いたブラジャー型装具を身に着ける(写真:Catapult)
画像の拡大

選手は、背中の部分にGPSデバイスを入れるポケットが付いたブラジャー型装具を身に着ける(写真:Catapult)

 「デジタルブラジャー」とも言われるこの装具は、背中の部分にGPS(全地球測位システム)デバイスを固定するポケットが付いている。米国が運営するGPSを含むGNSS(測位衛星システム)や、加速度/角速度センサーなどを内蔵する背中のデバイスが、選手の体の動きを計測する。取得するデータは「走行距離」「走行スピード」のほか、「加速・減速」「体の傾き」、さらに地磁気センサーを搭載する場合は「方向転換」なども検出できる。

 このスポーツ向けGPSデバイスで市場をリードしているのが、オーストラリアのCatapult(カタパルト)である。同国が1976年のモントリオール五輪で金メダルの獲得がゼロと惨敗したことを受け、政府が1981年にオーストラリアスポーツ研究所(AIS)を設立。さらに1990年には産業発展などのための研究組織として共同リサーチセンター(CRC)が設立され、そこに在籍していた研究者が2006年に独立して同社を創業した。

 そのカタパルトが、企業買収などを通じて“スポーツセンシング”の領域で積極攻勢に出ている。2014年にスポーツ向けGPSデバイスで競合のオーストラリアGPSportsを買収したのに続き、2016年にはスポーツの映像解析サービスを手掛ける米XOS Digital(エクソス・デジタル)、さらに一般アスリート向けにGPSデバイスを販売するアイルランドPLAYERTEK(プレイヤーテック)も買収している。

■世界のビッグクラブも採用

 カタパルトの顧客は、既に世界で1000社以上に広がっている(買収したGPSportsなどの顧客を含む)。最も採用が進んでいる競技がサッカーだ。海外では冒頭のサッカークラブ以外に、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、チェルシーFC(英国)、レアル・マドリード(スペイン)など世界的なビッグクラブ、さらにはブラジル代表なども採用している。

カタパルトの「OptimEye S5」。GPSに加えて他のGNSSにも対応。加速度/角速度/地磁気センサーを内蔵する(写真:Catapult)
画像の拡大

カタパルトの「OptimEye S5」。GPSに加えて他のGNSSにも対応。加速度/角速度/地磁気センサーを内蔵する(写真:Catapult)

 国内では現在、Jリーグの11チームが採用。J1は柏レイソルや清水エスパルスなど4チームで、残りがJ2だ。J2のチームが多いのには理由がある。

 既にJ1チームの全スタジアムには、専用カメラを設置してピッチ全体を撮影し、選手・ボール・審判の動きをデータ化する「TRACAB(トラキャブ)」(米ChyronHego)というシステムが導入されている。しかし、J2チームのスタジアムにはそうしたシステムがない場合が多い。このため、「GPSデバイスによるセンシングのニーズは高い」と、カタパルトで日本やアジア市場の開拓を担当する、ビジネス開発マネージャーの斎藤兼氏は話す。

 2015年、FIFA(国際サッカー連盟)はGPSデバイスの試合での着用を認め、Jリーグでも2016年から試合での着用が許可された。もちろん、それ以前から練習で選手のデータを取得しているチームはあったが、試合と練習でのデータを比較したりすることが可能になった。それがサッカーで採用が多い理由の1つでもある。

 他競技に目を向けると、米国ではプロバスケットボールのNBA、プロアイスホッケーのNHL、プロアメリカンフットボールのNFLのチームなどが顧客となっている。国内ではラグビーのトップリーグに所属するチームや日本卓球協会などが採用している。

■ケガ人少ないチームが勝つ

 プロチームなどがGPSデバイスを導入する主な目的は2つある。「ケガのリスクを下げる」ことと、「試合に向けて選手のコンディションを管理する」ことである。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

4つの異なる角度から撮影した映像を同期して1画面に表示。フォームをさまざまな角度からチェックできる

スマホがカメラ役、マルチアングル映像に「お手軽革命」 [有料会員限定]

 スポーツの現場で、アスリートのフォームを映像でチェックするのは、アマチュアレベルでももはや“当たり前”になりつつある。トップアスリートのようにより上のレベルでは、それを「マルチアングル」で、つまり複…続き (8/15)

クラウドファンディングは中小企業などにとって有用だ

新製品開発に革命 クラウドファンディング、光と影 [有料会員限定]

 インターネット経由で不特定多数の個人(crowd)から資金を募る「クラウドファンディング(Crowdfunding:CF)。最近になって規模が大きくなってきたCFは、世界のベンチャー企業、そして大手…続き (8/9)

ソニーも活用クラウドファンディング、10億円調達続々 [有料会員限定]

 インターネット経由で不特定多数の個人(crowd)から資金を募る「クラウドファンディング(Crowdfunding:CF)」は、ベンチャー企業だけでなく大手メーカーにとっても、今後の新事業戦略の主要…続き (8/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない
  • 視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」―超音波で周囲を把握
  • タメ息ものの美しさ! 空撮カメラマンが撮ったフジロックの夜景ドローン写真

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト