日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

羽田~NY便、ANAとJALの違いは?

2017/4/20 6:30
共有
保存
印刷
その他

 日本航空(JAL)が1日から、羽田―ニューヨーク(NY)線の運航を始めた。昨年10月に先行して就航した全日本空輸(ANA)との直接対決に注目が集まるなか、乗り継ぎ便や座席の設定などから両社の戦略の違いが見えてきた。ビジネスや観光で利用する人が多い「ドル箱路線」を巡る両社の思惑を探った。

ビジネスクラスの設定などでも差が出た(羽田空港)
画像の拡大

ビジネスクラスの設定などでも差が出た(羽田空港)

 「羽田の豊富な国内線で、当日のうちに様々な地域に行ける」。1日、初便の出発を前にJALの植木義晴社長は乗り継ぎの便利さを強調した。同社は公的資金で再建した経緯から、3月末まで路線開設が制限されていた。“解禁”後の第1弾となったのが羽田―NY路線だった。

 JALの同路線は午前10時40分に羽田を出発、同じ日の午前10時35分にニューヨークに到着する。復路は午後1時10分発で、羽田に翌日の午後4時25分に着く。

 狙うのは夕方から夜にかけてダイヤが充実する羽田での国内線への乗り継ぎだ。到着から3時間以内に乗り継げる国内線は札幌や福岡など24都市にのぼる。地方都市からの出張者や観光客を取り込む戦略だ。ただ、国際線への同様の乗り継ぎは台北と上海の2都市にとどまる。

 一方のANAは羽田を午前10時20分に出発、ニューヨークに午前10時15分に到着する。JALとほぼ同じ時間帯だ。しかし、復路はニューヨーク発が午後6時15分で、羽田到着は翌日の午後9時15分。昼間にニューヨークで会議をこなして空港に向かうといったビジネス需要を強く意識する。

画像の拡大

 JALとの違いは乗り継ぎにも表れる。羽田到着から3時間以内に乗り継げる国内線はゼロだが、国際線はシドニーと上海、クアラルンプール、シンガポールの4都市につながる。アジアでのネットワークを日本人以外にもアピールしようという戦略だ。

 ANAのダイヤ設定には機材繰りを効率化する狙いもある。ニューヨークに到着した便は2時間後には成田に向かう。その後、成田からニューヨークに到着する別の機材を羽田への復路に使う。両路線で機材を相互活用することで効率性を高める。JALも成田―NY線を運航するが、それぞれの路線で機材を分けている。

 座席の配置でも考え方に違いが出た。今回の羽田―NY線では両社は同じ「ボーイング777」を使う。ANAは全212席のうち3割強の68席をビジネスクラスに充てた。ビジネス需要を狙って高単価の航空券をより多く売りたい考えだ。

 JALはビジネスクラスを49席に抑えることで、総座席数を244とJALより多く設定。エコノミーより格上のプレミアムエコノミーを40席と多めにすることで、ビジネスクラスには手が伸びない会社員や観光客を取り込む。

 両社が互いに「技」を競う羽田―NY線だが、同路線そのものでは顧客の奪い合いはそれほど激しくならないとの見方もある。ANAの平子裕志社長は「非常に太い需要に守られている路線。両社とも羽田効果をエンジョイできるのではないか」と話す。

 実際にANAの16年度下期の同路線復路の搭乗率は75%強。国際線全体の約80%には及ばないが「単価の高い席の利用率が良い」という。

 むしろ収益の差は乗り継ぐ路線に表れる可能性がある。今後は顧客動向を分析し、ダイヤを微修正するといった機動的な判断が求められそうだ。

(企業報道部 比奈田悠佑)

[日経産業新聞 2017年4月20日付]

「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

資生堂のしわ改善効果のあるスキンケア商品の人気は高い(都内のドラッグストア)

しわ取り化粧品、最高益の立役者 資生堂とポーラ

 資生堂とポーラ・オルビスホールディングス(HD)が相次いで発売したしわ改善効果のある化粧品の売れ行きが好調だ。いずれも「しわを改善する」などと表現することを承認されており、中高年女性らへのアピールに…続き (8/18)

JFE環境が増設した水銀ランプの処理ライン(横浜市)

水俣条約が発効 水銀ランプ処理需要に的

 水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す国際条約「水銀に関する水俣条約(水俣条約)」の発効を受け、環境各社が関連需要の取り込みに動いている。JFEエンジニアリングは水銀ランプの解体ラインを増設、2…続き (8/18)

ちょっと紹介 明日(18日)の紙面

■デブリ一掃へ 筋肉ロボ
 日経産業新聞の明日(18日)の紙面を紹介。「ガシャンガシャン」と音をたて、筋肉ロボットのアームが燃料デブリに見立てたコンクリートの塊をぎこちない動きでつかみます。広島市の中心…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]