日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

出版物流、荷物減っても配送負担が増す理由

2017/5/5 6:30
共有
保存
印刷
その他

 荷物が増えすぎて運びきれなくなっているのが宅配だ。一方、荷物が減っているのに、人手不足に陥っている物流の現場もある。書籍や雑誌などの出版物流だ。その深刻さは、出版取次最大手の日本出版販売(日販)と2位のトーハンが大都市での出版物の共同配送を決めたことにも表れている。一体、何が起きているのか。深夜の配送の現場に記者が同行した。

「今は1回ですべての雑誌を運ぶことができる」と小島さんは語る
画像の拡大

「今は1回ですべての雑誌を運ぶことができる」と小島さんは語る

 「雑誌の数が少なくなりましたね」。出版物流を取次会社から請け負っているライオン運輸(東京・墨田)の運転手、小島信孝さんはトラックに乗り込んだ。小島さんはハンドルを握って14年目。都内のコンビニエンスストア約80店に雑誌を運ぶのが仕事だ。

 以前は運ぶ雑誌の量が多かったため、トラックに全部を積み込めなかった。数回に分けて運ばなければならず、積み込む手間と時間もかかっていた。だが「今は1回ですべての雑誌を運ぶことができる」(小島さん)。

 「楽になっているのではないか」。記者の思いをよそに小島さんはエンジンのキーを回し、午後11時にライオン運輸の物流拠点を出発した。

 この日は雨が降っていた。小島さんは慎重にトラックを運転し、最初の配達先のコンビニに到着した。「おはようございます」と言いながら雑誌の束を店頭に置き、代わりに売れ残った雑誌を引き取る。店員に確認の印を押してもらい次のコンビニへ向かう。

 数軒回ったところで小島さんの仕事の大変さがわかってきた。レジにお客が並んでいる店では、確認印をもらうために待たなければいけない。繁華街では、店の前に駐車ができず、数百メートル離れた場所から雑誌を運ぶ必要がある。平均すると1店につき5分程度かかる。

 この5分という時間は雑誌の量の多寡にそれほど影響を受けない。小島さんの負担になっているのは、配達先のコンビニの数が増えていることだ。「10年前は回る店舗数も少なくて休憩を取る時間もありました。今はどれだけ急いでも時間は足りません」

 小島さんは「担当地域のコンビニや書店の場所と道順はすべて覚えている」という。約80店をどのようにたどればムダがないのかを自分で考えており、記者が同行した日もカーナビゲーションを見ずに進んで行った。それでもすべてのコンビニを回り終えたのは、翌日の朝5時半だった。

 2001年度には約4万店だった全国のコンビニの店舗数は、今では6万店に迫りつつある。小島さんのような運転手にとって、仕事の負担は年々高まっている。

 運ぶ荷物の量も増えていれば、物流会社が受け取る配送費が増え、運転手の待遇も改善する。だが、電子化で紙の雑誌の需要は減る一方。ライオン運輸社長で、東京都トラック協会出版部会長でもある滝沢賢司さんは「同じ運賃をもらうために運転手が運ぶ時間は10年前に比べて2~4時間増えている」と語る。

 「これじゃ食べていけない」。都内の運送会社の社長はこう語った。この会社は7年間赤字が続いたため、16年に出版配送から手を引いた。車庫があった場所はマンションになった。

 10年前はトラック1台で1日6万円分の出版物を運ぶこともあったが、最近では1万5千円まで落ちていたという。そこから運転手や事務員の人件費、トラックの燃料費などを払わなければいけない。「運べば運ぶほど赤字が出る」

 仕事は大変になっているのに運賃が下がるという二重苦。これでは運転手を集めるのは難しい。トーハンの川上浩明専務は「待ったなしの状態。1~2年で物流問題を解決しなければ出版物を読者に届けられなくなる」と危機感を示す。

 こうした事態に対応するため、日販とトーハンは2年以内に共同配送を始める。首都圏と関西圏が最初の対象地域になる見込み。現時点では、日販がローソンファミリーマート、トーハンがセブン―イレブンといったように、別々に運んでいる。共同配送にすれば、10時間かかっているところを8時間にできる。

 配送休止日の増加にも取り組む。日本雑誌協会と協議、16年には年5日だった土曜日の休配日を、17年には13日にする。出版社には痛手だが、日販の安西浩和専務は「物流問題は我々取次だけでは解決できない。出版業界全体の問題として取り組まなければ大変なことになる」と語り、出版社に協力を求めている。

