イチロー フィールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イチローの打撃の神髄、ゼロコンマ何秒の世界(前編)
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2017/5/15 6:30
共有
保存
印刷
その他

 この春のこと。米大リーグ、アストロズがバットにICチップを入れることを選手らに提案したと、友人記者が教えてくれた。最終的には撤回したらしいが、彼らはそのチップでいったい、どんなデータを得ようとしたのか。

イチローのスイングスピードは15年と比べると16年は速くなった=AP

イチローのスイングスピードは15年と比べると16年は速くなった=AP

 13日現在、大リーグ最高勝率を誇るアストロズは、統計分析を駆使したセイバーメトリクスとはまた違った数値の活用に力を入れている。例えば、投手が投げる球の回転数、打者のスイングスピードといった数値で、ICチップの話もオーソドックスに考えれば、スイングスピードを測って何かに生かそうというのだろうが、果たして――。

 同じ頃、マーリンズのイチローの2015年と16年のスイングスピードの変化を紹介した。15年、最も速い4シームに対する平均スイングスピードは56.4マイル。昨年は58.5マイル。その差は2.1マイル(3.36キロ)。上がっているのである。

打撃には心の状態も影響か

 とはいえ、これでは間口が広すぎて、成績とどう関連しているのか手がかりさえつかめない。もう少しかみ砕いて、15年4月1日から17年5月10日まで、10日ごとのスイングスピードの平均値を調べてみた。

 利用したのは前回同様、大リーグの全球場に設置され、投手のリリースポイントやボールの回転数、打者のスイングスピード、打ち出し角度などを瞬時にはじき出す「STATCAST」というシステムで得られたデータを検索できる「Baseball Savant」というウェブサイトだ。かなり詳細な数字がはじき出せるが、それでも4シームに対する全スイングスピードが調べられるわけではない。あくまでも4シームを打ってグラウンド内に飛んだ場合のみの値となるが、結果はグラフのようになった。

 見た目でも顕著なのが15年と比べた場合の16年のスイングスピードの速さ。

 15年は10日のスパンで見た場合、平均値が60マイルを超えたのは2回しかないが、昨年は8回もある。7月は1カ月通して60マイルを超えた。その間、その4シームを打った場合に限っての話だが、11打数5安打(4割5分5厘)という高打率になっている。

 ただあのとき、昨年7月の月間打率そのものは2割5分にとどまった。振り返れば、ちょうど大リーグ通算3000安打へのカウントダウンが始まっており、普段の精神状態を保つことが難しかった時期ではなかったか。イチローも記録達成後、こう心境を吐露した。

 「人に会いたくない時間もたくさんありましたね。誰にも会いたくない、しゃべりたくない。僕はこれまで自分の感情をなるべく殺してプレーをしてきたつもりなんですけれど、なかなかそれもうまくいかず、苦しい時間でしたね」

 スイングスピードを見てもわかるように体の状態は悪くない。しかし、心が乱れれば、全体としてバランスを欠くということか。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

大リーグコラム

イチロー フィールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イチローは先発出場の機会が少なく、打撃にも影響しているようだ=USA TODAYUSA TODAY

 昔、宿題か何かで、サイコロの目の出る確率を調べたことがある。最初に振れば振るほど、それぞれの目の出る確率が6分の1に近づくことを教えられ、その証明を試みたわけだが、100回も振ると飽きてしまった。た …続き (7/10)

イチローの去就にも影響は避けられない=APAP

 昨年11月25日にキューバ革命を主導したフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去したとき、キューバ移民が多く住む米マイアミのリトルハバナではお祭り騒ぎとなり、その様子が繰り返しテレビで流れた。
 今年 …続き (6/26)

イチローにとってその60センチは何を意味するのか=USA TODAYUSA TODAY

 50エーカー(約20万2300平方メートル)と聞いても、土地の広さを具体的に想像することは難しい。しかし、東京ドーム約4.3個分と補足されると、なんとなくその大きさが把握できる。大リーグでもその数字 …続き (6/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]