日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

がん治療・解体新書(2) 心不全薬で転移を防げる

(1/3ページ)
2017/5/16 6:30
共有
保存
印刷
その他

 「ドラッグリポジショニング」――。特定の疾患に有効な治療薬から別の疾患に有効な新たな薬効をみつけだすことを指す。例えば風邪薬を頭痛薬として処方するようなケースだ。このドラッグリポジショニングでがん治療に挑む動きが出てきた。今、最も注目される薬が「ハンプ」。心不全の治療薬だが、がん転移を防ぐ名薬に生まれ変わろうとしている。

がん治療の研究をする国立循環器病研究センター研究所の野尻崇氏(大阪府吹田市)
画像の拡大

がん治療の研究をする国立循環器病研究センター研究所の野尻崇氏(大阪府吹田市)

 「がん転移の抑制剤なんて最初は誰も信じてくれなかった。しかも、それがあの『ハンプ』なんだから」

 こう語る医師、野尻崇氏の経歴ほどハンプを雄弁に説明しているものはない。元は心臓外科医、そして今は肺がん外科医。大阪府吹田市にある国立循環器病研究センター研究所のペプチド創薬研究所室長として、がん転移を防ぐ薬の研究に没頭する。

■3年で実用化も

 野尻氏が話す心不全の薬「ハンプ」とは、第一三共が販売する薬の商品名だ。第一三共に吸収されたサントリー医薬事業部が1984年に創製し、95年に医薬品として登場した。心臓が分泌するタンパク質の一種をつかった薬で、血管を広げて心臓の負担を減らす作用があるため心不全の治療に使われてきた。

 そんな薬が、がんの転移を防ぐとして、にわかに注目を浴びている。肺がん手術時にハンプを投与する臨床試験が国家プロジェクトとして行われており、順調に行けばあと3年で結果が出る。

 これまで154人の患者で試したデータが野尻氏の手元にある。肺がんの手術をする際にハンプを投与しなかった77人は、2年間でがんが転移再発しなかった確率が67%だった。しかしハンプを投与した77人は91%に向上した。投与した方では明らかに再発が少なかったのだ。

 「ハンプは世界初のがん転移予防薬になる」。そう意気込むが、そもそもがんと縁遠い心臓外科医の野尻氏がなぜ、このような研究を行っているのか。そしてなぜハンプはがんの転移を防ぐのか。

 野尻氏が心臓外科医として大阪大学医学部付属病院に勤務していた2001年ごろ、一部の心臓外科医の間では、心臓手術後の心不全を予防する目的でハンプが使われていた。野尻氏も先輩にならって術後にハンプを患者に投与していた。

 06年のある日、大学病院の医局から、国立病院機構刀根山病院(大阪府)への異動を命ぜられる。異動先での仕事はなんと、心臓ではなく肺がんの手術だった。野尻氏の心臓外科医としてのキャリアは中断した。

 「心臓病に強い肺がん医になれればいいか」。ある時、肺がんの手術ではハンプを使わないことに気づく。そして肺がん術後でも心臓に負担がかかり、不整脈などが起きることもわかってきた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

石崎はCAR―Tを使った固形がんの治療薬開発を目指す(東京・中央、本社)

臓器内でがん細胞の索敵助ける友軍
 がん治療解体新書 第2部(3)

 完全寛解率90%。CAR―T治療の衝撃の実力だ。だが、その数字は急性リンパ性白血病など一部の血液がんを対象にした場合。まだまだ不治の病を制したと言える状況にはない。肺がんや大腸がんなど患者数の多い固…続き (7/21)

楡周平 小説家

満点人間から創造は生まれない・小説家の楡周平氏

 楡周平氏(59)はテレビドラマにもなった「再生巨流」に始まる物流3部作のほか、大企業の衰退を描いた作品など様々な経済小説を著してきた。そこには米イーストマン・コダック時代の経験が反映されている。話で…続き (7/21)

ちょっと紹介 明日(21日)の紙面

■コーセー 「いいね」呼ぶ原石、手中に
 日経産業新聞の明日(21日)の紙面を紹介。成熟する化粧品業界で長く3位の座にあったコーセーが躍進しています。売り上げは3年で4割伸び、直近の営業利益は業界首位の…続き (7/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<7/17の予定>
  • 海の日
  • 4~6月期の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 6月の中国工業生産高(11:00)
  • 6月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~6月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~6月の中国不動産開発投資(11:00)
  • 7月のニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外4~6月期決算=ブラックロック、ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/18の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 6月と1~6月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 3~5月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 6月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(4日開催分、10:30)
  • 6月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 6月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 7月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 5月の対米証券投資(19日5:00)
  • 海外4~6月期決算=ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ユナイテッドヘルス・グループ、IBM
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/19の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合(20日まで)
  • 7月の月例経済報告(内閣府)
  • 7月のQUICK短観(8:30)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(14:30)
  • 6月の訪日外国人客数(JNTO、16:00)
  • 4~6月の訪日外国人消費動向調査(観光庁、16:00)
  • 日商の夏季政策懇談会
  • 三村日商会頭の記者会見
  • 東証マザーズ上場=ユニフォームネクスト
  • 【海外】
  • 5月の対米証券投資(5:00)
  • 6月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 米中包括経済対話(ワシントン)
  • 6月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 4~6月期決算=モルガン・スタンレー、クアルコム、アメリカン・エキスプレス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/20の予定>
  • 【国内】
  • 6月と1~6月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀)
  • 黒田日銀総裁が記者会見(15:30)
  • ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」
  • 6月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 4~6月期決算=安川電
  • 東証2部上場=ジェイ・エス・ビー
  • 東証ジャスダック上場=クロスフォー
  • 【海外】
  • 6月の豪雇用統計(10:30)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 6月の英小売売上高(17:30)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表(20:45)
  • ドラギECB総裁が記者会見(21:30)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 7月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 4~6月期決算=トラベラーズ、イーベイ、ビザ、マイクロソフト
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/21の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 5月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 橋本生保協新会長が記者会見(16:00)
  • 経団連の夏季フォーラム
  • 榊原経団連会長の記者会見
  • 6月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 6月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 4~6月期決算=東京製鉄、ジャフコ、光世
  • 【海外】
  • 4~6月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、ハネウェル・インターナショナル
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]