スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

仕事と両立へ奮闘 アマ野球審判員それぞれの思い
公務員や会社員、弁護士も

(1/2ページ)
2017/4/5 6:30
共有
保存
印刷
その他

 春の風物詩、選抜高校野球が終わり、プロ野球と並んで熱心なファンが多い大学野球の新シーズンが始まった。試合進行に欠かせない大学野球の審判員は、ごく普通の社会人が時間をやり繰りして試合日にグラウンドに立つ“二足のわらじ”スタイルで運営されている。審判員の活動と仕事をどう両立させているのか。その奮闘ぶりを探った。

技術講習では細部にわたり指導する(左端が桑原さん)

技術講習では細部にわたり指導する(左端が桑原さん)

 「セーフ!」「ヒーズアウト!」。2月18日、冷たい風が吹き付ける埼玉県新座市の立教大学野球部グラウンドに、東京六大学野球連盟所属の審判員のジャッジの声が響き渡った。4月8日の開幕に向けた技術練習会に集まったメンバーは約20人。発声や姿勢、プレーを見極める立ち位置や動作の確認など、寒空の下、4時間近く練習が続いた。「判定のコール時は姿勢を正す!」「球筋を確認して判定を!」「今のジャッジ、試合だともめるよ!」――。練習会の中心となり、ひときわ大声で技術指導をする男性は立大OBで前橋市役所勤務の桑原和彦さん(54)だ。現在は危機管理室長として、地震や台風など災害時の対応計画の立案と、各部署への具体的な指令などを担う。

球場への距離、ハンディと感じず

 大学卒業後、地方公務員として野球から離れていた桑原さん。ある日突然、選手時代の監督から電話で審判員になるよう要請された。1週間考え、断ろうと電話をしたら「やはり、やってくれるのか」と言われ、引き受けることを決めた。自宅のある前橋市は神宮球場まで100キロ程度あるが、「都内に住んでいる人に比べ、少し出発時間を早くすればいいだけ。電車の中で野球ルールの本を読むなど勉強もでき、遠さがハンディとは感じていない」と説明する。

 試合日は土日が原則だが、引き分けや雨天中止などで月曜日以降にずれこむことも多い。月曜日の出番はあらかじめ決まっているので休暇を取得しておく。火曜日以降はその都度、休むかどうかを判断する。桑原さんは「普段からまじめに仕事に取り組み、平日休むことに職場の理解を得てきた」と強調する。役所は閉まっていても土日などにイベントやシンポジウムの仕事がある。試合がない日はこうした仕事を率先して引き受け、審判を続けられる環境を切りひらいてきた。

 危機管理室長という役割上、有事の際はすぐに前橋に戻れる準備も怠らない。試合中も携帯電話をマネジャーに預けている。非常時はすぐに連絡を受け、控え審判員に交代できる体制で審判員を務めている。

萩原さんは名古屋勤務時代、新幹線で神宮球場に通った

萩原さんは名古屋勤務時代、新幹線で神宮球場に通った

 現役時代の監督から電話で就任を求められたのは、法大OBの萩原俊幸さん(60)も同じだ。現在は日本通運でトラックの運行などの管理業務に携わる。電話をもらった当時は営業職で、引き受けるかどうか迷ったという。六大学リーグで審判員をしていた元会社の先輩から「顔が広がって営業にも役に立つ。やるべきだ」と勧められ、就任を決めた。「捕手をやっていたので、ストライクゾーンが見極めやすいと判断されたのかな」と振り返る。

精勤と職場の理解欠かせず

 審判員の活動との両立には職場での毎日の精勤のほか、上司が受け入れるかどうかも大きい。萩原さんは「幸い、私には理解をしてくれる人が多かった」と打ち明ける。サラリーマンには転勤もつきもの。単身赴任で名古屋にいたときも「上長が事情を分かってくれる人だった」(萩原さん)。新幹線で神宮球場に通い、審判員を続けた。

 野球好きで、自ら審判員を目指した人もいる。清水法律事務所(東京・新宿)の弁護士、溝内健介さん(41)だ。野球少年だった溝内さんは東大在学中から、社会に出ても何らかの形で野球に関わりたいと漠然と考えていた。そんな折り、東大野球部の先輩に、弁護士をしながら六大学野球リーグの審判員を務める清水幹裕さんがいることを知る。現在、所属する事務所の所長だ。「『こんなかかわり方もあるのか』と憧れたのが審判員を目指したきっかけ」(溝内さん)になった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

審判員

プロ野球コラム

スペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

野球好きの溝内さん(右)は自ら審判員を目指した

 春の風物詩、選抜高校野球が終わり、プロ野球と並んで熱心なファンが多い大学野球の新シーズンが始まった。試合進行に欠かせない大学野球の審判員は、ごく普通の社会人が時間をやり繰りして試合日にグラウンドに立 …続き (4/5)

NTTは脳の働きとスポーツの関係の解明に乗り出した。まずは野球、ソフトボールに焦点を当てる

 NTTが脳の働きとスポーツの関係の解明に乗り出した。具体的な脳の情報処理が、どう選手のパフォーマンスに影響しているかを調べるとともに、将来はトレーニング方法への活用を目指す新分野の研究を開始。膨大な …続き (2/18)

クリストファーソン氏は「我々が銀メダルを取るのは奇跡だった」と話す

 昨年末、五輪選手の奮闘を描いたドキュメンタリー映画を見る機会があった。2012年ロンドン五輪で銀メダルに輝いた米国女子自転車チームの物語、「パーソナル・ゴールド(Personal Gold)」だ。実 …続き (2/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]