トップ > 特集 > 関西発 > 社会 > 記事

関西発

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「関西発」ニュースをツイッターでも配信しています

核融合の夢 レゴで鼓舞 京都大(キャンパス新景)

2017/5/13 14:30
共有
保存
印刷
その他

国際熱核融合実験炉をレゴブロックで再現した模型(京都府宇治市の京都大エネルギー理工学研究所)
画像の拡大

国際熱核融合実験炉をレゴブロックで再現した模型(京都府宇治市の京都大エネルギー理工学研究所)

 まるでゲームの一場面から出てきたかのよう。京都大宇治キャンパス(京都府宇治市)の研究室の一角に、赤、青、黄色とカラフルなレゴブロックで作られた複雑な物体がある。

 「世界のエネルギー問題を解決する切り札かも」。エネルギー理工学研究所の大学院生、八尾栄彰さん(23)は目を輝かせる。幅76センチ、高さ45センチ。フランスで建設中の「国際熱核融合実験炉(ITER、イーター)」の40分の1の模型だ。

 製作したのは大学院生ら8人からなる「京大レゴ部」。「建設が遅れがちな現場を鼓舞しようと」(八尾さん)今年3月、メンバーがフランスのイーター機構本部まで出向き、現地でも4日間かけて実演製作した。今でも本部玄関に飾られているという。

 イーターは太陽で起きているのと同じ「核融合」反応を利用し、身近な燃料で大きなエネルギーを生み出すとされる。レゴ部初代部長の笠田竜太准教授は「原子力とは違うが知らない人も多い。レゴなら子供にも興味を持ってもらえる」と話す。

 「学者でなく、単なるレゴ好きでもない僕らにしかできないこと」(八尾さん)。担当教官の小西哲之教授も「学生の奇抜な発想を応援したい。面白い取り組みだ」と太鼓判を押す。

 関西2府4県には148の大学があり約59万人の学生が通う。キャンパスの今をリポートする。=土曜掲載

関西発をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

栄彰核融合レゴ笠田竜太小西哲之キャンパス京都大学

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報