日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米医薬、実売価格は4割引き

(1/2ページ)
2017/3/9 6:30
共有
保存
印刷
その他

 製薬大手が、米国で医薬品を定価の約4割引きで販売していることを開示し始めた。背景にはトランプ米大統領が、米国での薬価高騰と製薬大手の薬価戦略に批判を強めていることがある。情報公開が広がれば、米国で医薬品を販売する日本の製薬大手も対応を求められる可能性がある。さらに海外の薬価を反映する、日本の薬価制度のあり方にも議論が及びそうだ。

 米国ではメーカーが決める薬の定価にあたる「WAC」に対し、大幅な値引き販売が当たり前になっている。ただどれだけ値引きして販売しているかをメーカーが開示することはまれで、全社的な平均割引率の開示は今回が初めてとなる。

 2月末に米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の製薬部門が2016年に、定価から平均35%引きで薬を販売していることを開示した。

 毎年公開している「透明性リポート」で開示した。リポートによると同社は16年に、医薬品全体の定価を平均8.5%値上げした。値引き後の実売価格でも、平均3.5%の値上げとなった。

 J&Jは取材に対し、公開した理由を「薬の価格設定に関して、透明性の向上を求める声が高まっているため、対応すべきだと判断した」と説明した。

 米メルクも1月、こうした情報を初めて開示。定価からの平均値引き率は41%に及ぶことを明らかにした。定価は平均9.6%、値引き後の実売価格は同5.5%それぞれ値上げしていた。

画像の拡大

 こうした動きは、トランプ米大統領の発言を受けて顕著になった。

 トランプ氏は就任前から、米国の薬の価格が高すぎるとして製薬企業を批判してきた。1月の就任前演説では「新しい薬価決定の仕組みが必要」と語ったほか、同月末にはメルクやJ&Jなど製薬大手の首脳を呼び、薬価引き下げを求めた経緯がある。

 米国では製薬企業が薬の定価を自由に決めることができ、実際に薬の価格の高騰が問題になっている。

 例えばアレルギー患者がショック時に使う治療薬「エピペン」。後発品大手のマイラン製薬によって、9年前の5倍以上に値上げされ、米議会でも問題視された。

 製薬大手による価格情報の開示は、こうした批判をかわす狙いがあるともみられている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ちょっと紹介 明日(26日)の紙面

■成長市場 目立たぬ日本勢
 日経産業新聞の明日(26日)の紙面を紹介。「日本企業が強い」といわれる市場はこの10年で大きく変化しました。10年前は液晶テレビやプラズマテレビなどエレクトロニクスの分野で…続き (6/25)

J―TECの稼ぎ頭である培養表皮「ジェイス」

再生医療、本格化へ一歩 規制緩和でVB黒字

 政府がこぶしを振り上げて振興する再生医療だが、今までに商業化した企業3社は赤字に悩まされていた。しかし、そのうちベンチャー企業が単年度の営業黒字を初めて達成した。黒字額はまだ小さいが、第1期の再生医…続き (6/23)

競争激化を受けてジレットも値引きに踏み切った(ニューヨーク市内の薬局)

米ひげそり市場の王者「ジレット」に逆風

 米国の男性用ひげそり市場で、長くシェア首位を守ってきた米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)傘下ジレットの「王位」が揺らいでいる。近年、新興のネット小売りや低価格のライバルに押されシェア縮小が続…続き (6/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/26の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(15~16日開催分、8:50)
  • 5月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 5月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 4月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 株主総会=日立建機、千代建、富士通、丸井G、SOMPO、MS&AD、第一生命HD、東京海上
  • 3~5月期決算=高島屋
  • 【海外】
  • シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドの各市場が休場
  • 6月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米耐久財受注額(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/27の予定>
  • 閣議
  • 1~3月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 株主総会=国際石開帝石、キッコマン、味の素、東レ、タカタ、三井化学、三菱ケミHD、テルモ、TOTO、新日鉄住金、日新製鋼、日立金、日製鋼、住友鉱、オークマ、富士電機、京セラ、日産自、日野自、スクリン、あおぞら銀、オリックス、水戸、商船三井、NTT、セコム
  • マザーズ上場=Fringe81
  • 1~5月の中国工業企業利益(10:30)
  • マレーシア、インドネシア市場が休場
  • 4月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 6月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演(16:30)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(28日0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が討議に参加(28日、2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(28日6:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/28の予定>
  • 株主総会=石油資源、日清粉G、日ハム、日清食HD、旭化成、積水化、武田、フジHD、大戸屋HD、東電HD、JXTG、三菱マ、住友電、SMC、ジェイテクト、東芝、エプソン、パイオニア、三井造、川重、マツダ、オリンパス、シチズン、大和、T&D、中部電、関西電、Jパワー
  • 3~5月期決算=Jフロント、ニトリHD
  • インドネシア市場が休場
  • 5月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/29の予定>
  • 5月の自動車8社の生産・販売実績
  • 5月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 原田日銀審議委員が資本市場研究会で講演(都内、15:30)
  • 株主総会=大成建、大林組、清水建、鹿島、ハウス、日揮、明治HD、野村不HD、王子HD、大王製紙、日本製紙、信越化、宇部興、OLC、富士フイルム、出光興産、住友大阪、太平洋セメ、三井金、フジクラ、住友重、ダイキン、三菱電、GSユアサ、パナソニック、TDK、カシオ、ファナック、ローム、村田製、いすゞ、スズキ、ニコン、凸版、大日印、任天堂、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、SBI、岡三、東海東京、三井不、菱地所、日通、東ガス、大ガス
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 海外3~5月期決算=ナイキ
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(30日0時)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/30の予定>
  • 閣議
  • 5月の全国・6月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 5月の家計調査(総務省、8:30)
  • 5月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 5月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 5月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 5月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 5月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 北沢損保協会長が会見(14:00)
  • 6月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=SYSホールディングス
  • マザーズ上場=ツナグ・ソリューションズ、GameWith
  • 6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 6月の中国非製造業PMI(10:00)
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独失業率(16:55)
  • 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月の米個人所得(21:30)
  • 5月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 6月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]