スパイクを脱ぐ前に

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

J2岡山代表「クラブ運営、ルール決めず」
サッカー元日本代表・岩政大樹が聞く

(1/4ページ)
2017/5/3 6:30
共有
保存
印刷
その他

 J1鹿島アントラーズ、J2ファジアーノ岡山で活躍してきた元日本代表CBの岩政大樹(35)がJリーグ参入を目指す関東社会人リーグ1部の東京ユナイテッドに新天地を求めた。指導とプレーの傍ら、引退後のために各界のリーダーのもとに足を運び、見聞を広げようとしている。まずは、昨季まで所属したファジアーノ岡山の木村正明代表取締役の話に耳を傾けた。

 岩政 東京ユナイテッドの他の選手は仕事をしながらプレーしています。彼らが働いている間に、僕も何か違うことができるだろうと考えました。引退後、どういう道に進むべきかは固まっていませんが、見聞を広げておく必要があると思っています。

J2岡山の木村代表(右)の話にじっくり耳を傾ける

J2岡山の木村代表(右)の話にじっくり耳を傾ける

 木村 次のステップのためにはサッカー以外の時間の使い方が大事だと思います。岩政くんがいろんな人に会うことは日本サッカー界のためになる。

 岩政 昔の話から聞かせてください。東京大学を卒業し、なぜ就職先にゴールドマン・サックス証券を選んだのですか。

 木村 世の中で一番すごい人間に会いたいというのが動機です。岡山で育ち、東京にはどんなやつがいるんだろうと思って東大に進みました。そして、今度は世界にはもっとすごいやつがいるだろうと考えました。

 岩政 世界を知りたいというのがスタートですか。

 木村 ゴールドマン・サックスでは東京の職場でもニューヨークでも毎日が刺激的でした。39人の同期の中で日本人は僕だけです。みんな、ありえないくらい頭がよくて、しかも人間力が高かった。

価値観合わない人間にも敬意

 岩政 価値観の違う人間の集まりですね。

 木村 彼らは考え方、価値観が合わない人間にも敬意を払い、人として認め、評価する。そこが日本人にないところだと思いました。意見がぶつかっても、相手と正面から向き合い、リスペクトし、相手の側に立って話を聞きます。だから「そのとき、苦しくなかった?」「こういうところが大変だったんじゃない?」という言葉が出てくる。異なる言語、文化、宗教の人間と向き合ってきているから、そういう対話になるのかもしれません。

 岩政 2014年に文化の違うタイリーグでプレーしたことで自分の幅が広がったと思います。タイで起きたことを日本人に話すと、タイの文化、歴史、価値観、タイ人が生きてきた背景を考えず、自分に置き換えて評価しようとします。日本は島国なので、日本人はどうしても別の国で暮らす相手の立場で物事を考えづらいのかもしれません。僕は若手選手と話をするとき、その点に気をつけています。なぜ、いまミスをしたのか。「自分だったら、そうしたミスはしない」と片づけてしまうのは、相手の事情、背景に頭を巡らせていないからです。それではミスの原因がわからないし、問題の解決になりません。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカーコラム

スパイクを脱ぐ前に 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

為末氏(左)と対談し、岩政は「僕と考え方が似ている」と感じた

 J1鹿島アントラーズで数々のタイトル獲得に貢献した元日本代表CBの岩政大樹(35)が今季は関東社会人リーグ1部の東京ユナイテッドでプレーしている。と同時に引退後の道を定めるため、各界の第一人者のもと …続き (6/6)

J2岡山の木村代表(右)の話にじっくり耳を傾ける

 J1鹿島アントラーズ、J2ファジアーノ岡山で活躍してきた元日本代表CBの岩政大樹(35)がJリーグ参入を目指す関東社会人リーグ1部の東京ユナイテッドに新天地を求めた。指導とプレーの傍ら、引退後のため …続き (5/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]