日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

工作機械 成長中国つかめ 各社トップに聞く

2017/4/19 6:30
共有
保存
印刷
その他

 北京で開催中の「中国国際工作機械展覧会(CIMT)」で日本の工作機械各社が、インターネットとつながる「IoT」やロボットとの融合など最新の技術を競っている。世界最大の中国市場を通じてみる工作機械市場の先行きや、今後の戦略について各社のトップに聞いた。(聞き手は企業報道部 増田有莉)

ファナック 稲葉善治会長 「新興国、IOTの普及早い」

画像の拡大

 ――中国は世界最大の工作機械市場です。どのような動きが目立ちますか。

 「人件費高騰による自動化ニーズを受けて、ロボットの需要はものすごく伸びている。ファナックでも増産を進めているが追いつかない状況だ。対応が1年遅れてしまったかと思っている」

 「受注環境は急に良くなった。いつまで続くかは予想ができないが、夏ごろまではまず大丈夫ではないかという声が多い。自動車では電気自動車や環境性能の高いトラックなどの需要が旺盛だ。その他に鉄道敷設などのインフラ関係や、半導体で動きが出ている」

 ――各社ともIoTを活用した製品に力を入れています。普及は進みますか。

 「ゼロからスタートする新興国では、普及が進みやすいかもしれない。日本など先進国はすでに設備が整ってしまっていて、新技術への移行に時間がかかる。固定電話があったので、携帯電話の普及に時間がかかったのと同じだ。新興国でいきなりスマートフォンが普及したのと同じように、IoT化も普及しやすいだろう」

 ――新たな市場にどう取り組みますか。

 「IoTに関しては、まず『つなぐ』ことから始める。中国などでは大規模工場が多く、たくさんの機械をまずつないで稼働状況を見える化することに、非常にメリットがある」

 「NC装置もロボットも日米欧など工業が発展してきた国では、もともと専門家の使用を前提として開発されてきた。新興国では技術者の層がまだそれほど厚くなく、操作のしやすい装置が望まれるようになっている。今ではデジタルカメラで誰でもきれいな写真が撮れるように、ボタンさえ押せば誰でもきれいな加工ができるような機械が必要とされる時代だ」

オークマ 花木義麿社長 「日本勢優位は継続」

画像の拡大

 ――工作機械需要が回復傾向です。

 「国内外で回復基調にあり、インフラ投資や減税を掲げる米国のトランプ政権の方針は追い風だ。日本国内も自動車や半導体の需要堅調が続いている。中国では昨年は特に7~9月ごろに苦しんだが、暮れごろから良くなってきた。製造現場の人手不足を受けて、生産効率化やロボット導入の機運が非常に活発だ。自動車関係がけん引役で、スマートフォン、インフラ関係も活発だ」

 ――工作機械では台湾や韓国勢も伸びてきています。

 「工作機械はモジュール化された量産品ではない。製造自体に熟練の技が求められる。精度寿命は日本製が一番だ。日本の優位性は続くだろう」

 ――今後の展開は。

 「当社は先進国は強いが、新興国が1つの課題だ。中国などアジアをもっと伸ばしていきたい。セールス、マーケティングを強化していく」

■シチズンマシナリー 中島圭一社長 「機械操作教育を強化」

画像の拡大

 ――中国市場の動きをどう分析していますか。

 「展示会は、中国北部からの来場が多い。中国では電子、自動車、医療関係でまんべんなく浸透を進めてきた。中国では増産対応を進めているが、追いつかない状況だ。中国の顧客は即断即決が多く、機械がまとまった台数ですぐに準備できないと、引き合いを逃してしまうこともある」

 ――来場者のIoTへの関心はどうでしたか。 「日本よりも、むしろ中国の方が具体的な関心や引き合いは強いと感じる。機械の稼働率を具体化してアウトプットしたいという声は多い」

 ――新興国での戦略をお聞かせください。

 「高い切削技術の訴求と、IoTを活用したソリューション提案だ。自動車の運転で優秀な人と素人がいるように、工作機械も機能を引き出せるかがノウハウだ。それをきちんと伝えられる教育・サービスを強化する」

[日経産業新聞2017年4月19日付]

「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

資生堂のしわ改善効果のあるスキンケア商品の人気は高い(都内のドラッグストア)

しわ取り化粧品、最高益の立役者 資生堂とポーラ

 資生堂とポーラ・オルビスホールディングス(HD)が相次いで発売したしわ改善効果のある化粧品の売れ行きが好調だ。いずれも「しわを改善する」などと表現することを承認されており、中高年女性らへのアピールに…続き (8/18)

JFE環境が増設した水銀ランプの処理ライン(横浜市)

水俣条約が発効 水銀ランプ処理需要に的

 水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す国際条約「水銀に関する水俣条約(水俣条約)」の発効を受け、環境各社が関連需要の取り込みに動いている。JFEエンジニアリングは水銀ランプの解体ラインを増設、2…続き (8/18)

ちょっと紹介 明日(18日)の紙面

■デブリ一掃へ 筋肉ロボ
 日経産業新聞の明日(18日)の紙面を紹介。「ガシャンガシャン」と音をたて、筋肉ロボットのアームが燃料デブリに見立てたコンクリートの塊をぎこちない動きでつかみます。広島市の中心…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]