科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

鉄より強く電子機能も ナノチューブ実用化時代
手袋型センサーやスピーカー

(1/2ページ)
2017/3/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「ナノテクノロジー(超微細技術)」の代表的素材で、鉄よりも軽くて強く、電子部品としても優れた性能を持つと期待されてきたカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)。ようやく実用化が始まり、体の動きを伝えるセンサーや、音響用のスピーカーなど身近な製品として登場してきた。ナノチューブ自体は太さが数~数十ナノ(ナノは10億分の1)メートルしかなく、当然目には見えない。この素材を樹脂などに混ぜるだけで、従来にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ナノエマルション製造装置を実用化した海洋機構の出口センター長

ナノテクの画期的製法 生命起源の研究で偶然誕生 [有料会員限定]

 大水圧が支配する深海底にはセ氏100度をはるかに超える熱水が噴出している場所がある。熱水噴出孔という。その周辺に集まる独特の生物たちは生命科学の重要テーマになっており、そこで形成される鉱物は未利用資…続き (6/26)

ノーベル化学賞の候補に挙がるダウドナ(右)、シャルパンティエの両博士(4月に日本国際賞)

ノーベル賞も女性の時代へ 今年は化学賞に注目 [有料会員限定]

 毎年10月に発表される自然科学分野の祭典ノーベル賞で、今年は女性が受賞するかどうかに注目が集まっている。化学賞で「ゲノム編集」という遺伝子改変技術を開発した2人の女性研究者が有力な候補になっているか…続き (6/20)

トヨタの「プリウス」を改造した金沢大学の自動運転の実験車

自動運転がもたらす大変化 この道20年の先駆者の読み [有料会員限定]

 金沢大学の菅沼直樹准教授らの研究グループは石川県珠洲市で2年以上前から自動運転車の公道走行実験を繰り返している。日本国内での先駆けであり豊富なノウハウを蓄積してきた。実験の背景や独自に開発した技術内…続き (6/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト