The Economist

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

もはや企業規模で判断できぬデータ時代の独占

(1/3ページ)
2017/5/19 6:30
共有
保存
印刷
その他

The Economist

 グーグルなど「データの巨人」が小説『1984年』で描かれた管理社会をほうふつさせる世界を創り出している。大量のデータを武器に市場の動きを細かく把握。新興企業が参入できなくなる状態を危惧する声が出始めている。ただし、企業分割など、かつて同じく巨人だった石油会社に適用した手段は時代にそぐわない。新たな策が必要だ。

膨大な量のデータを持つ企業は競合他社を寄せ付けず、結果、巨大化を招くことになる=AP
画像の拡大

膨大な量のデータを持つ企業は競合他社を寄せ付けず、結果、巨大化を招くことになる=AP

 有用な製品・サービスが誕生すると、莫大な利益を生む産業が生まれ急成長する。すると、その産業を制した企業の拡大を止めようと規制当局が独占禁止を理由に介入する。1世紀前に問題となったのは石油だった。現在は、デジタル時代の石油ともいえるデータをめぐり同様の懸念が広がっている。米アルファベット(グーグルの親会社)、米アマゾン・ドット・コム、米アップル、米フェイスブック、米マイクロソフトなど「巨人」の勢いはとどまるところを知らない。

 この5社は世界で最大規模の時価総額を誇る上場企業であり、収益はうなぎ登りだ。2017年の第1四半期には5社合わせて250億ドル(2兆8200億円)以上の純利益を上げた。米国内でのオンラインサービスに支払われた金額のうち半分は、アマゾンが占めている。米国のデジタル広告市場が昨年拡大した分はほぼすべて、グーグルとフェイスブックの手に帰した。

 こうした寡占状態を受けて、デジタル市場の巨人たちを解体すべきという声も上がる。20世紀初めに米国の石油産業を牛耳ったスタンダード・オイルが分割されたように、である。

 本誌(英エコノミスト)はこういった極端な措置に対して異を唱えてきた。企業規模が大きいこと自体は罪ではない。デジタル企業の巨人たちが成功を収めることで消費者も恩恵を受けてきた。今やグーグルの検索エンジンやアマゾンの当日配送、フェイスブックが運用するニュースフィードのない生活を望む人はほとんどいないだろう。

 加えて、政府が独占禁止法に基づき通り一遍の調査を行っても、こうした企業をとがめることはできない。暴利をむさぼるどころか、そのサービスの大半は無料なのだから(実際にはユーザーは大量の個人情報を提供する形で代償を払っている)。

 だが不安材料はある。インターネット企業は利用者の情報を手中に収めることで強大な力を得ている。石油の時代に生まれた(企業規模でその価値を測る)競争の概念は、「データ経済」と呼ばれる、大量のデータが基盤となる経済においては時代遅れに映る。新たな物差しが必要だ。

■「量」は「質」に転じる

 石油時代と比べて何が変わったのか。スマートフォンとインターネットは膨大な量のデータを日々生み出している。これらがいつでもどこでも取得、利用できるようになり、従来とは比べものにならない価値を持つようになった。

 例えば私たちがジョギングしている時やテレビを見ている時、交通渋滞で動けない時でさえ、あらゆる行動が記録され、データ化される。腕時計から自動車まで多岐にわたるデバイスがネットとつながるにつれ、データの量は増える。自動運転のクルマは1秒当たり100ギガバイトのデータを生成するという試算もある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

The Economist 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ジョージ・ソロス氏(2013年、中国・海南島でのボーアオ・アジアフォーラム)

移ろう世界とソロス氏の憂鬱

 ティバダル・ソロス氏はナチス占領下のハンガリー・ブダペストに関する回顧録で、14歳の息子ジョージを含め仲間のユダヤ人に偽の身分証明書をいかに調達したか書いている。読むとこの親子が似ていることがわかる…続き (5/24)

膨大な量のデータを持つ企業は競合他社を寄せ付けず、結果、巨大化を招くことになる=AP

AP

もはや企業規模で判断できぬデータ時代の独占

 グーグルなど「データの巨人」が小説『1984年』で描かれた管理社会をほうふつさせる世界を創り出している。大量のデータを武器に市場の動きを細かく把握。新興企業が参入できなくなる状態を危惧する声が出始め…続き (5/19)

トランプ大統領 問われる存在価値

 トランプ米大統領が「首をはねよ」と命じる王のようにコミー米連邦捜査局(FBI)長官を突然、解任したことが憲政の危機につながるかはまだ断言できない。コミー氏の後任人事や、昨年の米大統領選へのロシアの関…続き (5/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/22の予定>
  • 【国内】
  • 4月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 5月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 西川自工会会長の記者会見(11:20)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 4月の主要コンビニエンス売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • EU総務理事会で英離脱交渉の「交渉指令」採択
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/23の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 3月と16年度平均の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 4月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(13:30)
  • 4月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • ソニー経営方針説明会
  • 【海外】
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(8:30)
  • 4月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 5月の独PMI速報値(16:30)
  • 5月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 5月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 4月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/24の予定>
  • 【国内】
  • 黒田日銀総裁とバーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(都内、09:00)
  • 3月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 5月の月例経済報告(内閣府)
  • 株主総会=良品計画、イオン
  • 【海外】
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • カナダ中銀が政策金利を発表(23:00)
  • 4月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、25日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/25の予定>
  • 【国内】
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が佐賀県金融経済懇談会であいさつ(佐賀市、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 4月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 3月期決算=明治安田生命、住友生命、日本生命(三井生命を含む)、富国生命、朝日生命
  • 株主総会=Jフロント、セブン&アイ(いずれも10:00開始)
  • 【海外】
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、3:00)
  • 石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事がパネル討議に参加(23:00)
  • インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/26の予定>
  • 閣議
  • 4月の全国・5月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • シャープの中期経営計画説明会
  • 主要7カ国(G7)首脳会議(イタリア・シチリア島、27日まで)
  • 4月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP、改定値、21:30)
  • 4月の米耐久財受注額(21:30)
  • 5月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]