5/23 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,653.96 -24.32
日経平均先物(円)
大取,17/06月
19,670 ±0

[PR]

相場師列伝

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

武貞岩次郎氏 サヤ取り主体、時には思惑
市場経済研究所代表 鍋島高明

2017/5/20 5:30
共有
保存
印刷
その他

 大正時代の大阪堂島米穀市場はさまざまな仕手が登場しては、消えていった。腕と勢いで相場を張りまくった連中の没落は早かった。その点で武貞岩次郎は常にソロバンを重視し手堅い商いをモットーとした。大阪今日新聞が書いている。

 「君はいかなる場合においても、いかなることをなすにも、ソロバンのけたを外さない。つまり算数に長けているのである。数理的頭脳が明敏であるのだ。それでいて肝っ玉が大きく、度胸がすわっているのだから商人として市場人として間然するところがない」(光末磯市著「市場の人」)

 武貞岩次郎は広島の人、兄が営む米穀仲買を手伝ったのち、神戸に来た。福山物産の神戸出張員となり、昼間は米穀商いに励み、夜は勉学に努めた。

 やがて中堅米穀商川西商店に転じ磨きがかかる。岩次郎が米穀界で名を成す第一歩はこの川西商店で力量を認められたことだ。そして徳川時代から300年の歴史を誇る米穀問屋・合資会社武貞商店主に見込まれて入籍する。福山物産→川西商店→武貞商店と三段とびである。夫人となるのは川西商店の娘というから、やはり川西商店時代の働きぶりのたまもので兵庫正米市場屈指の老舗を取り仕切ることになる。

 岩次郎は国産現物米を中心に置きながらも外米も扱い、これのヘッジ(かけつなぎ)のため堂島に仲買店を開いた。それは欧州大戦景気のピークに当たる大正8年のことだ。同10年、横堀将軍・石井定七の買い占めにあって苦しんだこともあるが、岩次郎はしだいに堂島でも存在感を高めていく。

 大阪毎夕新聞の岡村周量記者はその著「黄金の渦巻へ」の中で武貞の生き方をこう評している。

 「彼は取引員の商売を実業化して産を成し今日に至った。彼が数字上の日歩稼ぎの妙を得たのを評し、仲買(取引員)というよりむしろ銀行家に近いと言った者があったが、武貞君はみずから言う。『まじめにさえやっておれば、年に2万円、3万円の金は必ず残るのだからいい商売ですよ』と。まことにその言のごとし。田中金次郎、磯崎精一君らとともに武貞商店は堂島でも一番手堅い。そして、君の人物は温厚謹厳にして福相円満この上もない」

 仲買というリスクの大きい仕事を実業化し銀行家に近いと評されるのは、現物市場と先物市場をまたにかけてのサヤ取り、また先物市場における限月間のサヤ取りなどに重点を置くからであろう。しかし、ただ堅いだけではない。欧州大戦下、ふすま(飼料)の大思惑で大もうけした。その勢いで堂島へ進出を果たしたことはよく知られている。前出の「市場の人」にも武貞の戦法が記されている。

 「正米畑の骨っぽい注文が阪神各地から入り込んでくる。正米との採算において時にどきっとするような自己玉も張る。当月限で米を渡したり、受けたりすることを毎月の恒例とするのは君の店だけである。したがって日常の商いに少しもソワソワしたところがない。どっしりとした重みと執ようなねばり強さがあり、相場の騰落に響くことがはなはだ大きい。堅い店、確かな店として一流に位するとともに君には隠然たる勢力があり、威望がある」

 しかし、武貞はタイプとしては陽性というより陰性で、陣頭に立つことを避けた。また人と交遊することが苦手だった。武貞の周りは華やかさがない代わりに誠実な空気が常に流れていた。=敬称略

信条
・外米通として堂島では有数の人、手堅いことでは三本の指に入る
・取引員の商売を実業化した(岡村周量)
・若いころ野心にかられてやりまくり、こと志に反し、ピストルをのどに当てるほど悩んだことがのちの発奮につながった(光末磯市)

( たけさだ いわじろう 生没年不詳  )
 広島県出身、尾道中学を中退、福山で正米商・八杉仲買店を営む兄を助けた。のち福山物産の神戸出張員として神戸に出て米穀商いに従事、のち川西商店に転じ、ここでの働きぶりを見込まれた老舗の武貞商店の養子となり、同社の采配をふるうとともに大阪堂島の米穀仲買人の資格をとり、ヘッジ機関として積極活用する。営業手法はサヤ取り中心だが、時に思惑もやり、欧州大戦下、ふすまの思惑で巨利を占めた。
(写真は明治40年当時の大阪堂島米穀取引所、宮本又次著「大阪商人太平記」より)

相場師列伝をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

相場師列伝 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新着記事一覧

読まれたコラム