ロボット脅威論どう克服 生産性「年0.8~1.4%上昇」
AIと世界

2017/4/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ロボットは人の雇用を奪う半面、導入した企業の生産性を高める効果が期待できる。マッキンゼー・アンド・カンパニーは、ロボットの活用が進めば世界全体の労働生産性を年間0.8%から1.4%高めることが可能になると分析する。脅威論を克服し、ロボットを使いこなせるかどうかが、国家、企業、個人それぞれの競争力を左右する。

■人の仕事生む

 豪大手銀オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)はインドの事務作業を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 21:23
21:20
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 9:24
7:02
四国 9:25
7:02
九州
沖縄
21:39
21:37

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報