科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

鉄より強く電子機能も ナノチューブ実用化時代
手袋型センサーやスピーカー

(1/2ページ)
2017/3/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 「ナノテクノロジー(超微細技術)」の代表的素材で、鉄よりも軽くて強く、電子部品としても優れた性能を持つと期待されてきたカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)。ようやく実用化が始まり、体の動きを伝えるセンサーや、音響用のスピーカーなど身近な製品として登場してきた。ナノチューブ自体は太さが数~数十ナノ(ナノは10億分の1)メートルしかなく、当然目には見えない。この素材を樹脂などに混ぜるだけで、従来にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スパコンやAIを駆使して中分子医薬の体内での振る舞いや効果を予測する(東京工業大)

AIとスパコンで挑む新型医薬 効果と低コスト両立 [映像あり][有料会員限定]

 東京工業大学が川崎市などと協力して、スーパーコンピューターや人工知能(AI)を活用して中分子と呼ばれる新しいタイプの医薬品の開発につなげる取り組みを始める。従来の医薬品に比べて膨大な計算が必要になる…続き (8/14)

上部にがれきが残っている6月21日の福島第1原発1号機の原子炉建屋=代表撮影

福島第1の溶けた核燃料どこに 見えてきた現実 [有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所の格納容器内の調査が進んでいる。溶融した核燃料はいったいどこにあるのか。それは廃炉の進め方にもかかわる重要な情報だが、少しずつわかってはきている。7月初めに福島県いわき市…続き (8/7)

南極の棚氷に割れ目ができ、巨大な氷山が海に流れ出そうとしている(NASA提供)

NASA

温暖化CO2主因説に異を唱えるベテラン科学者 [有料会員限定]

 人為的な二酸化炭素(CO2)の排出量増加が地球温暖化の主因とする説に異を唱える「温暖化懐疑論」。科学の主流に抵抗する一部の異端者の考えのように思われているが、周辺分野まで目を広げると主張する科学者は…続き (7/31)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない
  • 視覚障がい者の移動を支援するリストバンド「Sunu Band」―超音波で周囲を把握
  • タメ息ものの美しさ! 空撮カメラマンが撮ったフジロックの夜景ドローン写真

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト