スポーツ > Go20 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マラソン界に朗報 大迫「ボストン3位、予想以上」

2017/4/21 16:10
共有
保存
印刷
その他

 低迷が続く陸上男子マラソン界に、久々に明るい話題が舞い込んだ。17日のボストン・マラソンに出場した大迫傑(25、ナイキ・オレゴンプロジェクト)が、初マラソンながら2時間10分28秒をマークして3位に入った。同大会での日本男子の表彰台は1987年に優勝した瀬古利彦氏以来30年ぶり。20日に帰国した大迫は「5、6位を狙っていたので、順位は予想以上の結果でうれしい」と喜びを語った。

ボストン・マラソン男子で3位に入った大迫=共同

ボストン・マラソン男子で3位に入った大迫=共同

 トラックの5000メートルと1万メートルの2種目で昨夏のリオデジャネイロ五輪に出場した陸上界期待のホープ。トラックを主戦場としている25歳は今回のマラソンについて、順位や結果にこだわらず走り抜くことが目的だったという。「トラックは呼吸がつらいけれど、マラソンは脚にくる。つりそうになった」。未知の距離で体の反応が違うことを実感した一方で「走ってみるとそこまで壁は感じなかった」という。「地道にトレーニングをしていけば、いずれは(マラソンでも)戦えるかもしれないという希望を持てた」。頼もしい言葉に、今後の伸びしろを感じさせる。

 早大時代は4年連続で箱根駅伝を走り、エースとしてチームをけん引してきた。1万メートルで日本人学生最高記録を樹立し、スピードランナーとして名をはせた。2013年の世界選手権にも出場。21位と結果は振るわなかったが、「力の差もわかった。ここからスタート。世界に挑戦する気持ちがさらに強くなった」と語っていた。

 大迫が他のランナーと一線を画していたのは、学生時代から常に「世界」を意識していたからだ。大学4年時は主将を務めながらチームの練習から離れて海外遠征し、箱根駅伝の直前も米国でトレーニングを重ねた。卒業後もそれを貫き、15年3月に日清食品を退社。スポーツメーカーのナイキが運営する「ナイキ・オレゴンプロジェクト」に所属し、プロランナーとして新たな一歩を踏み出した。米オレゴン州に拠点を置き、練習する日々だ。

 成長曲線を描き続ける25歳は、着実に実績を積み重ねてきた。15年7月に5000メートルで日本新記録(13分8秒40)を打ち立て、昨年の日本選手権では5000メートル、1万メートルで2冠、リオ五輪も経験した。今年からはマラソンにも挑戦。スタミナ強化にも努めてきた。今回の快走は「コーチとしっかり対話をして、目標を決めてプロセスを考えた」成果でもあった。

 約2週間後には練習拠点の米国に戻り、8月の世界選手権(ロンドン)出場に向けて動き出す。6月の日本選手権は1万メートルに挑む予定で、「昨年より上回る結果を出せる」と自信をみせる。

 20年東京五輪に向けて将来有望なランナーが今後どの道を歩んでいくのか。「自分の中ではマラソンでって思いもあるけれど、トラックもやりながらどっちが伸びるかで今後決めていきたい。どんな形であれ、東京五輪の代表に必ずなりたい」。トラックとマラソン。自分が納得して決断できるまで、二兎(にと)を追い続ける。

(田中千裕)

人気記事をまとめてチェック

「スポーツ」の週刊メールマガジン無料配信中
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

スペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

男子100メートル決勝で3位に終わったボルト(右端)=共同共同

 ロンドンで開かれた陸上の世界選手権が閉幕した。今大会限りでの現役引退を表明していた男子短距離のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は200メートルを捨てて臨んだ100メートルでまさかの3位、400メートル …続き (8/17)

車いすバスケットボールの国際大会の新設発表記者会見で、記念撮影する日本代表候補ら(7月20日)

 パラ(障害者)スポーツで有料興行をするところが出てきた。これまで無料が当たり前のパラスポーツだが、見るスポーツとしての価値を認めてほしいという競技団体の思いが背景にある。2020年東京パラリンピック …続き (8/15)

ウルグアイ戦で攻守に積極的な動きを見せた篠山

 44年ぶりの五輪出場を目指すバスケットボール男子日本代表が7月下旬、新体制でスタートを切った。日本と体格の似たアルゼンチンを強豪国に育てた名将、フリオ・ラマス氏(53)を新ヘッドコーチ(HC)に招い …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]