Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩
NTT「スポーツ脳科学プロジェクト」(下)

(1/3ページ)
2017/3/17 6:30
共有
保存
印刷
その他

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する、新しいトレーニング法を確立する――。NTTは2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクト」を正式に発足した。

 これまでの実験室での脳科学研究に、練習や試合を含むリアルな状態での選手の計測結果を組み合わせて解析し、アスリートの脳内情報処理とパフォーマンスの関係性を明らかにする、これまでにない取り組みだ。前回に続いて、実験で得られた新たな知見などを紹介する。

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手
画像の拡大

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手

 「練習では調子が良かったのに、試合で緊張して実力を発揮できなかった」――。これはプロであれ、アマチュアであれ、どのアスリートにも起こり得る非常に悩ましい現象だ。しかも、本人がそれを自覚しても制御するのは難しい。

 緊張によって心拍数が上昇することは誰でも知っている。しかし、心拍数は運動そのものによっても上昇するため、実際、どの程度の影響があるのか、分かっていないことも多い。そこでNTTは、試合時のメンタル状態が引き起こす心拍数の上昇とパフォーマンスの関係を解明する実験に取り組んでいる。

■「体が思うように動かない」

 この実験では、着るだけで心拍数などを計測できる機能素材「hitoe(ヒトエ)」を活用する。練習でhitoeを組み込んだウエアを着た投手がピッチングし、hitoe電極で心拍を、ウエアに付属のトランスミッターに内蔵した加速度センサーで体幹部分の加速度を計測。加速度(運動強度)と心拍数から運動由来の心拍数を推定するモデルを作る。

 そして、実際の試合時にも同じウエアを着て心拍数と加速度を計測。上記の心拍推定モデルから、メンタルに起因する心拍数の変化分を抽出する。

試合中のメンタル(緊張)による心拍数の上昇の推定法。野球の練習時と試合時の心拍数と加速度をそれぞれ計測し、練習時のデータから運動由来の心拍数予測モデルを作成。試合中の心拍数の変化から、メンタル由来の成分を抽出する(図:NTT)
画像の拡大

試合中のメンタル(緊張)による心拍数の上昇の推定法。野球の練習時と試合時の心拍数と加速度をそれぞれ計測し、練習時のデータから運動由来の心拍数予測モデルを作成。試合中の心拍数の変化から、メンタル由来の成分を抽出する(図:NTT)

 下の図は、実際の試合で計測した、投手のメンタルに起因する心拍数の上昇分をグラフにしたものである。被験者はSBSプロジェクトのリーダーを務める、NTTコミュニケーション科学基礎研究所 上席特別研究員の柏野牧夫氏。横軸は時間、縦軸は運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分(縦軸)である。

柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)
画像の拡大

柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)

 試合中は常に心拍数が上昇しているが、実際にピッチャーとして登板しているときは通常より60bpm(拍/分)も上昇し、最大心拍数は170bpmに達した。一般に最大心拍数の目安は「220マイナス年齢」なので、「身体が思うように動かない状態にあった」と同氏は振り返る。

 このため、ピッチャーゴロを一塁に送球する際、練習ではほとんどしたことがないショートバウンドの送球をしてしまったという。さらに、通常は100km/h程度のボールを100球投げても疲れないのに、試合では20球強でヘロヘロの状態になった。同氏は、緊張による心拍数の上昇でエネルギーを消費したと推測している。今回の実験は、過度の緊張がパフォーマンスに悪影響を与えることを裏付けているわけだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 不良品の出荷を防ぐ仕組み。良品条件で造られた場合のみ、仕掛かり品に貼るラベルがプリンターで印刷される

目指せ「検査工程不要」 富士ゼロックス、スマート工場 [有料会員限定]

富士ゼロックスが「スマート工場」の取り組みを推進している。良品を造るための条件(良品条件)を重視し、その探索に向けてデータを活用していることが特徴だ。同社は2004年に「トヨタ…続き (7/21)

図1 木が頭上を覆う新国立競技場の観客席。片持ち形式の屋根は構造上は鉄骨造(S造)だが、木材と組み合わせる「ハイブリッド構造」により、変形を抑制する剛性を付与した(資料:技術提案書〔2015.11.16〕、(C)大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体、パース・イメージ図は技術提案時のものであり、実際とは異なる場合があります)

日本らしさ世界にアピール 木で覆う新国立競技場

 2019年11月完成を目指して工事が進む新国立競技場。観客席を覆う長さ62mの片持ち形式の屋根架構は木と鉄のハイブリッド構造となる。5月から実大屋根鉄骨の作成準備を開始、作業手順や安全確保などを検証…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト