エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

CO2から有機物 「人工光合成」植物超えの高効率も

(1/2ページ)
2017/5/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 植物による光合成をまねる「人工光合成」の技術開発が加速している。光合成は光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素と炭水化物を作る。炭水化物は植物の茎や葉などになる。人工光合成は、光のエネルギーを生かしてCO2から有機物を作る。燃料やプラスチックなどの原料になる有機物を作れれば化石資源の利用を減らせる。

 米国や欧州も開発に挑むが、日本の研究は有機物の種類の豊富さなどでトップクラスと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

再生材が元の半額、「複合材リサイクル」ビジネス離陸 [有料会員限定]

 複数の異なる素材からできている「複合材」は、素材を選別しにくく、リサイクルが難しい。ましてやリサイクルコストを低減し、事業化するとなると難易度は一層高まる。技術を磨くことで、複合材リサイクルの事業化…続き (6/27)

味の素やカゴメなど6社は、競合同士の商品を一緒に運びトラックの積載効率を高めている

配送件数16%減 食品6社、共同配送で物流危機回避へ [有料会員限定]

 「競争は商品で、物流は共同で」──。味の素カゴメ日清オイリオグループなど大手食品メーカー6社はこうした掛け声の下、物流改革を進めている。昨今の“物流危機”を受けて競合同士による共同配送が広がる中…続き (6/14)

北海道・豊富町の天然ガス田。水素製造時の副生物であるCO2を、このガス田の一部に検証を経て貯留する考え

実現遅れる「水素社会」 鍵握る燃料電池の普及 [有料会員限定]

 北海道の北端で、ある水素生産事業が検討されている。稚内空港に程近い猿払村にある炭田で採掘する褐炭から、水素を作る計画だ。

 計画はこうだ。猿払村にある未開発の炭田を開発して褐炭を採取する。隣町の豊富町…続き (6/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト