6/24 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,132.67 +22.16
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,080 +10

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イラン経済制裁の再開リスクが浮上

2017/4/20 11:27
共有
保存
印刷
その他

 トランプ政権がイラン批判を強めている。

 選挙運動期間中から、イラン核合意を「最悪の交渉取引」と語っていたが、19日(日本時間20日早朝)にはティラーソン国務長官が、さらに強い口調で「イランの核への野望は国際的安全平和に重大なリスク。イランは北朝鮮と同じ道をたどり、世界を引きずり込む」と警告を発した。イランに関する記者会見での発言だ。

 「イラン核合意はイラン非核化の目的を達せず、核国家になるときを遅らせただけ」とも語り、イラン核合意に懐疑的な見方を明確に打ち出している。

 シリア国内の過激派を支援して、テロの最大のスポンサーとの非難も変わらない。ホルムズ海峡での米軍兵拘束事件もあらためて持ち出している。

 この記者会見に先立ち、書面でも「イランへの経済制裁解除が米国の国益にかなうのか再検証」とトランプ政権としての対イラン政策方針の方向性を明らかにしていた。

 イラン側は、かねてトランプ大統領の敵対姿勢に反発している。穏健派とされるロウハニ大統領でさえ、選挙を控えることもあり、国内向けにも対米強硬姿勢を見せている。

 トランプ大統領の親イスラエル姿勢に対し、国家軍事記念日パレードでは「イスラエルに死を」とのバナーつきミサイルまで誇示した。「挑発合戦」のごとき様相で、米国側は核開発ではなく弾道ミサイル開発を理由に経済制裁を再開する可能性もある。

 仮に核合意を破棄するようなことになれば、イランに対抗してサウジアラビアの核武装化の可能性が生じる。イスラエルは、前例があるが、イラン国内の関連施設限定空爆を開始するかもしれない。シリアと異なり、原油の大生産国であり、ホルムズ海峡封鎖リスクも高まる。

 原油価格は昨日、米国在庫急増により急落したが、その前にはリビアの主要油田が武装勢力により供給停止に追い込まれ、一時的に売り手への出荷義務を免責される「フォースマジュール(不可抗力)」条項が宣言されたことで、急騰する局面もあった。やはり地政学的リスクには敏感である。

 内向きアメリカ・ファーストを唱えるトランプ政権だが、「世界の警察」としてシリア、北朝鮮に続きイランも敵に回すような動きに出る可能性が無視できない状況だ。そもそも、新政権誕生まもなく内部人事も大幅に遅れているのに、中東とアジアの二面作戦に臨むことにはおのずと限界がある。

 かくして、日替わりメニューのように様々な地政学的リスクが入れ替わり顕在化している。市場には、ややリスクにマヒしたかのような反応も目につく。あれだけフランス大統領選挙リスクをはやし、急騰していた金価格も、いよいよ第1回投票を週末に控えるというタイミングで10ドルほど急落した。有事の円買いも有事の金買いも結局、プレーヤーは短期投機筋のヘッジファンドなので、一過性の現象なのだ。事態に劇的な進展がなければ、じれて売り手じまいを急ぐことになる。ただし、地政学的リスクが多様化して、その一過性の乱高下が繰り返されることが今年の特徴ともいえよう。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版:日経BP社
価格:1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!