自動運転

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クラウド・車載機器の連携が生む「新・企業相関図」
自動運転でグローバル開発競争(下):自動運転が作る未来(12)

(1/3ページ)
2017/5/17 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 自動運転車の開発において、新たな二つのトレンドが生まれている。一つは、「完全自動運転時代」を見越した開発テーマの推進。もう一つは、常時ネットに接続している「コネクテッドカー」ならではの特性を活用した技術の適用である。

 今回は日経BP総研 クリーンテック研究所が2017年3月に発行した『世界自動運転プロジェクト総覧(増補改訂版)』のデータを基に、コネクテッド技術で特に注目されている「Cloud-to-Car」を取り巻く業界動向を解説する。

■車両センサー情報収集で提携進む

 Cloud-to-Carは、自動運転車向けにクラウドと車載機器を連携させる技術である。Cloud-to-Carの恩恵を受ける技術領域としては人工知能(AI)と地図/道路情報収集がある。どちらも個々の車両とクラウドでの学習/収集を相互に活用しあうことで、全体の学習/収集効果を高めることができる。

 Cloud-to-Carの実現で中心的な動きをしているプレーヤーは大きく2種類ある。第一はクラウド地図をベースに道路・交通情報を提供する位置情報ベンダー。ドイツHEREとオランダTomTomが、その代表だ。

 第二はクラウドとの連携機能を備える車載機器を提供するメーカー。こちらの代表は米NVIDIA(エヌビディア)、イスラエルMobileye(モービルアイ)、米Intel(インテル)である。

 最近目立っているのは、道路情報収集の領域での企業提携だ。中でも車両に付けたセンサーが取得した各種情報を基に道路・交通情報を生成し、それをリアルタイムにクラウドに送信してビッグデータ化するための提携活動が本格化している。車線規制や交通規制、速度制限などの情報はリアルタイム性が求められることに加えて、ビッグデータ解析の信頼性を高めるためには大量のデータが必要となる。こうしたことから、自動運転向けのクラウド地図を作る際は、できるだけ多くの走行車両からリアルタイムに交通・道路情報を取り込むことが重要になる。

 各社がCloud-to-Car関連の企業提携に積極的なのは、自らが主体的にデータ収集できる車両を増やしたいと考えることに加えて、他社が収集したデータも自社のデータと統合して扱えるような環境を作ることに前向きであるからだ。

 例えばMobileyeは同社が開発した車載機器を用いたCloud-to-Car技術「REM」の普及を推進しており、ドイツVolkswagen、米GM、日産自動車、米Lucid Motors、米NIO、ドイツBMWなど、さまざまな自動車メーカーと個別に提携してREM技術の浸透と収集データの拡大を図っている。自動車メーカー側にしても、Mobileyeの自動運転支援技術を入手でき、Mobileyeが構築するクラウド道路情報「Roadbook」が活用しやすくなるというメリットがある。

 MobileyeはHEREとも提携を交わしており、HEREの3次元デジタル地図である「HERE HD Live Map」とRoadbookの統合をはじめとする協調作業を始めている。Mobileyeがどのような業種のどの企業と協力関係にあるのかを示す「ポジションチャート」(図1)を見ると、自動車メーカー、自動車部品サプライヤー、位置情報ベンダーなど、さまざまな事業領域の企業と提携を進めていることがわかる。

図1 Mobileyeのポジションチャート
画像の拡大

図1 Mobileyeのポジションチャート

 このように、Cloud-to-Carを用いたクラウド地図/道路情報の整備は、情報を囲い込んで競う領域ではなく、相互の情報を持ち寄って全体の情報精度を高める協調領域になりつつある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

自動運転 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 マツダ執行役員車両開発本部長の松本浩幸氏

システムは「副操縦士」、マツダの自動運転は人間中心 [有料会員限定]

 運転者が介在せずにクルマが自動で移動する完全な自動運転車。多くの自動車メーカーが開発の目標に据える中、マツダが目標として選択したのは「運転者のバックアップとして機能する自動運転車」だ。

 運転の主役は…続き (6/27)

ボッシュが発表したコンセプトカー。車内でビデオ会議ができる

自動運転だけじゃもうからない 鍵は「コネクテッド」

 完全自動運転車を社会に実装するには、多様な先進技術が求められる。AI(人工知能)技術を用いた自動運転ソフト、ディープラーニング向けの車載コンピューター、周辺認識のための車載センサー、センサーデータか…続き (6/23)

図3 TeslaのSUV「モデルX」は、上下方向に開閉する後部ドア「ファルコンウィングドア」を採用した。見た目のインパクトだけでなく、使ってみると乗降性の向上に効いていることが分かる

ドイツ3強も危機感、テスラが突きつける高級車「再定義」 [有料会員限定]

 電動化や自動運転、サービス化の波が、高級車市場に押し寄せ始めた。この変化は、歴史と伝統に裏打ちされた強さを持つ“ジャーマン3”(ドイツのDaimler、BMW、Audi)にとっても脅威だ。スウェーデ…続き (7/21)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト