エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

駅の食品残さが15億円生む JR東日本、環境で新事業

2017/5/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 JR東日本がJFEエンジニアリングなどと共同で設立したJバイオフードリサイクル(横浜市)は2017年5月、バイオマス(生物資源)発電プラントの建設に着工する。投資額は約30億円。2018年8月に運転を開始する予定だ。

 プラントの処理能力は最大で1日80t(トン)である。発電量は年間で約1100万kWhを見込む。発電した電力を、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づいて、JFEエ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キユーピー、食品ロス減へ マヨネーズ賞味期限を延長 [有料会員限定]

 まだ食べられるはずの食品が廃棄される「食品ロス」。世界では毎年13億トンが廃棄されており、社会問題となっている。日本では2014年度に621万トンの食品ロスが発生しており、これは全世界の食糧援助量の…続き (7/19)

「ポスト炭素繊維」30年に1兆円市場へ、量産元年 [有料会員限定]

 「セルロースナノファイバー(CNF)は今後の事業の柱として期待が大きい。2017年はエポックメーキングな年になる」。日本製紙の馬城文雄社長は言葉に力を込めた。2017年4月25日、同社の石巻工場(宮…続き (7/18)

富士通はデータセンターの省エネ徹底。AI制御による電力消費の削減や大陸間連携によるグリーン化などを進める

50年に温室効果ガス「排出ゼロ」 環境ビジョン相次ぐ [有料会員限定]

 米トランプ政権が離脱を表明した、地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」。温暖化対策に後ろ向きな米国と対照的に、国内の大手企業がパリ協定を意識した中長期ビジョンを相次いで表明している。各社とも、経営や…続き (7/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月27日(木)

  • 3歳からプログラミングが学べる可愛いロボット玩具「キュベット」を体験してきた
  • Adobe、Flashを2020年に廃止。ChromeやFirefox、Edgeなど段階的にサポート終了
  • Facebook、知的財産管理のSource3を買収―動画コンテンツに投資拡大

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月27日付

2017年7月27日付

・プレシディオ、放映権をネット売買 映画権利者とテレビ局
・マツダとUACJ アルミとCFRPの接合、2秒で 摩擦熱で溶かす
・中国太陽光パネル大手ロンジグループ、保険とセットで日本攻略
・福田金属箔粉工業、EV向け材料開発へ 新たな研究開発棟整備
・三菱地所レジデンス、リノベーション事業拡大 オフィスビルやマンション…続き

[PR]

関連媒体サイト