勝負はこれから

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

楽天・梨田監督、大胆な采配の裏にある細心
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2017/5/16 6:30
共有
保存
印刷
その他

 カルロス・ペゲーロを2番に据えたオーダーや、銀次の二塁起用など大胆な采配で楽天を波に乗せた梨田昌孝監督(63)。用兵的中の背景には選手心理の読みの深さがあるようだ。

 気配りの細やかさがうかがえたのが、7日の西武戦(メットライフドーム)。昨年までの所属チームを相手に先発した岸孝之に、同一リーグ内での移籍となったこともあり、ブーイングも浴びせられた。その激しさはいかに岸が西武ファンに愛されていたかを示すものでもあったが、移籍選手にとってはまず乗り越えねばならない“壁”となった。

「続投」判断した要因探ると…

7日の西武戦で2勝目を挙げ、梨田監督(左)と握手する岸=共同

7日の西武戦で2勝目を挙げ、梨田監督(左)と握手する岸=共同

 3―0で迎えた七回。岸は中村剛也、エルネスト・メヒアに連続本塁打を浴び、1点差に迫られた。2死後、安打と盗塁で1打同点のピンチを招いた。

 球数は100を超えていた。勝ちパターンの継投が確立されている今季の楽天ならば、ここで交代させる手もあったが、梨田監督は続投の判断を下した。

 「イニングを全うしてほしかった。(回の途中で)ひきずりおろされる格好になってはね」

 今は敵地となった球場のブーイングのなか、岸を途中降板させては相手を勢いづかせるし、何より、本人のプライドが傷つく恐れがあった。西武相手にすっきりした形で勝利を挙げることが「楽天の岸」の大事な一歩になるという判断もあったことだろう。「自分なら、あそこで降りたくはない」という与田剛投手コーチの意見と梨田監督の考えは一致していた。

 岸は8番、木村文紀にフルカウントまで粘られたものの、捕飛に打ち取り、七回を完了。ゆったりとマウンドを降り、勝ち投手になった。同点までは岸で行く、と腹をくくった采配が生きた。

 昨年のキャンプのときの話。楽天が新外国人としてジャフェット・アマダーの獲得を検討している、という報道があった。喜ぶより先に、梨田監督はゼラス・ウィーラーのことを心配した。「外国人はこういう情報に敏感だからね」

 2015年に加入したウィーラーは日本の野球への適応に手間取ったが、シーズン後半からじわじわと実力を発揮。16年シーズンも欠かせない戦力と見込んでいた。外国人枠の問題もあり、新たな外国人の獲得はウィーラーのやる気を損なう方向に作用する恐れもないわけではなかった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

楽天イーグルス岸孝之梨田昌孝与田剛嶋基宏

プロ野球コラム

勝負はこれから 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

試合前に森さんの死を悼み、黙とうする辻監督(左端)ら西武ナイン=共同共同

 現役コーチのまま、6月28日、42歳の若さで急逝した西武・森慎二さん。中継ぎのタイトルを獲得した現役時代から、ブルペン待機の投手陣の調整・準備に当たっていた現在まで、短すぎた人生のすべては投手陣の黒 …続き (7/11)

中継ぎでの試練を経て、広島・大瀬良が大器の片りんを見せている=共同共同

 先発に復帰した広島・大瀬良大地(26)が、大器の本領を発揮し始めた。おおらかな人柄が、投球の詰めの甘さにつながっていたようにもみえたが、今季は違う。2年にわたる中継ぎでの試練が生きたのだろうか。
 九 …続き (6/27)

八回に逆転打を放ちベンチに向かってガッツポーズする中田=共同共同

 2番に最強の打者を置く打順編成も目立つ昨今、3番だ、4番だと騒ぐところではないのだろうが、日本ハム・中田翔(28)に限ってはそうもいかない。4番といえばこの人、というくらい中心打者の伝統的なイメージ …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]