日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

EV+FCV 仏ベンチャーが商用車開発

2017/3/17 6:30
共有
保存
印刷
その他

 フランスの燃料電池ベンチャー、シンビオ・エフセル(本社パリ)は電気自動車(EV)に水素燃料電池を組み合わせた車両を開発した。日産自動車の商用EVに自社開発の燃料電池ユニットを組み込み、航続距離を従来の2倍以上にあたる500キロメートル程度まで伸ばした。まず欧州のタクシー会社向けに販売を始め、日本でも物流会社などの需要を探る。

日産のEVに燃料電池を追加搭載し航続距離を2倍以上に延ばした
画像の拡大

日産のEVに燃料電池を追加搭載し航続距離を2倍以上に延ばした

 シンビオは仏タイヤ大手のミシュランなどが出資する燃料電池ベンチャー。2015年から仏ルノーのEVに燃料電池を搭載した車両を販売しており、フランス郵政公社や独物流大手のDHLなどが採用している。

 新たに日産の商用EV「e―NV200」に自社開発の燃料電池ユニットを組み込んだ車両を開発した。EVとしての航続距離は190キロメートルだが、燃料電池を追加することでフル充電・フル充填後に500キロメートル程度まで走行が可能になるという。

 価格は未定だが1台5万5000ユーロ(約660万円)程度になる見込み。日本で販売するベースのEVより7割ほど高くなる。

 同社はタクシーとして使用した場合、ガソリン車やディーゼル車との車両価格の差額を45カ月程度で回収できると試算する。ファビオ・フェラーリ最高経営責任者(CEO)は「タクシー業界は温暖化ガスの排出削減の需要が大きい。燃料電池を併用することで長距離移動時の電力切れを解消できる」と話す。

 e―NV200は側面ドアが自動開閉ではないため日本ではタクシーとして利用できないが、スペインとオランダではタクシーに採用されている。シンビオ社は物流会社などの需要があれば日本での販売も視野に入れる。

 富士経済はEVの世界市場は2035年に15年比約17倍の年567万台に拡大すると予測する。世界的な排ガス規制の強化で電動車の需要は高まりつつあるが、航続距離が短いことが普及の課題だ。新しい動力源を組み合わせる次世代のハイブリッド車のアイデアが広がれば、商業用を中心に潜在需要を掘り起こす道が広がる。

 次世代のエコカーを巡っては、EVを主軸に据える日産と、燃料電池車(FCV)を本命視するトヨタ自動車ホンダで戦略が分かれていた。だが、トヨタとホンダがEVの開発に力を入れ始め、この分野での競合が避けられない見通しだ。日産はFCVの自社開発に消極的だが、シンビオ社のような外部企業の存在が思わぬ追い風になる可能性もある。

(企業報道部 中山修志)

[日経産業新聞2017年3月17日付]

「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ちょっと紹介 明日(18日)の紙面

■デブリ一掃へ 筋肉ロボ
 日経産業新聞の明日(18日)の紙面を紹介。「ガシャンガシャン」と音をたて、筋肉ロボットのアームが燃料デブリに見立てたコンクリートの塊をぎこちない動きでつかみます。広島市の中心…続き (8/17)

ガルフェンは偶然の発見から生まれた

東レの繊維素材 炭素の膜に変身、炎を遮る [有料会員限定]

 衣料用など汎用的な繊維の収益性が低下するなか、東レは新たな高機能素材の開発を進めている。このほど開発したのは燃えない素材「ガルフェン」だ。炎によって素材が真っ黒な炭素の膜になり、燃え広がるのを防ぐ。…続き (8/17)

全日本空輸 客室センター客室訓練部セーフティ訓練課 インストラクター/スタッフアドバイザー 荒木麻美子

CA道場は機内再現から、ANAの荒木麻美子さん

 全日本空輸客室訓練部の荒木麻美子(44)は客室乗務員(キャビンアテンダント=CA)を育てるインストラクターだ。120人いるインストラクターの中でも能力が認められているうちの1人。指導だけでなく、訓練…続き (8/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 【国内】
  • なし
  • 【海外】
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(2:45)
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]