 コンビニに行けば最新号の雑誌がいつでも買えるという利便性の裏で進んでいた問題。配送の効率化だけでなく、物流のコストをどう負担するのかという議論も必要だ。

画像の拡大

 出版配送の小口化は急速に進んでいる。出版科学研究所(東京・新宿)によると、16年の出版物販売額は1兆4709億円で12年連続で前年実績を下回った。16年の書店の店舗数は1万3041店で07年から2割強減少したが、コンビニの店舗数は5万5636店。10年間で運ぶ荷物は3割減る一方で、配達先の数は2割増えている。

 本の売り上げのうち、出版社と著者が約7割、書店が2割強、残りの1割弱が取次の取り分になると言われている。取次が配送業者に払う運賃は、配送先の数や運送距離ではなく、運ぶ本の量で決まるのが一般的だ。

 荷物が少なくなるなかで配達先や距離が増えれば、運送業者は収入が減る中で従業員に長時間働いてもらわなければならなくなる。荷物の増加に悩む宅配便とは異なった危機がある。

(大阪経済部 荒尾智洋)

[日経産業新聞 5月5日付]

「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コーセー、営業益トップの立役者「タルト」とは [有料会員限定]

 成熟する化粧品業界で長く3位の座にあったコーセーが躍進している。売り上げは3年で4割伸び、直近の営業利益は業界首位の資生堂を上回った。最大の原動力は2014年に買収した米ブランド「タルト」だ。日本で…続き (7/21)

石崎はCAR―Tを使った固形がんの治療薬開発を目指す(東京・中央、本社)

臓器内でがん細胞の索敵助ける友軍
 がん治療解体新書 第2部(3)

 完全寛解率90%。CAR―T治療の衝撃の実力だ。だが、その数字は急性リンパ性白血病など一部の血液がんを対象にした場合。まだまだ不治の病を制したと言える状況にはない。肺がんや大腸がんなど患者数の多い固…続き (7/21)

楡周平 小説家

満点人間から創造は生まれない・小説家の楡周平氏

 楡周平氏(59)はテレビドラマにもなった「再生巨流」に始まる物流3部作のほか、大企業の衰退を描いた作品など様々な経済小説を著してきた。そこには米イーストマン・コダック時代の経験が反映されている。話で…続き (7/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

7/23 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<7/17の予定>
  • 海の日
  • 4~6月期の中国国内総生産(GDP、11:00)
  • 6月の中国工業生産高(11:00)
  • 6月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~6月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~6月の中国不動産開発投資(11:00)
  • 7月のニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 海外4~6月期決算=ブラックロック、ネットフリックス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/18の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 6月と1~6月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 3~5月期決算=東宝
  • 【海外】
  • 6月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(4日開催分、10:30)
  • 6月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • 6月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 7月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 5月の対米証券投資(19日5:00)
  • 海外4~6月期決算=ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ユナイテッドヘルス・グループ、IBM
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/19の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合(20日まで)
  • 7月の月例経済報告(内閣府)
  • 7月のQUICK短観(8:30)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 鈴木日証協会長の記者会見(14:30)
  • 6月の訪日外国人客数(JNTO、16:00)
  • 4~6月の訪日外国人消費動向調査(観光庁、16:00)
  • 日商の夏季政策懇談会
  • 三村日商会頭の記者会見
  • 東証マザーズ上場=ユニフォームネクスト
  • 【海外】
  • 5月の対米証券投資(5:00)
  • 6月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 米中包括経済対話(ワシントン)
  • 6月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 4~6月期決算=モルガン・スタンレー、クアルコム、アメリカン・エキスプレス
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/20の予定>
  • 【国内】
  • 6月と1~6月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の結果発表
  • 7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀)
  • 黒田日銀総裁が記者会見(15:30)
  • ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」
  • 6月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 4~6月期決算=安川電
  • 東証2部上場=ジェイ・エス・ビー
  • 東証ジャスダック上場=クロスフォー
  • 【海外】
  • 6月の豪雇用統計(10:30)
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 6月の英小売売上高(17:30)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表(20:45)
  • ドラギECB総裁が記者会見(21:30)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 7月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 4~6月期決算=トラベラーズ、イーベイ、ビザ、マイクロソフト
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<7/21の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 5月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 橋本生保協新会長が記者会見(16:00)
  • 経団連の夏季フォーラム
  • 榊原経団連会長の記者会見
  • 6月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 6月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 4~6月期決算=東京製鉄、ジャフコ、光世
  • 【海外】
  • 4~6月期決算=ゼネラル・エレクトリック(GE)、ハネウェル・インターナショナル
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]