スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スモールではない? 侍、自分の色で勝負
22日に準決勝

2017/3/17 2:30
保存
印刷
その他

 野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で4大会連続の準決勝進出を果たした日本は17日(日本時間)、調整地の米アリゾナに入り、22日の準決勝(ロサンゼルス)に備える。柔軟な選手起用でここまで6戦全勝とした小久保監督は現地での調整具合を見極め、ぎりぎりまでベストの布陣を探る構えだ。

イスラエルを破って準決勝進出を決め、ハイタッチを交わす日本代表ナイン

イスラエルを破って準決勝進出を決め、ハイタッチを交わす日本代表ナイン

 1次リーグ、3戦連続で安打を放っていた松田(ソフトバンク)の名が2次リーグ初戦、対オランダの先発オーダーから消えていた。代わって三塁に入ったのは田中(広島)。2次リーグ最終戦でも主軸の中田(日本ハム)を休ませた。

 疲労への配慮や相手投手との兼ね合いもあったようだが、トーナメントに近い大会で、当たっている選手を休ませるのは簡単な決断ではない。

 一昨年の国際大会「プレミア12」の準決勝での敗戦に際し、小久保監督は「(12球団の)監督経験のない者がやって、しかも負けたとなったときに批判されない方がおかしい」と考えたという。どうせ責任はかぶるのだから、自分の思う通りにやる、という心境が今回の思い切りにつながっているようだ。

 監督の思いはチーム全体にも伝わっている。日本の看板は細部を徹底する「スモール・ベースボール」ということになっているが、小久保監督からはあまりその言葉を聞かない。

 2009年の優勝チームは稲葉(現代表コーチ)ら、主軸でもヒット・エンド・ランを仕掛けていたが、小久保監督は主軸には基本的に任せる。

 殊勲打が続く4番の筒香(DeNA)が、次の打者へつなぐことを意識したか、との問いに「つなぐというより強い打球を打とうと思った」と答えたことがあった。自分が決める、とまでは言わないが、主軸には主軸の務めがあり、その責任を負うという気持ちなのだろう。中田も同様の決意を持っている。

 個々の選手が得意の持ち場で「自分が決める」という意識でプレーしている。それが守備面では菊池(広島)の美技となって出る。

 「スモール」の看板の陰で、選手はそれぞれ持ち場の責任を負いつつ、自分の色で勝負している。「どんな大会でも難しい」と小久保監督がいう準決勝。監督がこれまで通りに決断すれば、選手もこれまで通り、伸び伸びとプレーするだろう。

(篠山正幸)

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

スモール野球

WBCコラム

試合日程と結果

スペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米国戦に先発した菅野には「1年間の投球を見つけるチャンス」とアドバイスした=共同共同

 日本の戦いのベースとなる投手陣を預かった権藤博コーチは、日の丸を背にした投手の重圧をやわらげ、闘争心を保つことに心を砕いたという。緊迫の現場でかわされたやりとりに、今後の戦いのヒントを探る。
 「国を …続き (3/25)

「(シーズンとWBC)両方大事。球団のいうこともわかる」と青木は理解を示す=共同共同

 3戦全勝で1次リーグ通過を決めた翌日、青木は日本代表チームの自主練習に参加していた。もともと体を動かす予定だったというが、実はもうひとつ理由があった。米大リーグ機構(MLB)から練習参加を義務付けら …続き (3/24)

日本代表は筒香、中田ら核となる選手をなるべく固定し、結束力で勝負しようとした=共同共同

 ベスト4に終わった2013年のWBCのあと、日本は小久保監督のもと、侍ジャパンを“常設化”。代表候補選手の意識を高め、いざ国際大会となれば、万全の状態ではせ参じられるように、という仕掛けだった。
 シ …続き (3/23)

ハイライト・スポーツ

試合速報・結果

ワールドシリーズ(11/2)結果一覧

インディアンス 7(終了)8 カブス

 主な日本人選手の成績

更新 共同通信社提供

[PR]