VentureBeat

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

孫氏も出資 米VB、がん患者100万人の遺伝子解析

2017/5/18 6:30
共有
保存
印刷
その他

VentureBeat

 がん撲滅に向けて新たな取り組みを進めているスタートアップの米ガーダントヘルスが、ソフトバンクグループ子会社が主導する大規模な増資で3億6000万ドルを調達した。今回の増資にはセコイア・キャピタル、コースラ・ベンチャーズ、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズ、オービメッド・アドバイザーズ、8VC、Tロウ・プライス・インターナショナルが運用する「特定のファンドと口座」、そしてテマセク・ホールディングスなどが参加した。

■費用の高い生体検査なしで遺伝子解析

 ガーダントは2013年に設立。組織ではなく血液サンプルからがんを発見する非侵襲的(生体を傷つけない)検査手法の開発に取り組んでいる。この検査「ガーダント360」を使えば、患者は危険で費用の高い生体検査を受けずに済む。進行がんの患者に的を絞った治療を施したり、治験段階にある新薬を投じたりするのにも役立つ。

 ガーダントは1月に1億ドルを集めたシリーズDの資金調達など、既に約1億9000万ドルの出資を受けている。今回の資金調達では、5年以内にがん患者100万人以上の腫瘍の遺伝子を解析する計画を表明。同社はこのデータにより「がん治療の継続性の大きな進歩」が促され、早期のがん発見に向けた血液検査の開発が加速するとしている。

 「当社はがんの克服はビッグデータの問題だと確信しており、研究者はデータを切望している」。ガーダントの最高経営責任者(CEO)兼共同創業者のヘルミー・エルトーキー氏はこう力説する。「当社が世界で初めて総合リキッドバイオプシー(液体生検)を発売したのをきっかけに、がんのデータ収集が活発になった。当社の検査を指示した内科医や、腫瘍の遺伝子解析を受けた患者は全て、この複雑な病気への理解を深めることによって、今回のさらに大きなミッションに加わることになる。この野心的な5年間の取り組みにより、進歩のスピードを速め、がん治療の分野に待望のデータをもたらす」と意気込みを示した。

 世界保健機関(WHO)によると、がんは世界で2番目に死亡者数が多く、約6人に1人ががんで命を落としている。早期発見はがんが全身に広がるのを阻止できるため、患者の予後を大幅に改善することで知られている。ガーダントが非常に多くのベンチャーキャピタル(VC)の出資を引き付けているのはこのためだ。同社は人の命に極めて壊滅的な影響を及ぼしてきた病と闘っている。

 生命科学は総じて大手IT(情報技術)企業から多額の投資を呼び込んでいる。米アルファベット傘下の投資会社GV(旧グーグル・ベンチャーズ)はハイテク医療分野への豊富な投資経験を持つ。この数カ月だけでも「次世代」ワクチンの開発に取り組む英オックスフォード大学のスピンアウト、英スパイバイオテックに出資したほか、臨床試験を自宅で受けられる仕組みの開発を手掛ける米サイエンス37の2900万ドルの資金調達にも参加している。

 アルファベットはさらに、健康に特化したハイテク企業2社も傘下に抱えている。べリリー・ライフサイエンシズ(べリリー)はこのほど、ガーダントの今回の投資にも参加したテマセク・ホールディングスから8億ドルの出資を受けたと発表。ベリリーは「健康への理解を深め」病気を予防・管理するテクノロジーの構築を目標に掲げている。グーグルと(米アップル会長の)アーサー・D・レビンソン氏が13年に創業したカリコは、人間の寿命延長に特化したバイオテクノロジー研究機関だ。

 (米フェイスブックCEOの)マーク・ザッカーバーグ氏と妻のプリシラ・チャンさんは昨年、2人の子供たちが生きている間に「全ての病気」の予防、治療、管理を目指す30億ドルのプログラムを発表した。

 ガーダントの目標は、世界最大の死因の一つに歯止めをかけるという点で、人間の寿命を延ばそうとするこうした他の野心的な構想と同じだ。

 ガーダントとソフトバンクグループは資金調達に加え、ガーダントの既存の液体生検技術をアジアや中東、アフリカで商業化するため、新たな合弁会社を設立することを明らかにした。ソフトバンクグループの孫正義社長は「当社の出資を受け、既に刺激的な分野のリーダーであるガーダントは、あらゆるステージのがんの『ロゼッタストーン(謎を解く鍵)』になる」と述べている。

By Paul Sawers

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

VentureBeatをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ


【PR】

VentureBeat 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米アップル、サービス事業が急成長 iPhoneに次ぐ柱

 米アップルのサービス事業が爆発的な成長を遂げている。その理由は単純ではない。同社のルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は1日、2017年4~6月期の決算発表で、サービス事業の売上高が前年同期比2…続き (8/11)

(C)ESB Professional/Shutterstoc

Shutterstoc

広告ブロックソフト、人気の出すぎで墓穴を掘る

 どんなに暑い夏もいてつく冬になるように、広告ブロックツールがどれほど破竹の勢いで成長していても(2016年は前年比30%増)、やがてバナー広告が復活を果たすだろう。
 その理由を探ると、なぜ大半の人が…続き (8/4)

ソフトウエア関連の求人の割合が最も減った都市の例。シリコンバレーの中心地、カリフォルニア州サンノゼの割合が大きく下がった

Glassdoor

全米のソフト開発求人、シリコンバレーの比率低下

 ソフトウエア関連の新規雇用がシリコンバレー以外のIT(情報技術)企業の拠点で創出されるケースが増えている。シアトルやワシントンDC、デトロイト、テキサス州オースティンなどの都市ではこの5年間でこうし…続き (8/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 「Googleクビになったけど質問ある?」多様性問題のエンジニア、Redditに登場
  • マツダが内燃機関の進化にこだわりつつトヨタとも提携する理由
  • アマゾンの人工知能スピーカーは「盗聴器に早変わり」する―セキュリティ研究者が実証

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト