Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]トランプ氏のシェール推進、炭素排出抑制に貢献か

(1/2ページ)
2017/3/17 14:47
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 トランプ米大統領が世界の気候変動との戦いを主導する存在になろうとしている──。

 ありそうにないことに思える。トランプ氏といえば、地球温暖化は米国の産業に打撃を加えようとする中国の「でっち上げ」だと主張し、温暖化対策に関する「パリ協定」からの離脱を公約している人物だ。

 だが、世界の経済成長にもかかわらず、化石燃料の使用による炭素排出量が3年連続で横ばいとなっていることを示す国際エネルギー機関(IEA)の最新データは、トランプ氏が気候変動対策に予想以上の役割を果たす可能性があることを示唆している。

 排出量が頭打ちになった一つの理由は、トランプ氏の称揚するシェール革命が米国で安価な天然ガスの生産急増につながり、石炭を押しのけていることだ。

■シェールガス生産と輸出で価格安価に

 シェールブームによるガス価格の低下は、さらに進む可能性がある。トランプ氏が掘削規制の緩和に動き、ビロルIEA事務局長が言うガスインフラの「ボトルネック解消」に拍車をかけようとしているからだ。

 これは米国のシェールガス生産と輸出が予想を上回る可能性があることを意味すると、ビロル氏は言う。そうなれば、安価なガスがアジアで石炭に対する競争力を増し、世界の炭素排出量がさらに減ることにつながりうる。石炭は炭素排出量が最も多い化石燃料だからだ。

 「現在、世界全体のエネルギー構成でガスの割合は25%に迫っているが、中国では6%、インドでは5%にとどまっている。どちらも石炭の大消費国だ」と、ビロル氏はフィナンシャル・タイムズの取材に答えた。「生産量の大幅増加で安くなれば、ガスは石炭と競争できる」

 中国はすでに世界最大の炭素排出国で、2位は米国だ。それに続くのは欧州連合(EU)加盟28カ国だが、個別の国としてはインドが世界3位の炭素排出国となる。

 大気汚染の問題を受けて、中国とインドではガスの「大幅な増加」が続いているとビロル氏は言う。

 欧州では多くの国で、ガスと再生可能エネルギーの利用拡大が石炭に取って代わった。特に英国では昨年、発電用エネルギーに占める石炭の割合が前年の23%から9%へ急減した。

 「欧州全域でそうなっている」とビロル氏は言う。「ガスが安くなっているうえに、供給量はさらに増えると見込まれているからだ」

 トランプ氏は大統領選中、苦闘する米国の石炭産業をよみがえらせるという公約を繰り返し、炭鉱労働者の「最後の頼みの綱」を自任した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

23日、爆発事件があったマンチェスター・アリーナ近くを調べる捜査関係者=AP

AP

[FT]テロ対策、イベント会場が抱える弱点 [有料会員限定]

 英マンチェスターの爆発テロ事件について、イベント運営の業界関係者らは、チェックと監視のすぐ外側にある弱点を浮き上がらせて警備に「最大の難題」を突きつけるタイプの攻撃だと評している。
 現場となったマン…続き (5/24)

イラン大統領選で、ロウハニ大統領の再選を祝う支持者ら=ロイター

ロイター

[FT]イラン大統領選、イスラム体制の現実主義映す [有料会員限定]

 1980年代のイラン・イラク戦争の真っ最中に、故ホメイニ師はイラン国民に対し、イスラム体制の存続は祈りと断食より重要だと語った。
 1979年のイスラム革命の陣頭指揮をとった当時の最高指導者の発言は、…続き (5/24)

22日、エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地、嘆きの壁を訪れたトランプ米大統領(中央)=ロイター

ロイター

[FT]有害なトランプ氏のイラン包囲網(社説) [有料会員限定]

 トランプ米大統領のサウジアラビア訪問は、大統領自身の観点から、大成功だったと説明されるだろう。混乱を招いたり失言癖があったりするので、台本通りに物事を進めた。ビジネスや外交面でも欲しいものを手に入れ…続き (5/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/22の予定>
  • 【国内】
  • 4月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 5月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 西川自工会会長の記者会見(11:20)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 4月の主要コンビニエンス売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • EU総務理事会で英離脱交渉の「交渉指令」採択
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/23の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 3月と16年度平均の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 4月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(13:30)
  • 4月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • ソニー経営方針説明会
  • 【海外】
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(8:30)
  • 4月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 5月の独PMI速報値(16:30)
  • 5月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 5月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 4月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/24の予定>
  • 【国内】
  • 黒田日銀総裁とバーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(都内、09:00)
  • 3月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 5月の月例経済報告(内閣府)
  • 株主総会=良品計画、イオン
  • 【海外】
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • カナダ中銀が政策金利を発表(23:00)
  • 4月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、25日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/25の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が佐賀県金融経済懇談会であいさつ(佐賀市、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 4月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 3月期決算=明治安田生命、住友生命、日本生命(三井生命を含む)、富国生命、朝日生命
  • 石油輸出国機構(OPEC)総会
  • インドネシア市場が休場
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/26の予定>
  • 閣議
  • 4月の全国・5月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • シャープの中期経営計画説明会
  • 主要7カ国(G7)首脳会議(イタリア・シチリア島、27日まで)
  • 4月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP、改定値、21:30)
  • 4月の米耐久財受注額(21:30)
  • 5月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]