勝負はこれから

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

WBC新勢力 イスラエル躍進の意義
編集委員 篠山正幸

2017/3/21 6:30
共有
保存
印刷
その他

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、韓国などを破って2次リーグ進出を果たしたイスラエル。米マイナーリーグの選手が主体のチームは米国の第2、第3代表との指摘もあったが、新勢力の躍進は野球の世界的な広がりにつながるものと期待される。

目についた緻密な試合運び

記者会見するウェインスタイン監督。情報収集力と分析力を土台に緻密な試合運びが目についた=共同

記者会見するウェインスタイン監督。情報収集力と分析力を土台に緻密な試合運びが目についた=共同

 「試合前にコーチやアナリストとともに立てたプラン、シミュレーションにのっとった展開だった。それがチーム・イスラエルの戦い方」。12日、東京での2次リーグ初戦となったキューバに逆転勝ちしたイスラエルのジェリー・ウェインスタイン監督は胸を張った。キューバの主砲、アルフレド・デスパイネ(ソフトバンク)のソロを浴びたものの、逆転勝ち。

 特に3―1から相手の息の根を止めたスクイズは見事だった。セーフティー気味のバントだったが、「サインプレーだよ。相手が左投手で三塁走者は見えない。最高の状況だった」と同監督。情報収集力と分析力を土台とした、緻密な試合運びが目についた。

 この試合の先発はカージナルスなどで124勝を挙げた元大リーガーのジェイソン・マーキー。しかし、大物といえる存在は乏しく、ユダヤ系の選手を集めたチームのほとんどが3A、2Aに所属している。28選手のうち、イスラエル国籍を持つのは2人とされる。

 試合後の会見場に一瞬、緊張が走ったのはウェインスタイン監督に「イスラエルといっても実質的には米国の第2、第3代表ではないか」との質問が飛んだとき。

 「その見方には同意しかねるね」と監督は抑制をきかせながらも、きっぱりと言った。

 スポーツにはお国柄が出るものだが、もしイスラエルの野球にイスラエルらしさがあるとすれば、それは何か? 「日本やオランダ、キューバと同じように、我々もイスラエル国民の期待を負ってプレーしている」。質問に対する答えにはなっていなかったが、その口調に誇りと確信が感じられた。

 大会前に、10人ほどの選手が野球連盟の招きで、イスラエルを訪れたといい、国の代表の意識を高めての参戦だった。主力の一人で外野手のサム・フルドは「ニューヨークでの予選で勝ち上がってから、チームとしてまとまる時間があり、みんな仲良くなれた。いろいろな選手がミックスして構成されたチームだが、目標は一つ」と国旗を背負った戦いの充実感をにじませた。

野球界に厚みと広がり加える

試合前、ユダヤ教徒が使う小さな丸帽子「キッパ」をかぶって整列し、国歌を聴くイスラエルの選手たち=共同

試合前、ユダヤ教徒が使う小さな丸帽子「キッパ」をかぶって整列し、国歌を聴くイスラエルの選手たち=共同

 2次リーグ敗退となったが、1次リーグでホスト国の韓国のほか、台湾、オランダを連破して起こした「ソウルのサプライズ」の意義は小さくない。

 実質的には米国のチームではないか、といわれようが、イスラエル本国での野球への関心が少しでも高まる結果になれば、野球の国際化を狙いの一つとして創設されたWBCの「本分」にかなうことになる。

 五輪種目への採否の議論で、必ずつきまとうのが、世界的な広がりの問題。実施国数など、形の上では要件を満たしているものの、レベルの差が著しい。

 メジャーに準じるレベルのプロリーグを持つ国はアジア地域や、中南米地域に限られ、WBCで優勝を狙える国・地域となると、さらに限定される。プロのトップが集う「真の頂上決戦」をうたうWBCはややもすると、野球の世界の“狭さ”を浮き彫りにしてしまう。そうしたなか、「新顔」ともいえるイスラエルの躍進は多少なりとも野球界に厚みと広がりを加える出来事であり、WBCの理念からいっても歓迎すべきことではないか。

勝負はこれからをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

アルフレド・デスパイネWBCイスラエル

WBCコラム

試合日程と結果

勝負はこれから 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

試合前に森さんの死を悼み、黙とうする辻監督(左端)ら西武ナイン=共同共同

 現役コーチのまま、6月28日、42歳の若さで急逝した西武・森慎二さん。中継ぎのタイトルを獲得した現役時代から、ブルペン待機の投手陣の調整・準備に当たっていた現在まで、短すぎた人生のすべては投手陣の黒 …続き (7/11)

中継ぎでの試練を経て、広島・大瀬良が大器の片りんを見せている=共同共同

 先発に復帰した広島・大瀬良大地(26)が、大器の本領を発揮し始めた。おおらかな人柄が、投球の詰めの甘さにつながっていたようにもみえたが、今季は違う。2年にわたる中継ぎでの試練が生きたのだろうか。
 九 …続き (6/27)

八回に逆転打を放ちベンチに向かってガッツポーズする中田=共同共同

 2番に最強の打者を置く打順編成も目立つ昨今、3番だ、4番だと騒ぐところではないのだろうが、日本ハム・中田翔(28)に限ってはそうもいかない。4番といえばこの人、というくらい中心打者の伝統的なイメージ …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]