最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,099.75 -44.84
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,080 -10

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トランプ氏の情報漏えい疑惑に揺れる市場

2017/5/16 9:32
共有
保存
印刷
その他

 15日大引け後のニューヨーク市場に衝撃の情報が走り、大手金融機関のトレーディングルームも一時総立ちの光景が見られた。

 米紙ワシントン・ポスト、米紙ニューヨーク・タイムズがトランプ大統領の情報漏えい疑惑を報道したのだ。先週、ロシア外相訪問の際に過激派組織「イスラム国」(IS)関連の高度機密情報を共有したとのことだ。「私はすごい情報を持っている。毎日、情報の報告を受けている」と「自慢した」という。特に情報を提供したとみられる同盟国が、当該IS関連情報を得たIS地域内の都市名にまで言及したとされる。この報道が本当ならば同盟国の信頼を失うばかりではなく、ロシアがアサド政権と当該情報を共有すれば、情報ソースが危険にさらされる可能性がある。

 しかも、トランプ政権とロシアの関係を捜査中の米連邦捜査局(FBI)トップを解任したばかりのタイミングだ。

 トランプ政権側の反応だが、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は短い記者会見で「私はロシア外相との会談に同席していた。その報道は誤っている」と断言した。ティラーソン国務長官も当該情報の「ソースや方法や軍事行動」については言及されなかったとの声明を出している。

 しかし市場は疑心暗鬼になっており、トランプ政権に対する懸念は払しょくされない。

 今後の紛糾は必至ゆえ、市場が期待する経済政策に関する議論が、さらに滞ることになりそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版:日経BP社
価格:1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!